Pokémon GO

提供: 唐澤貴洋Wiki
ポケモンGOから転送)
移動先: 案内検索

Pokémon GO(ぽけもんごー、ポケモンGO)とは、Niantic, Inc.が2016年7月から配信を開始したポケモンのスマートフォン向けアプリゲームである。なんJ民や恒心教徒の間では「ポケモンゴ」とも呼ばれる。

概要[編集]

GPSとGoogleマップのデータを用いることで現実の地図と同期されたゲーム内の地図に、ポケモンの居場所や「ポケストップ」というアイテムを入手できるスポットなどが表示され、実際にその場所に行けばポケモンと遭遇できる。

ナイアンティックの創業者ジョン・ハンケはGoogle Earthを開発した経歴を持ち、Googleマップを始めとした位置情報サービスを統括する部門責任者を務めていた[1]

恒心との関わり[編集]

2015年9月にタイトルが発表され、それ以降フィールドテストが繰り返される中、教徒の間ではけんま目的という本来と違う用途として注目されるようになる。

2016年から、けんま路線の過激化によるハードルの向上と長谷川サイドの反応の停滞、警備強化という事情もあり、(ちばけんまへの)けんま路線は大きな動きも無かった。そんな中、遊ぶ為に現実世界に出かける必要があり例え何かあった場合でも「ポケモンGOやってるだけです」とけんまの口実を自然と行える為に非常に便利であった。また「ちばけんまにレアポケモンが出た」というデマニュースを流せばGOプレイヤーを出会い厨のように大量にちばけんまへ集結させる可能性も期待されるようになり、海外配信後アメリカなどでブームになり数々の珍事件が発生(ポケモンを探していた女児が遺体を発見)など話題になったため現実味を帯びていくようになる。こうした事もあり日本配信前には長谷川亮太は日本で最もポケモンGOリリースを望んでいない男と揶揄されるようになる。

2016年7月22日にポケモンGOが日本で正式に配信されると、教徒によってちばけんまオランダヒルズ森タワーなどの恒心スポットでミュウツーやミュウなどの伝説ポケモンが手に入ったというコラ画像が制作された。

その噂に釣られたゲーム情報サイト「Game Deets」は実際に六高台を訪れて検証記事を書き、Yahoo!にも掲載された[2]

ちばけんまにミュウを合成したコラ画像はアダルトサイトの広告に使われているのも確認された[3]

関連項目[編集]

出典・註釈[編集]

外部リンク[編集]


路線
布教路線 niconico路線 - 飴路線 - 統一画像路線 - Wikipedia路線 - Twitter路線プロモツイート路線) - Googleマップ路線- コラボキャス路線 - ポケモンゴ路線 - pixiv路線 - 海外布教路線 - フリー素材路線 - 協賛レース路線
ニッセ路線 投書路線 - フェイクニュース路線
事実追求路線 けんま路線配信 - ドローン) - ライブラ路線 - 法廷オフ路線
芸術路線 遊戯王ジェネレーター路線 - パカソン路線Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 替え歌路線) - シール路線 - カラコイン路線 - Tシャツ路線 - MMD路線 - コミケ路線 - ガイドライン路線 - ゲーム路線
贈り物路線 年賀状路線
悪芋路線 サジェスト汚染路線 - 犯行予告路線殺害予告 - 爆破予告) - 緑化路線 - カラッキング路線カランサムウェア) - ラジコン路線 - 甘芋路線 - お問い合わせ路線 - Kindle路線
玩具路線 遊戯王ジェネレーター - もんじろう - Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 日本共産党 カクサン部!3 - 妖怪惑星クラリス - 惑星メッツ最強決戦武道会路線
その他 新路線開拓省 - 愛鳥家路線 - 仮想通貨路線