唐澤貴洋Wiki:チラシの裏/新規さんでも分かる恒心教

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

恒心教の歴史も参照。

新規さんでも分かる恒心教[編集]

そもそも恒心教とは[編集]

恒心教とは、弁護士唐澤 貴洋を神格化する、一種の宗教めいたグループである。
元々、尊師はどこかずれた日本語を使い、Twitterでロリドルをフォローしたりと弁護士として強烈なキャラクター性があり、妙な愛され方をしていた。
しかし、依頼人に対するぐう畜な対応や、自分が何をしでかしたか理解してない等、はたから見たら普通の弁護士には見えないため、初期はこれらをネタとして弄る事から始まった。
しかし、無差別開示辺りを境に、唐澤貴洋に対する誹謗中傷・殺害予告が常習化・コンテンツ化されるようになってきた。
筆者は騒動当時にはなんJに居なかった為分からないが、恐らくこの辺りが恒心教として成立した時期である。

本拠地は現実世界には実在せず、ネット上の2ch外の掲示板を本拠地としている。
教徒内では唐澤貴洋を(現)尊師とし、長谷川亮太を預言者としている節がある。
ただ宗教めいたとはいえ、これといった信仰活動(例:イスラームの断食)は存在しない。
信仰活動は個人の自由に委ねられており、ある人はシールを用いた布教活動をしたり、聖地巡礼をする者なども居る。
恒心教自体は2chのなんでも実況(ジュピター)板から派生しており、なんJ由来のネタなどが多く用いられる。

恒心教の目的は[編集]

恒心教の殆どの信者が持つ共通目標は弁護士唐澤 貴洋を広く知ってもらい、ネット上における野獣先輩のような知名度を持たせる事が大衆目標である。
また、唐澤貴洋と法律事務所クロスの評判を地に落とし、知名度を上げる事も大衆目標である。
実際、印象操作はサジェスト汚染がよく用いられており、現在は"ほうりつ"or"法律"とGoogleに入力すると法律事務所クロスが候補に出てくるまでになった。[1]

最近は非教徒の間でも尊師の名前が知られ始めており、玉音放送お気持ち表明などでテレビに出る事もある。
中でも、小林麻央親戚成りすまし事件Twitterを始めとし、新聞・大手ネットニュース(非アフィブログ)で話題となり、ここで尊師の名を知った人も居るだろう。

この騒動のきっかけは何なのか[編集]

詳しくは個別記事を見て欲しいが、長谷川亮太の書き込みは平和になんJを利用していた人物にとって、挑発の塊のようなものであり、見ていて腹立たしい物が多かった。
そのため彼を憎む人もおり、彼が炎上するのも時間の問題であった。
そして彼は弁護士を雇うというこの手の炎上でやってはいけない事をしてしまったのだ。[2]

しかしなんと彼は法テラスの弁護士ガチャでURもいいとこの最上級の無能を引いてしまったのである。

註釈[編集]

  1. 実際の結果('17/1/21)
  2. 基本的にこの手の行為は沈黙が最良であり、特にネタの入れ替わりが早いなんJではその傾向が強い。基本的に弁護士を雇う事は全面戦争を意味する。