現在当サイト「唐澤貴洋Wiki」へのアクセスの結果生じる経済的効果の規模について実証実験を行っております。閲覧者の方々にはご協力をお願い申し上げます。

krsw-wiki.orgドメインではログイン、編集ができません。編集内容を手元に控えてからsonshi.xyzドメインよりお試しください。

スプラウト

提供: 唐澤貴洋Wiki
Jump to navigation Jump to search
スプラウト
スプラウト
ロゴ[1]
基本資料
名称 株式会社スプラウト
別名・通称 Sprout Inc.
分類 サイバーセキュリティ企業
代表者 高野聖玄(代表取締役社長)[2]
設立年 2012年12月13日
所在地 〒150-0012
東京都渋谷区広尾5-4-12 大成鋼機ビル4F
電話番号 03-6450-4175
メールアドレス info@sproutgroup.co.jp
騒動との関連 唐澤貴洋のお気持ち表明の際に取材を受け、社員の岡本顕一郎が解説を行う
公式サイト http://sproutgroup.co.jp
関係者

スプラウトとは、唐澤貴洋のお気持ち表明の際にNHK「ニュースウオッチ9」に取材を受けたサイバーセキュリティ企業である。

概要[編集]

「通称ホワイトハッカーと呼ばれるセキュリティエンジニアを中心に、サイバーセキュリティ分野に精通したコンサルタントやリサーチャーらが集まった専門家集団」を自称し、活動内容については「ゼロデイと呼ばれるシステムに潜む未知の脆弱性、サイバー空間の最新動向、サイバー犯罪の手口といった多岐にわたる分野について調査・研究を行うと同時に、これらの活動から得られた知見をもとに、企業や官公庁に対してセキュリティの支援を行っている」としている。

また、国内外のホワイトハッカーと企業を結ぶバグ報奨金プログラムのクラウドソーシングなども行っている。

ダークウェブ[編集]

同時爆破予告事件において使われた、自分のIPアドレスを隠す匿名化ソフトやシステムのことを「ダークウェブ」と称して、玉音放送パートが終わった後に解説を行っていた。

因みにダークウェブとは英語圏で使われる犯罪系アングラ深層ウェブを指す用語であり、類語としてディープウェブとも呼ばれる。スプラウトのダークウェブも、もっぱら匿名化ツールのTorのhidden serviceで運営されるのでそれからの連想だと思われる。広義的に言えば恒心も防弾サーバーを使った掲示板、フリー住所などが跋扈していることからある意味ダークウェブの典型とも言える。

文春新書から『闇ウェブ(ダークウェブ)』という題で本も出版している。ちなみに著者名は「セキュリティ集団スプラウト」である。

刺殺事件[編集]

2018年6月24日、「Hagex」のハンドルネームでブログを書いていた同社の岡本顕一郎氏が、福岡県でブログ運営のトラブルに関するセミナーに出席した直後、「低能先生」こと松本英光容疑者にナイフで滅多刺しにして殺された。ネット炎上ウォッチャーとしての側面を持っていた氏が、ネット荒らしとして知られていた人物にリアルで殺害された事件は、恒心界隈にとどまらずネット住民に衝撃を与えた。氏はお気持ち表明中で間接的に唐澤貴洋と共演しており、尊師に関連し不審死を遂げた人物がまた一人増えることとなった。唐澤貴洋は同年7月9日、産経デジタル「iRONNA」に本件に言及した記事を寄稿している[3]


出典・註釈[編集]

外部リンク[編集]