注意 所さん!大変ですよ」を視聴してこのページにアクセスした方へ


唐澤貴洋弁護士の炎上について簡単に知りたい方は、解説セクションをご覧ください。
また、恒心史では、なぜ唐澤弁護士がこれほどまでに炎上しているのかをストーリー形式でわかりやすく知ることができます。


たかひろくん係

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

たかひろくん係(たかひろくんがかり、たかひろくんかかり)とは、唐澤貴洋の仕事や生活を補佐する者の総称である。

概要

唐澤貴洋は基本的に弁護士としては「無能」の部類に入り、山岡裕明が補佐しているのではないかと考えられることや、また自身への誹謗中傷や殺害予告に対してあたかも私兵であるかのように国営セコム(特に愛宕警察署)を頼ることから、しばしばこれらの人物を指して「たかひろくん係」と呼称することがある。

元々は小・中学校における特別支援学級の児童・生徒のことをサポートするクラス内の係決めからきており、「たかひろくん係」と呼称することで唐澤貴洋をいわゆるガイジとして揶揄する表現である。

主に「たかひろくん係」とされる人物・団体

  • 山岡裕明 - 唐澤貴洋と共同で法律事務所クロスを立ち上げた弁護士。「東大の後中央法科大学院を出たエリートでありながら唐澤貴洋と共同で事務所を立ち上げる」という唐澤貴洋の評判を知るものからすれば罰ゲームとも思われるような行動から、しばしば「たかひろくん係」と呼ばれる。他にも「デブ専のゲイ」「山岡裕明のほうが上で、唐澤貴洋の家柄を利用している」などの説もある。
  • 国営セコム - 特にかつてアイオス五反田駅前が所轄であった大崎警察署(駆け込み寺)や現在の担当である愛宕警察署(狭義の国営セコム)はしばしば「たかひろくん係」と称される。「上級国民である唐澤貴洋警察を私兵として扱うことができる」というネタもこのジョークに拍車をかける。
    • 国営セコムちゃん(艦これ) - MMD路線でしばしば登場する『艦隊これくしょん 〜艦これ〜』のキャラクター「愛宕」のMMDモデル。名前がかぶっていたことから風評被害にあってしまった。
  • なお、山本祥平山岡裕明以上のエリートであったりするが、あまり「たかひろくん係」というイメージはない。

参考

元ネタと思われる物は成年向けマンガ「よしみちゃん係」と思われる。小学生の河井元(はじめ)君は、本来クラスの皆で交代制の仕事である「能美(よしみ)ちゃん係」を積極的に引き受けている。能美ちゃんは知的障害を持つ児童なので付添人が必要であり、その世話係がよしみちゃん係と呼ばれている。家が近所なので係を押し付けられているとクラスメイトは思っているが、元君と能美ちゃんは通学路の途中にある無人のポンプ小屋で「ねちょねちょ」つまり性行為をする関係になっている。元君がわざわざ係を引き受けている理由は、単なる善意ではなく、体目当て(あるいは恋心)なのである。