クローズアップ現代+

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
玉音放送 > クローズアップ現代+

クローズアップ現代+(くろーずあっぷげんだいぷらす)は、1993年4月5日からNHKで放送されているニュース・報道番組。2016年3月17日までは「クローズアップ現代」の番組名で放送されていた。

概要[編集]

2017年10月下旬、公式サイトにて「“ネット炎上“ 追跡500日魚拓)」と題しネット炎上をテーマにした番組が放映されることが発表された。 NHKの番組で唐澤貴洋が過去2度の顔出し出演を果たしていたことから、今回の放送でも唐澤貴洋が出演するのではないかと放映前から多くの期待が寄せられていた。

迎えた11月13日の放送では、「“ネットリンチ”の被害者」と称し、唐澤貴洋がまさかのスタジオ生出演を果たす。玉音放送、顔出し出演を経ての生出演という大恒心に教徒のみならず実況板、Twitterも騒然となり、放送当日の急上昇ワードランキングでは1位を獲得するなど大盛り上がりとなった。

唐澤貴洋は生出演の緊張からか、下を向いて黙りこくる、カンペ丸出しの説明、挙句には説明をトチり同席していた武田真一アナウンサーに助け舟を出してもらうなど「ネット炎上に詳しい」と紹介を受けた割には終始頼りない印象が目立った。更に、ネットリンチへの対処法として挙げた「削除依頼」や「告訴」に関しては「5年間で何も学んでない」「チンフェのことを忘れたのか」と批判を受けた。この対処法については三上広報相も自身のTwitter上で苦言を呈している[1]

スタジオには同じネットリンチの被害者として芸人のスマイリーキクチも出演し、二大ネット炎上の被害者が夢の共演を果たすこととなった。

出演[編集]

取材協力[編集]

石原秀文
石橋建設工業社長。2017年6月5日に発生した東名高速夫婦死亡事故を起こした石橋和歩容疑者の勤務する実家の会社であると「爆サイ.com」に掲載された結果、ネットリンチを受ける。
jin115(陣内孝明)
アフィリエイトブログ「オレ的ゲーム速報@刃」管理人。
唐澤さんへのネットリンチに加担したことのある男性
詳細不明。検挙[2]のいずれか(蓬田治都か?)
清水陽平
web特集版にて。これまでにも何度か唐澤貴洋と関わったことのあるパカ弁

「突然あなたも被害者に!? “ネットリンチ”の恐怖」(2017年11月13日放送)[編集]

冒頭[編集]

2:10~
Kg5.jpgKg6.jpg
ナレ「仕事に支障をきたしている人も大勢いた」

IimXkjr.jpgKg7.jpg
ネットリンチを受けている弁護士「私はアノひゃ100万回以上、の殺害予告をされていると。」

ナレ「裁く権利もない匿名の集団が無関係の人を悪者扱いし罵倒する“ネットリンチ”こんなことが許されていいのだろうか?

Kg.jpg
武田「ネット上で激しい批判にさらされ実生活にも支障をきたす“ネットリンチ”。」
  「今日は長年脅迫を受け続けた経験のあるスマイリーさんと、その実態と対策を徹底的に考えていきたいと思います。」

ネットリンチは頻繁に起きているんですか?[編集]

9:56~
武田「今日はもう一方、ゲストにお越しいただきました。」
Kg0.jpgKg1.jpg
武田「この問題に詳しく自らもネットリンチの被害を受けてきた弁護士の唐澤さんです。」
  「あの唐澤さんはですね依頼人に対する誹謗中傷の書き込みをアノ削除するように、あるネット掲示板に依頼したことがきっかけで、」
Kg2.jpg
武田「えー、親族のお墓にですねこのようにスプレーをかけられたり、マァ職場にカッターナイフを送り付けられる等の嫌がらせが五年間も続いたということなんですね。」
  「あのー今でも毎日のように殺害予告が書き込まれているということなんですけども、アノ一般の人の情報がでしてこうして晒されてしまう。」
  「コレこういった実態は頻繁に起きてるんですか?」

唐澤「はい、エーこれについては事件や事故が起こると常にその事件関係者のまとめサイトが作られています。」
  「この中では一般の人で全く関係のない人についての情報がまとめられて、エー事件関係者と誤認される事態が生じています。」
  「これは一般の人での常にエーある危険性、標的にされる危険性があるというところです。」
武田「誰もがソノ被害者になりうるということなんですか?スマイリーさん」
菊池「それはありますねー やはりあの何か気に食わないってだけで、じゃあネットに晒してやるとか、」
  「ア例えばそれを車だったり違法で駐車してたら、もうそれは勝手に写真を載せてSNSで違法駐車だ!と晒すこともあったりとか、全く関係ない人でも違法駐車だって言われて晒されてたりも痴漢の冤罪にもされタリト、のではないかと」
  「本当にいつ被害に遭うかはこれわからないですね。」
武田「こういったものは本当に思っていたよりも、近くにあるっていうことですよね
菊池「はい」

唐澤さんへのネットリンチに加担したことのある男性[編集]

武田「アあの何故例えばマァ殺害予告等のこうした卑劣な行為を行ってしまうのかあの実は唐澤さんに対する加害者の一人に話を聞くことができました。

ナレ「唐澤さんへのネットリンチに加担したことのある男性です。」
男性「殺害予告をすることで盛り上がったりしているところがありました。」
  「誰かとコウ一緒になって盛り上がれる一体感というのがそのときの社会では得られなかったものだった。」
男性「ネットだとネットリンチによって得られるものがあって、」
ナレ「男性はこのネットリンチに関連して検挙されました」
男性「今になって思うのは自分たちは悪いことをしているとは思っていなくて異常だったとは思います。」

デマや誹謗中傷への対策は?[編集]

武田「まあこうした人達によるこのデマや誹謗中傷への対策、唐澤さんどうしたらいいんでしょうか。」

唐澤はい、これについてはアノ大きく三つの方法があります。」 
Kg4.jpg
唐澤
まず一つ目ですがこれはマァ常に有効な方法ではありませんけどもネットリンチに遭った自分のアカウントをマァすぐに閉鎖すると」
 「これは何故かといいますとネットリンチでは常にネットリンチのネタをですね探しているところがありますので、アカウント上に乗っかってるソノ情報が更なる、ネットリンチを呼びかねないというところで、マァアカウントを閉鎖するというのが考えられます。続いて削除依頼をすると」
 「デこれはネットリンチの規模にもよるんですけども、マァ小規模のネットリンチでは記事を削除してもらうようにサイト 管理者に、エー請求することも有効です。で続いて三番目、告訴をすると、」
 「これはですねその書き込みの内容にもよりますが違法性が強い場合は逮捕も含めた厳格な警察の対応が現実的に行われています。

個人情報の特定・罪に問える?[編集]

17:19~
武田「唐澤さん、この個人情報を特定して晒すという行為、これは罪に問えないんですか?」
唐澤「はい、これについてはですね、住所や電話番号を特定した上で、インターネット上に投稿する行為」
  「これは刑事責任が問うのは今のところ難しいと、されています。しかし、マ、民事、上は、違法です」
武田「民事上は違法?」
唐澤「はい、しかしですね、民事上は違法とはいっても、民事責任を問うためには、マ、裁判等のほう↑てき↓手続きを、」
  「とらなければいけないため、被害者にとってはたいへんな負担となっています」

発信者は特定できるか?[編集]

武田「では、そもそも誰が投稿したのかっていうのを、突き止めるってことは可能なんですか?」
唐澤「はい…ほう↑てき↓には、発信者を特定することは、可能とされています」
  「しかしですね、この法律、のウンヨーにおいて、実際に裁判を起こさなければ発信者が特定できなかったり」
  「技術的にですね、発信者が特定できないというケースが存在しています」
武田「なるほど」

唐澤「ハッ…プロバイダーにおいて通信ログの保存形式や…アー、保存期間でし、を………マ、規制するような形で、アノ、定め、エー、ホゾン保存期間や、マ…(ニヤリ」
武田「…通信記録を?」
唐澤「ヴォッ、マ、しっかり、エー、した形で」
武田「保存しなさい?」
唐澤「保存しなさいというような、被害者救済のカク、観点からのっ、マ、法律が作られていくべきだと考えています」

どう防ぐ?[編集]

web特集「“ネットリンチ” その実態は…」[編集]

web特集「“ネットリンチ” その実態は…」
「個人情報の特定はパズルをとくようなもの」 「一体感が得られた」 ネットリンチに加わった人たちの声です。SNSやブログの発言などをきっかけ に、批判的な意見が集中し、まるで燃え広がるように拡散する現象「炎上」。
それがエスカレートして、発言した人の個人情報がさらされたり、実生にも深刻な被害が及ぶ「ネットリンチ」。
被害者と加害者の双方に取材、その実態と対策を探ります。
 
ネットリンチ 投稿続々と
「あるアイドルのコンサートに行った時のことをツイッターにあげたら大量にリツイートされ、瞬く間に個人情報がさらされた。大学生なので就職活動に響かないか心配です」
「ネットでの嫌がらせだけでなく、取り引き先の企業などに「○○を使うな」というような嫌がらせメールが大量に送られ、被害は拡大する一方です。解決法は死んでしまうくらいしかないな、とずっと考えています」
Web tokushu 2017 1113 img 01.jpg
NHKがインターネットで情報を呼びかけたところ、寄せられたネットリンチの被害者たちの声です。
このうち30代の女性に直接会って話を聞くことができました。きっかけは、趣味に関するツイッターなどで行った発言でした。
誰かを傷つける意図はなく、なにげ無い言葉のつもりでしたが、誤解して受け取られ、非難の声が上がりました。
「キモいよ」「にわか知識でドヤ顔するな」などと女性を中傷する言葉がSNSや掲示板に次々と書き込まれます。
事実と異なることまで書かれたため、SNSで反論すると「本人降臨」と、さらに話題になり、炎上はどんどん広がっていきました。
ほどなく実名や母校、勤務先、顔写真などが特定され、ネット上にさらされました。
「次々と個人情報がさらされ、仕事も手につかず、外出してもみんなに監視されているような気がしていました。
トイレに行くたびに掲示板をチェックしてしまうなど不安で眠れない日々が続きました」
女性は、その後SNSのアカウントを削除。今はネットから距離を置いていると、話します。

炎上しやすいのは「一般人」
こうした一般人が炎上やネットリンチの対象となるケースが増えています。
NHKでは、去年6月からことし10月までの500日間にネット上で話題になった「炎上事例」合わせて1100件余りを、国際大学の山口真一講師の協力を得て調査、分析しました。
分析にあたっては、「批判的な意見の集中がある」「一定の広がりがある」などの基準をもとに、炎上事例を抽出しました。
そのうえで、ツイッターのリツイート数が1000以上の炎上事例、420件余りについて、批判や非難の矛先が向いた対象を、「一般の人」、「政治家・自治体」、「企業・営利団体」、「報道・メディア」、「タレント・学者など」「ユーチューバー・ブロガー」「その他」の7つのジャンルに分類しました。
その結果、最も多かったのが「一般の人」で、118件あり、全体の中での割合は27.6%でした。
Web tokushu 2017 1113 img 03.jpg
さらに、どの対象が炎上しやすいかを見るために、炎上した投稿のジャンルごとの平均のリツイート数を調べたところ、同じく「一般の人」が1万8175で最も多く、次いで「企業・営利団体」が1万1189、「報道・メディア」が8232などとなっていました。
Web tokushu 2017 1113 img 04.jpg
国際大学の山口真一講師は「一般の人は、もっとも炎上の対象になっているだけではなく、炎上すると、特に規模が大きくなりやすい傾向にあると言える」と話しています。

ネットリンチの実態
ネット炎上の末、深刻なネットリンチを長期間にわたって繰り返し受けている人がいます。
弁護士の唐澤貴洋さんです。
Web tokushu 2017 1113 img 05.jpg
きっかけは5年前、ネットリンチを受けた、ある被害者の依頼を受けたことでした。
ひぼう中傷の書き込みを削除するよう、ネット掲示板に自身の名前を出して削除の依頼をしたところ、批判の矛先が次第に唐澤さんにも移っていったと言います。
ネット上のバッシングは、次第に過激な行動に変わっていきました。ネット上で、「唐澤」という名前を語ってなりすまされ、全国の自治体などに爆破予告をするケースが相次ぎました。
また、事務所のビルまで不審者がやってきて、ドアや表札に「死ね」などといたずら書きされたり、大量のカッターナイフが事務所に郵送されてきたこともありました。
Web tokushu 2017 1113 img 06.jpgWeb tokushu 2017 1113 img 07.jpg
唐澤さんは「リンチを受け続けて、悩みましたし、不安で夜も眠れない時期もありました。
こうしたことが法治国家の中で、現状、野放しのような状態になっていることに強い違和感をもっています」と話しています。

なぜリンチの行為に
なぜこうしたネットリンチが行われてしまうのか。
今回、唐澤さんへのネットリンチに関わり、検挙されたことがある男性に話を聞くことができました。
Web tokushu 2017 1113 img 08.jpg
ネットリンチをすることについて、被害にあっている人に申し訳ないとは思わなかったのかと問うと、男性は「今考えると当時の行動は異常でした」と話し、後悔しているとした上で「その時は悪いことをしているとあまり思っていなかった」と明かしました。
そして、なぜリンチをしたのかについては「たとえば殺害予告をすると、掲示板が盛り上がります。誰かと一緒になって盛り上がる一体感は、ネット以外では得られないものでした。
ほめられるとか、そういったことを実際の社会で受けることがあまりなかったからです」と語り、そのうえで、「自分たちが攻撃してもかまわないだろうという感覚が、集団でどんどん強くなっていった」と話しました。
唐澤さんを話題にネット上でつながった人たちが、リアルの世界でも会って交流する「オフ会」が行われることもあったと言うことで、男性は「リンチを続けていく中で、少しずつその中に人間関係ができてきた。
リンチの話題をそばに置いて、日常のこともしゃべったりすることもありました」と話していました。
リンチという行為が加害者どうしのコミュニケーションの手段になっていて、その中で、リンチが続いていたと見られます。

個人の特定 「パズル感覚で」
一般人が対象になるネットリンチで多いのが、個人情報がさらされるケースですが、そうした行為をかつて行ったことがあると話す人からも情報が寄せられました。
これまで数十人の個人情報を特定してきたと言う20代の男性。現在は、特定してさらす行為は行っていないと言うことですが、SNSをどのような使い方をしていると個人情報を特定されてしまう可能性があるのか聞きました。
男性は、「鍵をかける」、つまりツイートを公開していないアカウントでも、その人をフォローしている友人から情報がわかるケースが多いといいます。
通常、非公開のアカウントは、第三者からツイートの中身は見られませんが、友人が公開している場合、このアカウント宛てのツイートは、誰でも見ることができるのです。
例えば、「君」や「さん」を含む友人のツイートを調べて、実名で呼びかけているツイートがあれば本名がわかります。同様に、お祝いのメッセージなどから誕生日などもわかるといいます。
Web tokushu 2017 1113 img 10.jpg
男性は特定の行為について、「断片的な情報を組み合わせて1人の人物にたどり着く、そういう過程が好きです。
特定できた時は、本当にパズルが解けたときのような感じで快感でした」と話しました。
「罪悪感はなかったのか」とただすと「自分の嫌いな人や世間的に非難されることをやっている人など、道徳に反すると判断した人について特定していてあまり罪悪感は感じなかった」答えました。
そのうえで、「一度情報をネット上にさらしてしまうと元に戻すのは難しいので、今は、基本的にやるべきではないと思っています」と話しました。
非公開のアカウントだからと安心していても、周囲の状況から個人情報がもれてそれを悪用されるおそれがあります。
第三者に知られたくない情報は、ダイレクトメッセージやメールで連絡を取るようにするなど、それぞれのSNSの機能や特性を知った上で使う必要があります。

被害に遭ったらどうすれば
ささいなことから、一般の人が被害を受ける可能性がある炎上やネットリンチ。
もしその対象になってしまったら、どう対処すれば良いのか、インターネット上のトラブルに詳しい弁護士の清水陽平さんに話を聞きました。
Web tokushu 2017 1113 img 11.jpg
清水さんによると、SNS上で言い訳をしたり、反論したりすると、それが元になってさらに炎上が広がるので絶対にしてはいけないと言います。また、炎上はしばらくすると自然におさまることが多いですが、個人情報などが特定されてしまう前に、炎上の元になったものを含むSNSのアカウントを削除することが一番安全だと言います。
すでに個人情報が特定されてさらされるなどした場合は、最近は情報が出ている掲示板やまとめサイトなどには削除依頼を出せば応じてくれるケースが増えているので、拡散する前に対応することが大事だとしています。
そして、現実の生活に何らかの被害が及ぶなど悪質なケースは、犯罪などに当たる場合があるので、刑事告訴や民事訴訟を検討する必要があるとしていて、「告訴などをする場合は、リンチやひぼう・中傷を行っている個人を特定する必要があるが、個人で行うのはなかなか難しくネット上の情報の保存期限もあるので、弁護士や警察に早めに相談し、対応してほしい」と話しています。
ネットやSNSは、私たちの生活と切り離せないほど強く結び付いています。
問題が起きた時に生じるリスクを十分に知ったうえで、活用していくことが大切だと改めて感じました。

備考・反応[編集]

  • スマイリーキクチは芸人ならではの巧みな弁舌や、10年以上に渡る中傷被害の経験から得た知見を活かして番組の中心的役割を果たし、5年以上依頼者をほったらかしテレビ出演でヘラヘラしているどっかのクソデブと格の違いを見せつけた。
  • 番組中ではまとめブログによるデマの拡散ついても取り扱われ、まとめブログ中でもとりわけ悪名高い「オレ的ゲーム速報@刃」の管理人「jin115」へのインタビュー映像が放映され、その中でマンションの一室を拠点としていること、10人ほどのスタッフを雇ってブログを運営していることが開示された。
    インタビュー内でjin115は健全な運営を心がけているかのように回答していたが、番組の性質上取り扱われ方はかなり否定的なものであり、その見事な梯の外されっぷりが唐澤や恒心に興味の無いネット民の間で話題となった。
  • これまでのテレビ出演に続いて再び尊師の逆さマウスが確認された。
  • なぜか、お気持ち表明を皮切りに約半年に1度ほど尊師がNHKで取り上げられるようになっている。ハセカラ騒動に関わる話題が少ない今、NHKは話題提供するので、騒動を鎮火させる気がないと思われる。
  • 放送から約半月後、唐澤貴洋は弁護士ドットコムニュースからインタビュー『 NHK「クロ現」に出演した唐澤弁護士「被害者救済のための法整備をすべき」』を受け、テレビ出演に踏み切った理由などを証言した。

註釈[編集]

  1. 三上洋のツイート 三上洋のツイート(魚拓)「NHKネットリンチ特集で、被害を受けた時の対策として「アカウント削除/削除依頼/告訴」としているけど、これ逆効果のような。炎上加速させちゃうことあるよね。。。」
  2. 安藤良太は当時獄中にいたとみられ、またテレビで顔/名前出し出演をしたこともあったので声まで加工しているVTRの人物である可能性は低い

外部リンク[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - メディア・資料
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤葉子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯助(高祖父) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク - 20代女性 - 米川伸生
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川崎美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 九州の同期 - 樋口收
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美- 三宅令 - スマイリーキクチ‎‎
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - ネットに「殺す」重い結末日経新聞) - 憲法のいま 公布70年毎日新聞) - ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義山梨日日新聞) - ひと朝日新聞) - 少年と罪中日新聞
若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策 - インターネットを利用した業務妨害の現状 - インターネット上の誹謗中傷と業務妨害ICHIBEN Bulletin
「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー弁護士ドットコム) - 座談会 インターネット上における権利侵害の問題Law&Practice
玉音放送 グッドモーニングテレビ朝日・第一次) - スーパーニュースフジテレビ・第二次) - TBSニュースバード/NEWS ZEROTBS/日本テレビ・第三次) - ニュースウォッチ9「“爆破予告” 自治体に137件 誰が?」NHK・お気持ち表明)- 所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」NHK) - news every.日本テレビ・第六次) - クローズアップ現代+「突然あなたも被害者に!? “ネットリンチ”の恐怖」NHK
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 恒居(田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - NHK尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義 - 小林麻央親戚成りすまし事件
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス
風評被害 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD