冒用

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

冒用(ぼうよう)とは、難しい言葉である。主に弁護士が使用する。

唐澤貴洋玉音放送の際に発した事で語録として扱われる様になった。

意味[編集]

冒用とは、権利者の知らない内に、名義・名称を権利者の同意を得ずに使用する事[1][2]

要するに、名称を無断使用するという意味。

概要[編集]

2015年12月1日に放送された「NEWS ZERO」で唐澤貴洋は、声の出演[3]をする。その際に「冒用」という一般男性には聞き慣れない言葉を発した。

マァ恒心教ッ……っていうのは私の事務所名を勝手に、マァ冒用してェ(使って)
デェインターネット……オォー上で?エェー……マァッアー時にはマァ犯罪になるような悪ふざけをすると

マッインターネット上で起きている誹謗中傷案件に
弁護士としてェマァ関わった、際に、マァ私が弁護人であると
コヒュー(イウ)ところが アーインターネット上のユーザーに知れましてェ
でそこからァ! マァ私に対するソノ攻撃が始まったと

(神の声:実際にグーグルマップの書き換えによってどのような被害がありましたか?)

いたずら、デンワの類はマァその時も頻繁に、ありましたね

大変 イキどおりを覚えてますしぃー
何ら根拠なく?誹謗中傷すること、に時間を使う?ことは
非常に人生にとってもったいのない時間でアルト・オモウト

インターネットってのが むぢづじょ ではなくて
責任をォゥッモッ トワレルトッ!(イウ)空間であるということを
広く、ゥー皆さんに知っていただきたいなと、思います

問題点[編集]

  • 恒心教は、恒心綜合法律事務所の名称を冒用していると言ったが、冒用した箇所は「恒心」のみで「恒心」とは、普通の単語である。
  • 「勝手に冒用」と言っているが、冒用の意味は名称を無断使用するという意味。重複だぞ。アホ、ボケ!
  • 難しい言葉なので字幕には「冒用して(使って)」と表示されている。

動画[編集]

出典[編集]

  1. 冒用 - コトバンク
  2. 冒用 - Wiktionary
  3. テレビ番組情報 - 価格.com

関連項目[編集]