2018年3月1日 同一VLAN内のユーザーが不正にIPアドレスを使用していたことによる通信障害が発生していましたが、解決しました。サーバーに不正アクセスされた痕跡はありません。

プチエンジェル事件

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

プチエンジェル事件(ぷちえんじぇるじけん)とは、2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリーマンション一室で起きた、小学6年生の少女4人が誘拐・監禁された事件である。なんJでは唐澤洋がこの事件と絡められ、サジェスト汚染された。

事件概要[編集]

犯人の29歳の男性は無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営。女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた

  • 2003年7月上旬、少女のうちの1人が渋谷で勧誘され、「会ってくれたお礼」として犯人から金をもらう。犯人からは「いつでもおいで」といわれており、以降も携帯電話で連絡を取っていた。
  • 13日、少女4人は犯人から「部屋を1万円で掃除してほしい」と誘われ、渋谷駅前で待ち合わせて、タクシーで赤坂のマンションに連れて行かれる。マンションで掃除を始めると「ここに来た意味わかるよね」と犯人の態度が豹変、手錠と目隠しをされて監禁された。2人が逃げようとするが失敗、手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて逃げられないようにされ、スタンガンで脅された。
  • 16日午前 警視庁は犯人の逮捕状を2002年3月に中学2年の少女を買春した容疑で請求。捜査員が犯人の住所付近で聞き込みを始める。
  • 同日朝9時頃 犯人はリビングでテント状にしたビニールの中に入り、七輪で練炭自殺を図り死亡した。だがビニールが溶けてしまい(自殺は)不可能だと当時の報道関係者がコメントしている。遺書もなく犯人が自殺したため犯行の動機はわかっていない。
  • 17日 物音が聞こえなくなったのを見計らい、少女の1人が手錠をはずして脱出、外に出て近くの花屋に助けを求める。駆けつけた警察官が4人を保護、犯人の死亡を確認。

その後の捜査によって、借りていた埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収された。しかし、多くが偽名であることを理由に捜査は打ち切られた。そのため、芋づる式の一斉検挙といった動きはなく、当事件は解決を見せたが、その背後にあるとされたデートクラブ絡みの疑惑は真偽不明のまま終わっている

不自然に捜査が打ち切られた理由は顧客の政治家が警察に圧力をかけたからではないかと言われている。

唐澤洋との関わり[編集]

主な顧客が医者・弁護士・政治家と報道されプチエンジェル事件のサジェストに陸山会が出てきたため海原会が絡められ、 なんJ民が「プチエンジェル事件のサジェストに政財界ともつながりの深い会計士である唐澤洋が出たら信憑性があって面白いんじゃないか」と考え、 2013年2月~3月に亘って大規模な汚染が行われた。その結果、一時期同サジェストに唐澤洋が登場する事態となった(巻き添えで尊師も登場した)。

その後、統一球問題でなんJ民の怒りを買った加藤良三も同様に汚染された。

註釈[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]