●はい。

提供: 唐澤貴洋Wiki
はい。から転送)
移動先: 案内検索
尊師語録 > ●はい。

●はい。とは、第一東京弁護士会の広報誌「ICHIBEN Bulletin」2015年3月号の特集記事「若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策」での唐澤貴洋の発言である。語録であることを明白にするため、頭に「●」や「唐澤●」を加えて「●はい。」のような形で用いられることが一般的である。

概要[編集]

上記記事内での樋口收の発言に対しての尊師の返事が初出。

樋口●ネットワークづくりは若い方のほうがうまいですから、「今困っているんだけど」と言ってね(笑)、それはできるよね。
唐澤●はい。

このやりとりから、そもそも樋口收の半ば尊師を馬鹿にしているような発言と尊師の小並感な返事が受け、使い勝手の良さからすぐ語録化となった。

ちなみに樋口收の発言「それはできるよね。」も前フリとして使われることが多い。

関連項目[編集]