2018年3月1日 同一VLAN内のユーザーが不正にIPアドレスを使用していたことによる通信障害が発生していましたが、解決しました。サーバーに不正アクセスされた痕跡はありません。

唐澤貴洋は実在の人物でした

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
玉音放送 > お気持ち表明 > 唐澤貴洋は実在の人物でした

唐澤貴洋は実在の人物でした(からさわたかひろはじつざいのじんぶつでした)とは、2016年10月21日にNHK「ニュースウオッチ9」内で放送された唐澤貴洋のインタビュー(お気持ち表明)の際のナレーターの発言である。

概要[編集]

NHKの取材班が、全国各地で多発する同時爆破予告事件を受け、予告文の差出人名が軒並み「唐澤貴洋」である事から唐澤貴洋本人に直接たどり着いた所で、このナレーションが流れる。

意味[編集]

ニュース単体で見れば、数ある犯行声明文に対して複数登場する「唐澤貴洋」は架空の人物名でなく、文字通り実在していたという意味で受け取られる。

しかし、唐澤貴洋の動向を長く追い続けてきた恒心教徒には、以前から言われてきた「写真ではなく似顔絵」「公の場に姿を現さない」等の偶像的側面ネタに対する「実在の人物である」という事実の突きつけとして受け取られる事がある。

余談[編集]

ニュースの後半にて、唐澤貴洋が実在する事に加え、爆破予告に名前を使われ、弁護士業務を妨害されているという被害者の立場である説明がなされている。しかし、このナレーションにおいては本人登場後のタイミングでありながら呼び捨てになってしまっている。