唐澤貴洋掲示板 (3代目)

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
唐澤貴洋掲示板
唐澤貴洋掲示板 (3代目)
基本資料
名前 唐澤貴洋掲示板
通称 3代目、ハゲケー
URL http://jbbs.livedoor.jp/news/5711/(閉鎖済み)
過去ログ http://www52.atpages.jp/~krsa/salvage/
http://unkokrsw.miraiserver.com/bbs18c/hagelog/
http://krswlogs.web.fc2.com/3rd/
http://krswlogs.s1001.xrea.com/3rd/
設立日 2013年3月11日
閉鎖日 2013年7月2日
閉鎖理由 弁護士からの圧力により自主閉鎖?
サーバー したらば
管理人 管理人★ (佐々木小魔神)
名無し 核撃てば尊師
削除 核ぼ~ん、< ( (c :; ]ミつ─
広告 ハッチポッチステーション The BEST
六法全書 平成25年版
系統 メイン

唐澤貴洋掲示板(からさわたかひろけいじばん、2013年3月11日-2013年7月2日)とは、3代目の唐澤貴洋掲示板である。管理人のあだ名(ハゲ)から「ハゲケー」とも呼ばれる。

概要[編集]

2013年3月、利用者のIP開示をほのめかした2代目カラケー管理人が教徒から大バッシングを受ける中、新たな管理人が名乗りを上げ開設したのが3代目唐澤貴洋掲示板である[1]

2chでは同年4月から長谷川亮太(チンフェ)の住所(ちばけんま)に対する規制が乱発され、VIPの運営凸によって大規模な花園規制が発動されたことで、巻き込まれた多くの恒心教徒がここに避難、結果として全盛期には同時閲覧数が100人を超える大規模掲示板になった。

大規模な荒らしは無かったものの、それでも荒らしが多く、いちいち単一IPを規制してもキリが無いためにモバイル回線のIPを全面規制、その代わりとしてキャップ(「束京地方載判所平成25年(E)弟****号」)を発行して規制されているIPでも書き込めるようにした(それでもトラブルはあったが)。また、カラケーにIDが導入されたのは3代目が初めてである。

2代目以前がネタスレ中心であったのに対し[2]、この3代目で雑談スレを核とする現在のカラケーの流れが確立された。また、当時はいわゆるチンフェのターンであり[3]たつた一度の開示請求を除いて尊師本人の動きが皆無に近かったため、事実追求路線よりも様々な芸術路線が発達し後にカラッサンスとも呼ばれた。管理人がコラ画像製作に強かったことに加え、掲示板のトップ画像を利用者から広く募集したこともあって、膨大なコラ画像が作成された。

このほか3代目カラケーの特徴として、チンフェネタ専用の雑談スレが存在し、メインの雑談スレとは独立して進行していたことが挙げられる。これは、前述の通り時期的にチンフェのターンであったことに加え、大規模規制によりなんJでチンフェネタを語ることが難しかったという事情による。

末期には、管理人のあだ名(蔑称?)として「ハゲ」が定着した。きっかけは、管理人による手動圧縮が遅れたことで[4]利用者が雑談スレを立てられないというトラブルが発生し、代わりに管理人自身が雑談スレを立てた際に「管理人無能ハゲ」という自虐ワードをスレタイに織り込んでいたため[5]。なお、開設当初の管理人はナリ口調で書き込んでいたが、一部の利用者からクレームがつき、途中から普通の丁寧語で書き込むようになった。

飴戦争[編集]

6月中旬、とある外部サイトを舞台にした飴戦争が勃発。ピーク時には雑談スレの勢いが10000レス/日を超えるなど、カラケーとしては異例の盛り上がりを見せていた。しかし、過激な外部凸に危険を感じた管理人が掲示板の一時閉鎖という強硬手段に出たため、多くの利用者が長谷川亮太掲示板などに避難する事態となった。その後「飴に関する話題は厳禁」という条件で一旦復活するも、ルールを破って飴ネタを繰り返す利用者が現れたため、2度目の一時閉鎖が断行された[6]。攻撃対象となったネットユーザーが「警察に通報する」と発言したことが一時閉鎖の原因と思われるが、過剰反応だったのではないかという批判もある。

飴戦争そのものは3代目カラケーが閉鎖した後も続いたが、活動拠点はTor板やTor使用可のサブカラケーに移っており、メインカラケー(なんKを除く)では飴の話題をタブー視する風潮が根強く残った。

閉鎖[編集]

7月2日、3代目カラケーは突然閉鎖した。6月30日に越後屋が特定され、7月1日に尊師の虎ノ門移転が判明した矢先の出来事であった。閉鎖理由について、管理人のツイッターで「某弁護士からメールが来たので閉鎖した」と発表された[7]

しかし、メールの内容を開示しないなど不透明な点があり、2017年のクヒケーまでは[8]他のカラケー管理人が尊師から警告を受けて閉鎖した事例も無かったことから、現在では閉鎖直前の管理人特定の動き[9]を恐れて逃げたという主張が一般的である。

いずれにせよ、カラケーが唐澤貴洋本人に潰されたという声明は教徒をひどく動揺させ、サイレント開示や警察の介入に対抗しようという機運が高まったことが、その後の海外要塞路線やTorの普及に繋がっていくこととなる。

唐澤貴洋掲示板 IN シベリア[編集]

40-0001.jpg

唐澤貴洋掲示板 IN シベリア(からさわたかひろけいじばんインシベリア、2013年3月30日-2013年7月2日)は3代目カラケー時代に存在したサブカラケーである。

カラケーの規制に巻き込まれた教徒が規制解除要請やキャップ申請を行う掲示板で、規制が無い代わりにホスト強制表示制だった。元ネタは2chのシベリア超速報板だと思われる。管理人は3代目カラケー管理人で本家と同時に閉鎖された。

脚注[編集]

  1. 初期の名前は「新・唐澤貴洋掲示板」。
  2. 尊師関連の雑談はなんJでやるのが一般的だった。
  3. ちばけんまや越後屋が特定されたのも3代目カラケー時代である。
  4. したらば掲示板に自動圧縮機能はない。
  5. 過去ログ
  6. これに前後して長谷川亮太掲示板でも飴の話題が禁止された。その後飴戦争に関わる話題は地下に潜るようにして専用の板で進んでいくことになる。
  7. 2013年7月2日 11:21 @news5711 - Twitter
  8. とはいえ尊師がメールを送ったのは管理人ではなくCloudflare&鯖屋
  9. 管理人がキャップを付け忘れニコニコ動画にパカソンアルバムを投稿した旨のレスを書き込む→IDがその後キャップをつけた管理人と同じで、ニコニコ動画にパカソンアルバムを投稿していた佐々木小魔神と同一人物であることが発覚→ニコニコ大百科の編集履歴からVIPのコテであったことが発覚→自分語りから自分語りから大まかな住所も特定

外部リンク[編集]

唐澤貴洋掲示板の関連項目
メイン 初代 - 2代目 - 3代目 - 保管庫 - ハンガリー - カラザイル - 唐ちゃん(おーぷん - sc - Kchan - からぞう) - ウバケー - アサケー - ドリケー - イスケー - ケーケーケーケー - ソムケー - マオケー - サモケー - サヒケー - ゃ界 - クヒケー - チャンケー - エビケー
無法地帯 初代なんK - 2代目なんK - T-唐澤 - サイバー部 - ヤバケー - のじゃケー
サブ ハセケー - 恒綜大 - カークランド - デリュケー - モリケー - コセケー - ウツケー - ツクスレ - コロケー - ロヒケー - 東急 - 汪兆銘 - シェルケー - 阪神 - 首都高 - その他
太字:現存