注意 所さん!大変ですよ」を視聴してこのページにアクセスした方へ


唐澤貴洋弁護士の炎上について簡単に知りたい方は、解説セクションをご覧ください。
また、恒心史では、なぜ唐澤弁護士がこれほどまでに炎上しているのかをストーリー形式でわかりやすく知ることができます。


「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー( - のやみはふかい とくめいのひぼうちゅうしょうとたたかうからさわたかひろべんごし - )とは、2015年5月25日に弁護士ドットコムニュースで掲載されたニュース記事である。

概要[編集]

弁護士ドットコムによれば「インターネット上の誹謗中傷問題に専門的に取り組み、その副作用として自分自身もネット上で根拠のない誹謗中傷を受けながら被害者を救済すべく活動している」とされる唐澤貴洋に、弁護士ドットコムニュース編集部がインタビューを行い、それがニュース記事として掲載されたものである。

恒心・唐澤貴洋関連ニュースは幾度とネットニュースとして取り上げられているが、当ニュース記事はついにYahoo!のトップニュースに君臨した。

yahooトップニュース PC環境での表示
スマートフォン環境での表示

インタビュー記事情報の初出はなんJのハセカラ民を煽った少年、特定される [転載禁止]©2ch.netスレの>>315。[1]

315 :風吹けば名無し@転載禁止:2015/05/25(月) 11:20:05.61 ID:fMPil6f80
http://www.bengo4.com/topics/3157/

尊師のインタビュー記事って既出? 

全文[編集]

「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー

インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷がたえない。個人に対する悪口から、読むに耐えないおぞましい罵詈雑言まで、毎日のようにネットのどこかで書き込みがされている。インターネットの怖いところは、そんな悪意のある言葉が、匿名の多数の人間によって拡散され、増幅していくところだろう。

今年2月に川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の少年が刺殺された事件では、ネット掲示板で「犯人探し」が展開された。加害者とされる高校生の顔写真やプロフィール、過激な中傷が匿名で書き込まれていった。

インターネットが社会に広まって約20年。このような問題はこれまで何度も指摘されてきたが、解消されていない。むしろ悪化しているようにも思える。ネット上の終わりのない匿名攻撃に、私たちはどう向き合えばいいのだろうか。

インターネット上の誹謗中傷問題に専門的に取り組み、その副作用として自分自身もネット上で根拠のない誹謗中傷を受けながら、1年で100件を超える個人や企業から相談を受け、被害者を救済すべく精力的に活動している唐澤貴洋弁護士にインタビューした。

●「動物的な感情」のぶつけ合いが野放しになっている
――匿名掲示板をはじめとして、インターネットには誹謗中傷の言葉があふれています。どう見ていますか?

インターネットの誹謗中傷を専門にあつかったり、自分も攻撃を受けるなかで、気付いたことがあります。一口で言うなら、それは「インターネットの闇は深い」ということです。他人を傷つける誹謗中傷をおこなっている人は、想像以上にたくさんいます。

――どんな恐ろしいことがあるのでしょうか?

いったん、攻撃の対象になってしまうと、情報が本当なのかウソなのかきちんと検証されないまま、悪口がどんどん書き込まれます。しかも、真偽不明であるにもかかわらず、たくさん書き込まれることで、あとから見た人が「本当」のことだと思ってしまう。

さらに、炎上すると、住所などの個人情報がさらされます。その情報にもウソが含まれていることが多いのですが・・・。丸裸にされて、叩かれてしまうのです。

――普通の人からしたら、たまらないですね。

住所を知られてしまうと、四六時中、監視されるようなことも起こりえます。たとえば、家の外で、知らない誰かに背後をつけられることがあったら、まったく落ち着くことはできないでしょう。普通の神経ではいられなくなる人も、いるかもしれません。少なくとも生活に支障が出るし、引っ越しをせざるを得ないケースもあるでしょう。実際、私について、盗撮に成功したなどという情報が出回り、インターネット上で話題にされたことがありました。

――ネットで炎上したケースをみると「集団リンチ」のようなことが起きています。その点については、どういう考えでしょうか?

川崎市の中学生殺害事件でもそうでしたが、犯人の過度な追及など「ネット私刑」が横行しています。そこでは「悪い奴に対しては何をやってもいい」という風潮がみられます。何の検証プロセスも経ずに、個人を攻撃する情報がどんどん積み上げられていきます。さらに悪質なのは、犯人とされる家族の方も標的となり、誹謗中傷ないしプライバシー権侵害の対象にされることです。

しかし本来なら、これはおかしなことです。犯罪については、それを捜査するための法律があり、それにもとづいて捜査機関が対応することになっています。曲がりなりにも国民自らが決めた法律を無力化するようなことがあってはなりません。

真実を知りたい気持ちはわからなくもありませんが、たとえ、その人が悪いことをやっていたとしても、一般人が何の責任も負わずにやみくもに攻撃していいわけではないのです。ましてや、犯人とされる家族の方を標的にするのは、法的に許されるわけがありません。

もちろん、きちんとした議論が行われて、成熟した民主主義に貢献するような言論だったら、問題ありません。しかし、あるのはディスカッションではなく、刹那的な「動物的な感情」のぶつけ合いです。そんな状況が野放しになっているのです。

こういう状況に対して、弁護士として取り組みつつ、もっと多くの人に、問題があることを知ってもらいたいと思います。

――ご自身も攻撃の標的となっています。

私の場合は、インターネット上で起きたある誹謗中傷事件で、権利侵害をおこなった人たちを特定しようとしたことがきっかけです。それで目をつけられて以降、私に対する誹謗中傷はやみません。事務所に不審な電話がかかってくるなど、様々な業務妨害を受けております。

●弱い人ほど自分でものが言えず、悩みや苦しみを抱えてしまう
――そこまでして、誹謗中傷対策の活動を続けているのは、なぜですか。そもそも、弁護士になったきっかけから聞かせください。

今から考えると、10代後半に1歳下の弟が死んだことが背景にあります。

弟は当時、ある非行グループから、資金集めのためにパーティ券を売りつけるように迫られていました。真面目で人が良い弟は、結局、パーティ券を売りさばくことができず、グループから集団暴行にあって、その翌日、人生を悲観して自殺しました。亡くなった弟は、苦しみ抜いた「死に顔」をしていました。

弟が死んだとき、初めて「悪の存在」を認識しました。世の中には、人を傷つけても平気な悪い人間がいるんだと、深く心に刻まれました。

――そのとき、弁護士になることを選んだのですか?

いいえ。すぐに弁護士を目指そうと思い立ったわけではありません。まずは社会問題を解決しよう、そのために政治は避けて通れないだろうと考えて、大学では国際政治を専攻しました。

社会問題を解決するための政策が決まるには、どういう過程を経るのか。それだけでなく、小さな組織で、どうやってものごとが決まっていくのか。そういうことを学んでいくうちに、どうも政治学というのは、人間社会で苦しんでいる人を今すぐ助けることができる学問ではないと感じました。

人間社会では、弱い人ほど自分でものを言えず、悩みや苦しみを抱えたままです。法律家になれば、そんな人たちの役に立てるんじゃないか。自分なりの「正義」を実現できるんじゃないかと思ったのです。そして、大学卒業後、法科大学院に入って、司法試験に合格し、弁護士になりました。

――誹謗中傷を専門にしたのは?

弁護士になった後、ある事務所に入所しましたが、6カ月という短期間で独立しました。独立した当初、主としてどの法律に取り組もうか悩んでおりました。そのとき、インターネット上では匿名による誹謗中傷が横行していました。非常に無責任で、その人の名誉を傷つける言論です。一生残るかもしれない「烙印」と言っていいかもしれません。

どうせなら、人があまりやっていないこと、そして意義があることをやりたかったので、ネット上の誹謗中傷で苦しむ人たちの役に立ちたいと、この道を選びました。

●ある意味で「使命」だとも思っている
――ネットの誹謗中傷対策というのは、具体的に、どんなことをやるのでしょうか?

まず、権利侵害にあたる記事の削除を請求します。ネット掲示板では、誹謗中傷が匿名で書き込まれているため、誰が権利侵害をおこなったのかを特定する必要があります。そのため、掲示板管理者に対して、IPアドレスを開示してもらう裁判手続きをとります。

それが開示されたら、今度は、IPアドレスを管理する経由プロバイダ―に対して、「発信者情報開示請求訴訟」を起こします。そこで発信者情報の開示を受けることができたら、ようやく損害賠償請求などの手続きに入ることができます。

権利侵害とは、名誉毀損やプライバシー侵害などです。また、刑事告訴も何件もおこなったことがありますし、実際に逮捕者が出たケースもあります。

――難しいことはありますか?

ウェブサービスが変化すると、権利侵害も多様化していく点ですね。たとえば、10年前には、ツイッターというサービスは存在していませんでした。その後、サービスが生まれて、今度はツイッターを使った権利侵害が登場しました。そういった環境の変化に適応していく必要があります。

――弁護士としてのやりがいは、どこにあるのでしょうか?

困っている人の役に立つことが、根本にはあります。また、ネットの誹謗中傷への対応は難しいケースが多いので、知的好奇心が湧いてきます。

また、自分自身も攻撃を受けている今の状況では、ある意味で「使命」だと思っている部分もあります。先が見えないこともときにはありますが、少しずつ道を切り拓いていきたいと考えています。

――その道を切り拓くうえで、今後どういう制度が必要でしょうか?

権利侵害をおこなった加害者の責任をより追及しやすくする制度が必要だと思っています。発信者情報を獲得するまで、時間とコストがかかりますが、現状では被害者がそれを負担しています。このような状況は、被害者にとって、酷です。

また、権利侵害を受けた人がどのようにして平常な生活を取り戻していくかという問題にも、公的な制度として対応していく必要があると考えています。

――私たちは、ネット上の誹謗中傷とどう向き合えばよいのでしょうか?

インターネットを良くするのも悪くするのも、利用している私たちしだいなのだと思います。誹謗中傷をはじめとする権利侵害は、他人ごとではありません。自分の問題として捉えてほしいです。

ネット上の加害者になるのも、自分しだいなのです。どうも、多くの人は、その危険性を知らないのではないかと危惧しています。安易に誹謗中傷を繰り返すことで、人生を棒に振るようなことがないようにしてほしいと思います。

<了>

要約[編集]

●「動物的な感情」のぶつけ合いが野放しになっている[編集]

  • インターネットには誹謗中傷の言葉があふれているが、どう見るか
唐澤:「インターネットの闇は深い」。誹謗中傷を行う人間は想像以上に多い。
  • どんな恐ろしいことがあるのか
唐澤:攻撃の対象になると真偽不明の情報が数限りなく書き込まれ、後から見た人間がそれを本当のことだと思い込む。炎上に至ると住所をはじめとして個人情報までも丸裸にされ攻撃される。
  • 普通の人からしたらたまらない
唐澤:住所が知られると常に監視されるようなことも起こりうる。生活に支障が出、引っ越しせざるを得ないケースもある。実際、私の盗撮に成功したという情報がインターネット上で話題になった。
  • ネット炎上での「集団リンチ」のようなことに付いてどういう考えか
唐澤:犯人の過度な追及など「ネット私刑」が横行している。「悪人には何をしてもよい」という風潮が見える。個人攻撃のための情報が検証されないまま積み重なり、標的の人物の家族までもが誹謗中傷・プライバシー侵害の対象にされる。しかしこれらは間違っている。犯罪は捜査するための法律が存在し、それに基づいて捜査機関が対応するもの。先のように国民自らが決めた法律を無視するようなことがあってはならない。(犯人・犯行に対して)正しい議論がなされ民主主義的な言論が交わされるのであればいいが、(炎上に付随したネット上での集団リンチに際して)存在するのは議論ではなく刹那的な「動物的感情」のぶつけ合いで、それが野放しにされている。弁護士としてその問題に取り組むとともに、より多くの人に問題を知ってほしい。
  • 自身も攻撃の標的となっている
唐澤:私の場合、インターネット上で起きたある誹謗中傷事件で、権利侵害した人間をを特定しようとしたことがきっかけで誹謗中傷がやまなくなった。事務所に不審電話がかかってくる等、様々な業務妨害を受けている。

●弱い人ほど自分でものが言えず、悩みや苦しみを抱えてしまう[編集]

  • そこまでして誹謗中傷対策活動を続けるのは何故か。そもそもの弁護士になったきっかけから聞かせてほしい
唐澤:10代後半の頃のの死が背景。弟は当時、非行グループからパーティ券を売るよう脅迫されていたが弟はパーティ券を売れなかったため、グループから集団暴行にあいその翌日に人生を悲観し自殺した。苦しみ抜いた「死に顔」をしていた。弟の死に際し初めて「悪の存在」を認識し、世の中に人を傷つけても平気な悪い人間がいるのだと深く心に刻まれた。
  • そのとき、弁護士になることを選んだのか
唐澤:最初から弁護士を目指そうと思ったわけではなく、まずは社会問題を解決するために大学で国際政治を専攻した。しかし政治学というのは実社会で苦しむ人をすぐに助けられる学問ではないと感じた。法律家になれば彼らの役に立てるのでは、自分なりの「正義」の実現ができるのではないかと思ったので、大学卒業後に法科大学院に進み弁護士になった。
  • 誹謗中傷を専門にしたのは何故か
唐澤:弁護士になりある事務所に入所も6カ月という短期間で独立した。独立当初、どの法律に取り組もうか悩んでいた頃、ネット上での誹謗中傷が横行していた。どうせならあまり他の弁護士が手に付けておらずかつ有意義なことをしたかったので、ネット上の誹謗中傷で苦しむ人たちの役に立ちたいと思いこの道を選んだ。

●ある意味で「使命」だとも思っている[編集]

  • ネットの誹謗中傷対策とは具体的にどういったことをするのか
唐澤:まず権利侵害記事の削除を請求した上で、匿名で書き込まれるネット上の掲示板では誰が権利侵害したのかを特定する必要がある。そのため、掲示板管理者に対し、IPアドレス開示してもらう裁判手続きを取る。開示成功後、IPアドレスを管理する経由プロバイダ―に対し、「発信者情報開示請求訴訟」を起こし、発信者情報の開示に成功したら、ようやく損害賠償請求などの手続きに移ることになる。権利侵害とは、名誉毀損やプライバシー侵害等。(私は)刑事告訴を何件もしたことがあり、実際に逮捕者が出たケースもある。
  • 難しいことは
唐澤:ウェブサービスの変化に伴い権利侵害も多様化していく点。10年前にはTwitterというサービスはなかったが、サービスが生まれると今度はTwitterを使った権利侵害が登場する。そういった環境の変化に適応していく必要がある。
  • 弁護士としてのやりがいは、どこにあるのか
唐澤:困っている人の役に立つことが根本にある。また対応の難しいネットの誹謗中傷に対しては知的好奇心が湧いてくる。自分自身も攻撃を受けている今の状況を、ある意味「使命」だと思っている部分もある。先が見えないこともあるが、少しずつ道を切り拓いていきたい。
  • その道を切り拓くうえで、今後どういう制度が必要か
唐澤:権利侵害者の責任を追及しやすくする制度。発信者情報の開示・取得にかかる時間とコストを被害者が負担しているのが現状であり、このような状況は、被害者にとって、酷です。また、被害者が平穏無事な生活を取り戻していくための制度(作り)にも公的に対応する必要がある。
  • ネット上の誹謗中傷とどう向き合うべきか
唐澤:インターネットの善悪は利用している私たち次第。誹謗中傷をはじめとする権利侵害を他人ごとと考えず自分の問題として捉えてほしい。ネット上の加害者になるかどうかは自分次第だが、多くの人はその危険性を認識していないのではないか。安易に誹謗中傷を繰り返すことで、人生を棒に振るようなことがないようにしてほしいと思う。

<了>

語録[編集]

アサケーにて反応の多かった部分を挙げる。

  • 刹那的な「動物的な感情」のぶつけ合い
刹那的な「動物的な感情」で無差別開示を行っておきながらこの言葉。
  • 弁護士になった後、ある事務所に入所しましたが、6カ月という短期間で独立しました。 
単なる即独、勤務期間たった10日の疑惑もある上、当の事務所は親のものでありながら何故か誇らしげである。
  • 丸裸にされて、叩かれてしまうのです。
MMDで褌一丁にされ脱糞ダンスを踊らされた弁護士の言。
  • ネットの誹謗中傷への対応は難しいケースが多いので、知的好奇心が湧いてきます。
困難で新しい分野に挑戦していくことを表現したのだろうが……。知的好奇心を満たすために仕事をしていたのだろうかと取られかねない。
  • 一生残る「烙印」
一生背負わなければいけない十字架 ”、“DEGITAL-TATOO”を彷彿とさせる。消えないものを刻みつけるのが好きな尊師。
  • このような状況は、被害者にとって、酷です。
ライターによる校正が入っているはずだが、尊文要素が濃く残っている名文。唐澤貴洋は「被害者が負担している、発信者情報の開示・取得にかかる時間とコスト」を食い物にしている人物である。
  • 弟が死んだとき、初めて「悪の存在」を認識しました。世の中には、人を傷つけても平気な悪い人間がいるんだと、深く心に刻まれました。
  • 亡くなった弟は、苦しみ抜いた「死に顔」をしていました。
弟を出汁にして自分を語る時は雄弁である。尊師が正義・悪を強く意識していることが伺える。
  • 住所を知られてしまうと、四六時中、監視されるようなことも起こりえます。たとえば、家の外で、知らない誰かに背後をつけられることがあったら、まったく落ち着くことはできないでしょう。普通の神経ではいられなくなる人も、いるかもしれません。少なくとも生活に支障が出るし、引っ越しをせざるを得ないケースもあるでしょう。実際、私について、盗撮に成功したなどという情報が出回り、インターネット上で話題にされたことがありました。
インタビューの書き起こしなのに怒涛の読点、当職得意のマシンガンである。

ニコニコ大百科へのリンク[編集]

Yahoo!トップページのニュースタイトルをクリックすると一度クッションページに飛ばされるのだが、 そのページにおいてYahoo!サイドはあろうことか、ニコニコ大百科の唐澤貴洋ページへのリンクを出典として貼っている[2]。 無能呼ばわりする記述や意味不明瞭なポエムが載る項目に誘導するなど、まさに鬼畜の所業である。

これは、Muyoの妨害によってWikipedia上に唐澤貴洋の項目が存在しないために、 ニコニコ大百科を引用せざるを得なかったのではないかと考えられる。 藤田拓也の頑張りが、かえって教徒の得になるように働く結果となった。

脚注[編集]

  1. 当該スレッドは本来Twitterユーザー炎上に関するものだったが、尊師のインタビューという戦略核兵器級の恒心を受け一瞬で風化した。
  2. 魚拓

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤菜子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク- 20代女性
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川崎美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫宣伝しか呟かない法律事務所というのも凄いなあ。) - 九州の同期 - 樋口收
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - 月刊宝島 - 『ネットに「殺す」重い結末』(日経新聞) - 『憲法のいま 公布70年』(毎日新聞) - 『ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義』(山梨日日新聞) - 『若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策』 - 『インターネットを利用した業務妨害の現状』 - 『インターネット上の誹謗中傷と業務妨害』(ICHIBEN Bulletin) - 『「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー』(弁護士ドットコム) - 『座談会 インターネット上における権利侵害の問題』(Law&Practice) - 『死ぬほど怖い噂100の真相2016
玉音放送 グッドモーニング』(テレビ朝日・第一次) - 『スーパーニュース』(フジテレビ・第二次) - 『TBSニュースバード/NEWS ZERO』(TBS/日本テレビ・第三次) - 『ニュースウォッチ9「“爆破予告” 自治体に137件 誰が?」』(NHK・お気持ち表明) - 『所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」』(NHK
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 恒居(田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - NHK尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪
風評被害 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD