メインメニューを開く

唐澤貴洋Wiki β

炎上弁護人

炎上弁護人(えんじょうべんごにん)とは、2018年冬にNHKで放送された、SNSの炎上とその弁護を題材にしたテレビドラマである。 11月に尊師初の著書となる炎上弁護士のAmazonの商品ページの著者紹介において、尊師がNHKに取材協力を行ったことが明らかとなった。

12月12日(水)にBS4Kで先行放送(19時 - 20時13分)、12月15日(土)に総合テレビで本放送(21時 - 22時13分)。12月22日(土)の午前0時30分(金曜深夜)から総合テレビで再放送の予定。

目次

概要編集

2018年11月6日に尊師が「炎上弁護士〜なぜ僕が100万回殺害予告を受けることになったのか 」の出版を予定していることがAmazonにて判明し、15日には目次と著者紹介が開示された。その著者紹介の中で2018年、NHKドラマ「炎上弁護人」の取材協力を務めるとあり、教徒の身を震わせた。

お気持ち表明所さん!大変ですよクローズアップ現代+玉音放送三部作(と不朽の名作NHKスペシャル 未解決事件 File.02 オウム真理教)で知られるNHKが、開始してすぐのBS4Kで放送するほどなので、それなりに力を入れて制作した作品であろうと思われる。

あらすじ編集

公式サイトより

【番組について】
渡会美帆(35)は大手の事務所で企業のリスクマネジメントを担当するやり手の弁護士だったが、大手企業の炎上案件をめぐり事務所を追われ、今は自宅兼事務所でネットをめぐる案件を主に担当している。彼女に降ってくるのは、世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵”となった人々の案件。そんな彼女の前に、ネットで炎上し“加害者扱い”された主婦・朋美が現れる―。
アウトローな弁護士・美帆と、彼女に助けられながらやがてタフに変わってゆく依頼人の“炎上主婦”朋美。依頼人と弁護士という立場を越えて、二人の女が固い絆で結ばれていくヒューマンドラマ。
【あらすじ】
実家の2階で宅弁を営む弁護士・渡会美帆(真木よう子)のもとに、依頼人の主婦・朋美(仲里依紗)が現れる。彼女のSNSはタレント並みのフォロワー数を誇っていたが、自分に冷淡だったマンション業者のモデル・ルームが火災にあった映像をSNS発信したことで、「拡散を狙った自作自演の放火では?」と疑われ、一気に炎上したのだ。SNSの炎上案件という勝ち目の薄い状況に迷う美帆だが、朋美に対する攻撃のひどさにあえて依頼を引き受ける。だが朋美の自宅がネット民に割り出されて襲撃にあい、さらにマンション業者には信用棄損で訴えられ、高額の損害賠償を要求される。業者側の弁護士・北坂(小澤征悦)は、かつて大手事務所で公私に渡るパートナーだったが、とある案件で美帆を裏切り、事務所を辞める原因となった因縁の相手だった。追い詰められた朋美を守るため、美帆はネット記者の馬場(岩田剛典)と組んで、ネット中継で朋美自ら無実を訴えさせる決断をするが…。

おもな登場人物編集

渡会美帆編集

主人公。父親の実家を間借りする宅弁。設定上では小西一郎寄りのアウトロー弁護士で唐澤貴洋とは違い、積極的に顔を出す。

作中描写ではネットの知識に疎いにも関わらずネット炎上案件を請け負い、向こう見ずな行動で騒動を拡大するお騒がせ弁護士として描かれる。

演じている真木よう子は1年前にリアルでネット炎上被害者となったばかりであり、その甲斐あってかネット民を糾弾するシーンは真に迫った演技力である反面、役を借りて言いたいことを言わせてるだけと揶揄もされている。

自宅の炎上コラを真に受けて、豪快に乳を揺らしながら全力ダッシュで帰宅するシーンが唯一の見どころと茶化す声もあった。

日下部朋美編集

炎上した主婦。「マザー・テレ美」のアカウント名で多くのフォロワーを集めていた。

SNS上で様々な対象に不満をぶつけていた所、その対象に「天罰」という面目の制裁が与えられる流れが発生しており、それが自作自演の放火疑惑に結びつけられた。

それまでの「天罰」も含めて関与を否定していたが、1件だけ自作自演の犯行があったことを告白する。

チンフェポジションの人物であるが当人にほとんど落ち度がなく、実家への嫌がらせは岩間好一レベルの過激さで、家庭崩壊から甘芋化寸前にまで追い詰められていく。

上級国民であることを隠して貧民を装っていたのも炎上が過激化した原因とされている。

馬場明編集

Webニュースの記者。動画配信者として放火の疑いが持たれたテレ美の自宅に凸したり、主人公に頻繁に絡んでは生配信をしている。

初期のけんま路線を彷彿させる行動から、なんJの実況では月永と呼ばれていた。

どちらかと言えば主人公に加担する便利屋ポジションであり、ネットに疎い主人公を煽りながらも助言を与えたり、一応の解決策を提案したりする。

馬場によるテレ美の謝罪配信(および主人公からネット民への説教)シーンは演者自身による撮影であり、NHK的には名シーンであるらしく、このシーンだけが単独で公式配信されている。

北坂史郎編集

主人公の元同僚にして元カレの悪徳弁護士。いかにも有能弁護士といった風貌。

過去に大手企業の炎上案件を請け負い、裏取引を画策するが企業側の裏切りにより窮地に立たされ、情報リークにより主人公に責任を負わせて大手事務所から叩き出した。

今回の炎上騒動では悪徳企業に加担して慰謝料3000万請求を促し、図らずも主人公と対峙する。

炎上の矛先が主人公に向けられ、過去の情報がガン掘りされた際には再び情報リークを疑われるが、今回ばかりは何もやっておらず、主人公の行動を自爆と評する。

事実を暴かれた後は素直に負けを認め「お前と戦いたくなかったのは本当」と未練を残している様子を見せた。

尊師の元同僚である小西一郎山岡裕明を彷彿させる要素が多い。

プア女編集

テレ美の大ファン。その一方でテレ美の弁護人となった主人公に大量の誹謗中傷していた人物。読み方はぷあじょ。

正体は天涯孤独の中年女性「内海ひろ子」であり、テレ美の代わりに放火犯として出頭しようとしていた。

ネット依存症であり「ネットは現実」と言い放ったことは「ネットは非現実」と捉えていた主人公の心境に変化をもたらした。

なんJ実況では岩間邸に凸した岩間のファンにちなんで辻ちゃんと言われていた。長谷川亮太にもワタナベリョウスケという似たようなファンがいた。

近藤昌子編集

マンション業者であるアステラエスケートの社長。

北坂と共謀してテレ美に高額の損害賠償を要求。会見で嘘泣きを披露して信用棄損の被害者であることをアピールした。

実際の所はブラック企業であることを隠すためのスケープゴートであり、事実を暴かれた後は自らが炎上の矢面に立たされた。

渡会明彦編集

主人公の父親。唐澤洋ポジの人物。雑貨店を営業しており、主人公は2階に弁護事務所を構える。

主人公がネット民に喧嘩を売ったせいで1階の雑貨店が標的にされてしまった。

ネットそのものを立ち向かう敵と捉える主人公に対して「ネット利用者も同じ人間」という至極真っ当な助言を与える。

小宮編集

アステラ物件の火災発見第一人者であり、大怪我を負って入院していた。

アステラの職員であり、ブラック企業であることに辟易して火を放った真犯人。

炎上騒動自体が隠れ蓑にされてしまい途方に暮れていたところ、アステラの悪行を暴く協力者を募る書き込みに釣られて主人公に接触。

監視カメラの映像から当たりを付けていた主人公に説得され、犯行を自白した。

なんJの実況ではその容姿から岡くんと言われていた。

備考編集

  • スタッフロールに取材協力として唐澤貴洋の名前が確認された。本来弁護士が行うべき法律考証は弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニックの神田安積が行っており、NHK側としても尊師は法律考証を委ねるに値しない弁護士だったらしい。
  • 公式サイトのFAQでは「ドラマの原作について教えてください。」という質問に対して「このドラマは井上由美子さんのオリジナル脚本です。特定の人物や出来事をモデルにしているということは一切ありません。」と返答している。
  • 冒頭で「英語に抱かれた女」というアカウントがSNSでリベンジポルノらしき行動を起こしているシーンがあり、アイコンが手鞠を持った着物姿の美少女キャラであったため、鞠遊事件をNHKが把握していると推察する視聴者もいた。

NHケー編集

放送前に感想掲示板が開設された(通称NHケー)。投稿の殆どが恒心教徒であり事実上の国営カラケーとなっている。[1]

2018年12月12日、BS4Kでの放送に合わせて言論弾圧が行われ投稿が大量削除された。

評価編集

ハセカラ騒動のドラマ化」という教徒の期待とは裏腹にハセカラ騒動そのものはベースではなく、後述の「くまぇり事件」を始めとした様々な炎上案件をごった煮したような内容であった。

主人公の無能弁護士っぷりや炎上していく過程はそれなりに生々しくはあるものの、実在していたら自身が炎上しかねない行動力のありすぎるネット記者、証拠もなく手あたり次第に放火犯を決めつける主人公、第一発見者が真犯人であることを突き止められなかった国営セコムなど、全体的に描写が雑であり、一般視聴者からも「まともな人がいなかった」という声が挙がっている。

15日放送当時のエビケーの雑談スレでもイマイチと感じた教徒が多く、なんJでは過剰にハセカラ騒動を引き合いに出す教徒に対して冗談交じりに「原作厨うぜえ」という声も挙がっていた。

【唐澤貴洋殺す】雑談★149【挫折経験のない、意識高い系の幸せそうな人たち(40)】
601 :無名弁護士:2018/12/15(土) 21:23:44.89 ID:txm3cFRp0
つまんね 
リアリティのかけらもない 

693 :無名弁護士:2018/12/15(土) 21:59:51.87 ID:8U2XvNGb0
つまらなすぎる 

695 :無名弁護士:2018/12/15(土) 22:01:33.19 ID:awc77omv0
はっきり言って唐澤貴洋が取材協力した以外の価値ないよね、このドラマ 
NHKはしっかり罪を認識しなさい。 

771 :無名弁護士:2018/12/15(土) 22:50:36.59 ID:9odALKCa0
真木が神格化されて教祖になってたら最高だったのに 
ハセカラ騒動そのままやるだけの方がぜってえ視聴率稼げるわ 

785 :無名弁護士:2018/12/15(土) 23:06:24.98 ID:c8khCcby0
BKBの存在が事実は小説より奇ナリやから 
 
793 :無名弁護士:2018/12/15(土) 23:43:15.90 ID:VcStL87y0
結局リアルの尊師が一番面白いんやね 
事実は小説より奇ナリ 

795 :無名弁護士:2018/12/15(土) 23:54:09.69 ID:awc77omv0
そら尊師が協力するドラマに期待する方がおかしいやろ 
お前ら真木よう子が無差別開示してMMDモデル作られて脱糞ダンスさせられると思っとったんか 

関連項目編集

出典・註釈編集

  1. 掲示板の魚拓 カラケーで一般的に利用されているウェブアーカイブサービスのarchive.isでは投稿が表示されない。


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー
法律事務所関連 坂本総合法律事務所(小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所(阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス(山岡裕明 - 山本祥平) - 法律事務所Steadiness
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤葉子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯助(高祖父) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク - 20代女性 - 米川伸生 - 川上量生
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川﨑美奈 - 宇都宮健児 - 原田學植 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 樋口收 - 九州の同期
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 矢尾渉 - 殺害予告民(dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美 - 三宅令 - スマイリーキクチ‎‎ - 4Kガイジ - 菅野完
発言一覧 Twitter(宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - メディア・資料 - 尊師語録
著作・記事
(一般)
AERA - 殺害予告ツイート数千件(読売) - ネットに「殺す」重い結末(日経) - 憲法のいま 公布70年(毎日) - ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義(山梨日日) - ひと(朝日) - 少年と罪(中日) - 現代ビジネス - 日刊サイゾー - 女性自身 - 炎上弁護士(本文)
著作・記事
(専門)
弁護士業務妨害対策 - 業務妨害の現状 - 誹謗中傷と業務妨害(ICHIBEN Bulletin) - 権利侵害の問題(Law&Practice)

ネットの闇は深い - ツイッター乗っ取り - 小林麻央1 - 小林麻央2 - 松居一代 - なりすまし本 - 法整備 - 100万回殺された弁護士(弁護士ドットコム)

玉音放送 グッドモーニング(テレ朝・第一次) - スーパーニュース(フジ・第二次) - TBSニュースバード/NEWS ZERO(TBS/日テレ・第三次) - お気持ち表明(NHK・第四次)- 所さん!大変ですよ(NHK・第五次) - news every.(日テレ・第六次) - クローズアップ現代+(NHK・第七次)- 深夜のツイキャス (第八次) - news every.2回目 (日テレ・第九次) - AbemaPrime (第十次) - バラいろダンディ (MX・第十一次)
関連する場所 五反田(アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門(ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 六本木(高會堂ビル - 麻布警察署 - Singles Bar GREEN) - 三田綱町デュープレックスR's - 恒居(インペリアル東白楽 - 田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院 - トーキョースイーツマフィア
容姿・風評被害 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師(ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
行動 騒動前 - 八神太一騒動・尊師降臨 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 7年前開示 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 第一次・第二次法廷オフ - 山梨学院大講義 - カラケー攻撃 - 小林麻央親戚成りすまし事件 - 第三次法廷オフ
用語 当職(マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス - 腐ったピラフ
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教(尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞(絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD - 炎上弁護人