杉浦隆幸

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
杉浦隆幸
エルプラス、一般社団法人日本ハッカー協会 杉浦隆幸
ネットエージェント株式会社企業情報より
基本資料
本名 杉浦隆幸
別名・渾名 lumin[1]
生年月日・年齢 43~44歳、1975年生まれ
性別 男性
出生地 愛知県wp岡崎市
身体情報 前髪が薄い
才能 無能
騒動との関連 日本外国特派員協会主催の記者会見で恒心教について解説する
職業 エルプラス代表、一般社団法人日本ハッカー協会理事
所属 エルプラス、一般社団法人日本ハッカー協会
最終学歴 東京理科大学中退[2]
好きなもの ネットワークセキュリティ
関係者

杉浦隆幸(すぎうらたかゆき、Sugiura Takayuki、1975年 - )とは、エルプラス代表[3]、ネットエージェント株式会社創業者、一般社団法人日本ハッカー協会理事。lumin名義での活動もある。

経歴[編集]

1998年、個人事務所ネットエージェント設立。

2000年6月、ネットエージェント株式会社設立、代表取締役就任。

2017年8月31日、ネットエージェントの会長を退任[4]

2018年5月23日、一般社団法人日本ハッカー協会設立、代表理事就任[5]

日本外国特派員協会での会見[編集]

2016年10月24日、杉浦は日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)にて『日本に対するサイバー攻撃の脅威』に関する講演・記者会見を行い、その中で恒心教についても解説した。

解説の内容[編集]

「構成員は100人近く」といった出鱈目な説明やサーバー犯罪グループといった誤字により、恒心教徒の嘲笑の的となった。

日本ハッカー協会[編集]

日本ハッカー協会(にほんはっかーきょうかい)とは、『日本のハッカーがもっと活躍できる社会を作る』ことを目的に2018年5月23日に設立された協会[5]

2018年12月31日、杉浦が経営する会社エルプラスと共にカラッキングされSEXSOCO尊師を設置される[7]

2019年2月25日、山岡裕明壇俊光が提携弁護士を務めていることが発覚する。

2019年3月に発生した「兵庫県警ブラクラ摘発事件」において、摘発された39歳男性と47歳男性の弁護費用として計553人の支援者から約700万円の寄付金を集めた[8]

外部リンク[編集]

出典・註釈[編集]