ウェブアーカイブ

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

ウェブアーカイブまたは(ウェブ)魚拓(ぎょたく)とは、あるサイトを保存し、アーカイブとするサービスである。

当ページでは主に恒心教とウェブアーカイブの関連性について記述する。

概要[編集]

Webサイトは製作者がボンクラでない限りは随時恒心されており[1]事実追求や特定の作業中に相手が気づいて情報を消すこともある。またカラッキングについては、管理者が気付き次第復旧する場合が殆どである。このため、当WikiやWikipediaにおいて、リンク先が消えたり編集されていることはよくあることである。しかしながら、かようなことが起きれば事実関係が有耶無耶になってしまい、包皮民などからねつ造などと吹聴される場合もある。

特にTwitterにおいては、アカウント保持者が鍵をかけたり、アカウントそのものを削除する、あるいはTwitter社により凍結されることもありうる。そこで下記サイトに代表されるアーカイブサービスを利用することで、引用元が気付きあわてて削除なり編集なりをしても、当該項目のポア以前にアーカイブに登録しておけば引用元の真偽を証明でき、比較することで答え合わせもできる。

その他にも、魚拓経由で閲覧すると相手に広告収入(いわゆるアフィリエイト)が入らない。アフィブログが炎上した際にもよく用いられる。

おもなウェブアーカイブサービス[編集]

  • インターネットアーカイブ - ウェブアーカイブサービスではおそらく最大手である。基本的に自動でクロールするが、手動で登録することもできる。ただし、すべて英語である点に注意。
  • archive.is - 上のインターネットアーカイブとは違い、手動登録であるが、インターネットアーカイブより再現性が高いらしい。またZipファイルや、画像ファイルとして保存できるなどの機能もある。また、一部だが日本語で表記されている。このサイトの強みは余程の事がない限り取得したページが削除されない事である。そのため恒心教徒に最も利用されていると言っても過言ではない。但し取得した際のIPアドレスは相手に伝わるため必要に応じてTorを利用すること。
  • ウェブ魚拓 - Flashも保存されるが上記2つと違い日本の会社が行っているサービスのため、削除要請や開示請求にあっさりと応じる。恒心教徒にはほとんど利用されていない。自分用に取っておけるサービスもあるが有料。
  • Peeep.us - 上記三つと違い画像やCSS、JS等の読み込みファイルは保存されないがHTMLだけは保存される。自分だけが見れるサービスもある。ただし、Googleアカウントでログインする必要がある。

なお、たまに登録失敗することがあるし、サービスごとの方針の違いによって消されたりすることもある。また、サイモントン療法協会公式サイト[2]のように、特定の魚拓対策を行っているサイトも稀にある。サービス自体が終了する可能性も0ではないので特に有力情報を発見した場合は複数のサービスで魚拓を残すことやローカル環境に保存しておくことを推奨する。

出典・註釈[編集]

  1. 特にニュースサイトは恒心が早く、たとえばNHKのニュースは1日程度でページが消去されてしまうことが殆どである
  2. archive.isのIPをアク禁している。なおWeb魚拓やarchive.org経由で保存できる模様

外部リンク[編集]