2016年2月15日 ライセンスがクリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 4.0 国際から表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際に移行しました(詳細)。

2016年12月3日 不穏な動きを察知したため、非公開のIPアドレスログをすべて削除しました。

ブルドックソース事件

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

ブルドックソース事件(ぶるどっくそーすじけん)とは、2007年に米国投資ファンドのスティール・パートナーズがブルドックソース社に敵対的TOBをしかけ、ブルドックソース社が買収を阻止した事件である。

事件概要

買収者の持株比率を減少させる目的で新株予約権無償割当てを差別的に実施したことについて、株主平等の原則に反しないかどうかが争われた事件。最高裁は、株主総会でほとんどの株主が賛成した上で実施された買収防衛策であることを踏まえ、その判断を尊重するべきであり株主平等の原則に反せず適法であるとした。

会社法の入門書でも取り上げられるほど有名な判例であり、現代のビジネスに関する法学を学ぶ上では避けては通れないだろう。

恒心との関わり

唐澤洋はブルドックソース社の監査役として事件に関わっている[1]山岡裕明が所属していた増田パートナー法律事務所代表の増田英次弁護士がブルドックソース株式会社買収防衛策に係る独立委員会委員[2]であるため、山岡の法律事務所クロス共同設立との関連も指摘されている。また長谷川亮太が自身の卒業論文「敵対的買収と防衛策‎‎」で同事件を題材として扱っている。

脚注

  1. ブルドックソースの監査報告書
  2. [1]

外部リンク