例のアレ

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

例のアレ(れいのあれ)とは、ニコニコ動画のカテゴリの1つである。

概要[編集]

動画投稿サイトニコニコ動画では動画のジャンル分けのためにいくつかのカテゴリが定められている。そのうち恒心関連の動画(尊師MMD、尊師MADなど)の多くが属している[1]のが「例のアレ」カテゴリである。

元々は2010年に当時流行していた「レスリングシリーズ」や「必須アモト酸」などを隔離するために作られたカテゴリであり、現在は「真夏の夜の淫夢」をはじめとする多くのジャンルをまとめるカテゴリとなっている。全体的には、一言で言えばアングラ系。ホモ・カルト宗教といった、世間一般では好まれにくい・精神的ダメージを負いかねないものが多い。

前述の通り恒心関連の動画の多くがこのカテゴリに属している事から、ニコニコ動画から恒心教に入ってきた教徒やニコニコ動画で布教活動を行う教徒には例のアレに属する恒心以外のジャンルを好む者も多く、それらを起源とするスラングを使う教徒も多い。恒心教芸術路線の動画もこのカテゴリを選択して投稿されることが多い。

また、芸術路線には他ジャンルのキャラクターとコラボした作品も存在する。サブカラケーの1つであるアングラツクスレでは恒心を含めた例のアレ系コンテンツ全般を題材としたゲームが投稿できる。

恒心以外の主な勢力カテゴリ[編集]

真夏の夜の淫夢[編集]

国産ホモビデオなどを素材としたコンテンツ。通称「淫夢」。現プロ野球選手・多田野数人にまつわるコンテンツとしては2002年頃からあったが、同時期に同じくホモコンテンツとして発掘された「くそみそテクニック」の影に隠れ、あまり話題になってなかった。しかし2009年頃に野獣先輩の注目(発掘自体はその前からされていた)と動画技術の発達によって急成長した超巨大勢力である。
淫夢と恒心は無差別開示において淫夢用語やTDN式表記が用いられ尊師に開示される[2]など、関わりも古い。どちらもなんJで人気があり、誹謗中傷・資料発掘・聖地巡礼を好む掛け持ちは多いものと思われる。
勢力は恒心の何倍にも大きいのだが、ネタ元のホモビデオ動画が枯渇し始めた2014年頃から、マンネリ化やタイトルや動画の構成自体が淫夢本編と関係を持たない「ホモと学ぶシリーズ」「淫夢実況シリーズ」、たれぞうsyamu_gameなどのYoutuberネタなど内容その物が淫夢と関係ない語録での馴れ合いを目的とした動画の氾濫[3]によって、かつてのアングラな雰囲気や勢いが急速に失われてしまった。そのため、こうした変質に嫌気がさしたアングラの刺激を求める淫夢民が、片平騒動MMD杯の一件で知名度が上がった恒心教に流入するという動きが、芸術路線が盛んだった2015年に見られた。MMD路線創始者Altailも元は淫夢動画投稿者だった。
一方、馴れ合い・アニメネタ・萌えネタが許容されている文化である淫夢からの移住民と既存の教徒との文化摩擦や、恒心を叩き棒とするホモガキの流入と臭芋化といったもの起きている。どちらにしても同族嫌悪が激しい一面もある。

クッキー☆[編集]

淫夢内でホモビデオ並に棒読みな女性アマチュア声優らが話題となり[4]、それを素材として誕生した淫夢系コンテンツ。この女性声優の炎上を恒心教に持ち込んで拡大させようとする悪い者たちが度々流れてきており(炎上依頼)、クッキーVSクッキーアンチの争いが恒心教に持ち込まれることがある。
けんまP事務所騒動で炎上した後、クッキー界隈に逃げ込み「しりり」として有名投稿者となったが、それゆえに再び炎上することとなった。

syamu_game大物Youtuberシリーズ[編集]

ホモと見るシリーズとして転載されたYouTuberのsyamuの発言や顔が面白いと話題となり、それを素材として誕生した淫夢系コンテンツ。MMDモデルがあるので尊師MMDとの共演が多少ある。
本人は嫌がらせなどを理由に2014年にyoutube活動を引退したのだが、2018年から何度か復活の噂が立っており、なんJTwitterでは度々スレが立ったりトレンド入りを果たしている(11月24日に正式にTwitterで復活した)。このコンテンツに関わる者らはsyamu語録をとって「俺オナ民」と呼ばれる。

糖質淫夢aiueo700岩MAD[編集]

恒心教が発掘した統合失調症患者aiueo700(岩間好一)素材としたコンテンツ。恒心教のラジコン路線けんまの方法論と淫夢民が融合した共同事業である。「俺はお前が俺を見たのを見たぞ」等の統失患者特有の語録も人気がある。
教徒が岩間をラジコンとして扱おうとしたがその手懐けにくさから持て余してたところを淫夢がniconicoに持ち込んでコンテンツ化した。
当初は性の喜びおじさんという逸材も発掘され活況の様相を呈したが、病気の一般人を晒すという行為には恒心教徒以上に反対の声が根強く、さらにその後性の喜びおじさんの突然の死というショッキングな結末が報告された事で一気に下火となった。

エア本必須アモト酸[編集]

創価学会の勧誘ビデオなどを素材としたコンテンツ。他のコンテンツと比べて非常に高度な技術力を有していたが、2012年末、運営・創価学会連合のIP開示による弾圧(S作戦・エアコースト)で衰退した。淫夢や恒心教にも多くの残党が移住し技術発展に貢献した。昔からカテゴリーには過疎カテゴリーの乗っ取りをすることが多いため、淫クでの釣り以外で例のアレを使うことは少ない。ひさもと動画ファッションを追い出されたエア本民の多くは現在「日記」を使う傾向にある。 近年、淫夢を装って実際はエア本の本編が出てくる動画も増えてきた。削除対策のため淫夢系タグなど入れている。もし見つけたらラッキーかもしれない。

レスリングシリーズ[編集]

海外産ホモビデオを素材としたコンテンツ。エア本とは逆に運営公認となってしまったことからアングラ感を求めたものたちが淫夢などに移住してしまったと言われる。MMDモデルがあるので尊師MMDとの共演が多少ある。

オウム真理教[編集]

恒心教の祖先オウム真理教のアニメやオウムソング、MAD等も何とはいわんが不穏であるため例のアレに含まれることが多い。オウムネタ動画は太古の昔であるflash全盛期から存在しており[5]、非常に歴史が古いジャンルといえる。尊師MMD路線の延長で麻原彰晃のMMDモデルが作成されており、唐澤貴洋と度々夢の共演を果たしている。

出典・註釈[編集]

  1. ただしパカソンは「VOCALOID」カテゴリに属する物が多い。これはパカソンアルバム発端者デグニキが、こなたPや脳漿炸裂ガール絡みのなんJネタにあやかったものがきっかけ
  2. kaijiman!
  3. 一般層など元ネタや意味を知らず淫夢語録を使うようになる、「ごちうさ」「ガルパン」など淫夢と関係ないアニメなどでの馴れ合い化など
  4. ダブルぬるぽが私怨で淫夢民を焚きつけたとされることもある
  5. 尊師麻原のオールナイトニッポンなど

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


MMD杯
MMD杯 第14回MMD杯 - 第15回MMD杯 - 第16回MMD杯 - 第17回MMD杯 - 第18回MMD杯 - 第19回MMD杯 - 第20回以降のMMD杯
運営 ゴロゴロウ - ワルプルギスの小夜 - ビームマンP - Jupiter - 三河屋工房 - まかろん
参加者・関係者 涼子P(杯支援者) - Altail - すっしーP - ネスカフェ - 大犯罪者デグニキ - おまんこが壊れるわ - けんまP - くど芋 - ネス力フェ(チカラフェ)
外野・関連項目 尊師MMDカテゴリ:MikuMikuDance - BowlRoll) - ダブルぬるぽ - 小関直哉(オメガ) - niconico - ニコニコ大百科 - 例のアレ - 原住民一覧
参加尊師MMD作品 一般男性脱糞シリーズ - 声なき声に力を。 - 悪魔 - ME!ME!ME! - 生まれる - 殺人鬼弁護士 - やさしいせかい - 暴れん坊会計士