2016年2月15日 ライセンスがクリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 4.0 国際から表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際に移行しました(詳細)。

2017年5月20日 メインケーは法律事務所クロスについて語る掲示板

外伝主人公一覧

提供: 唐澤貴洋Wiki
外伝主人公から転送)
移動先: 案内検索


ハセカラファミリー一覧 > 外伝主人公一覧

外伝主人公の一覧。

概要

定義

外伝主人公とは、恒心ファミリーの中でも長谷川亮太や唐澤貴洋との直接の繋がりは薄いが、言動の面白さ、闇の深さなどから単体で大油田を持ちそのコンテンツ力が主要人物に勝るとも劣らない登場人物であり、彼ら自身がコンテンツである人物たちである。 根強いファンが恒心教の分派として存在する。

外伝主人公と他のファミリーとの明確な線引きは存在しないものの、大まかな目安として「(メイン)カラケーに専用スレが存在し、固定ファンによって維持されていること」「単なる一時的な炎上を超え、有志による持続的な生態調査が行われたり言動がネットミーム(ネタ)と化す段階に入っていること」などが挙げられる。

外伝主人公の成立

2015年8月、後に初の外伝主人公となる小関直哉の圧倒的なコンテンツ力は徐々に頭角を現しつつあった。

小関直哉という超巨大油田に多数の教徒が魅了されオメ学者やオメガファンとなり勢力を伸ばしていたが、一方で当時は「チンフェや尊師の恒心を引き起こせる可能性のない活動に意味はなく、即刻止めるべきである」という恒心原理主義も根強く残っており、原理主義者たちは麻原彰晃掲示板のオメガスレに突撃してはオメガファンたちと煽り・レスバトルを行った。[1]

原理主義者の迫害に刺激されたオメガファンたちにより「チンパカの動きを待つ必要はない、なぜならオメガは独立したコンテンツ、つまり外伝だから」「チンフェと尊師がドラえもんとのび太ならオメガはドラミちゃんのようなもの」という機運が高まり、「オメガはハセカラ外伝主人公である」という認識が生まれた。[2]

ここからチンパカに依存しない独立コンテンツ=外伝主人公という概念が誕生。 沈黙を守るチンフェやFB恒心も途絶えて久しい尊師だけで恒心コンテンツを回すことに行き詰まりを感じ始めていた当時の一部の教徒たちの受け皿となったことからこれは恒心教の体系の一部に無事組み入れられることとなった。

ただし「外伝主人公認定をする明確な線引きが存在しない」ため、勝手に自分の気に入ったファミリーに外伝主人公認定を出してしまう教徒がいるという大きな問題点がある。 その為外伝主人公として認定されるには他の教徒多数に認められるレベルで、客観的に見て明らかに大規模な独立コンテンツとして成立している必要がある。

いままでに外伝主人公から降格された例は無く、事実上永久称号であることも安易な外伝主人公認定が避けられる一因になっている。

当wiki独自の用語として「準外伝主人公」枠があり、これは独立したコンテンツではあるものの、教徒の間で議論が分かれる段階にある人物のために用意されている。

外伝主人公の中でも小関直哉鈴木康史は燃料が豊富であり半ば恒心から独立した状態となっているが、 黒田厚志藤田拓也はこれ以上のネタの上積みは難しい状態となっており、彼らの恒心が切望されている。

外伝主人公一覧

小関直哉
オメガ。 北海道(兆海道)在住のフリーター。 第14回MMD杯終了後に私怨と独断でニコニコ大百科記事の改竄を行って恒心教徒に宣戦布告し炎上&個人情報を特定されるが、その後も度々恒心教徒に攻撃を仕掛ける。 その言動、黒歴史SS、イラストなどのコンテンツの強烈さから彼をネタにするオメガファン、そして彼を研究するオメ学者が存在する。無尽蔵の鉱脈を持ち、単体でのコンテンツ力はチンフェと尊師に次ぐと言われる。
藤田拓也
Wikipeida管理人「Muyo」。 Wikipediaにて恒心教の記述を削除したことから、恒心教徒の怒りを買い特定される。
黒田厚志
Twitterにて法廷画風イラストを批評したことで目を付けられ、Twitter上における数多くの差別発言やその腹黒い業務の内実が問題視された。
安達真
統合失調症患者。「Shin」とも。 元々自らが集団ストーカーされているという妄想に取り付かれていたがTwitter上の恒心教徒に目を付けられ、本当に集団ストーカーされる。 関西からの即日ちば&とらけんまや彼の作った「集団ストーカー組織ゴリホーモ」などのぶっ飛んだ設定が大いに注目を集めた。
涼子P
本名は森園祐一。神奈川県座間市在住。第15回MMD杯において一般男性MMD作品を不当に貶め強く非難する内容の発言を行い、教徒に目をつけられて炎上する。その後過去の自分語りから特定され、数年間ネカマとして活動していたことや交通事故で障害を抱え生活保障を受けていること、10年前後に渡ってラブドール「ヒカリちゃん」を愛し続けていたことなど数々のおぞましい闇が開示された。 その闇は他のファミリー全ての合計を軽く凌ぐと言われる。
鈴木康史
リーダー・クルーの名で知られる知的障害者の出会い厨。教徒のネカマ垢に釣られ、とらけんまし、インターホン越しに尊師らしき人物と会話する。その後も教徒による嫌がらせを受け、おかしな言動とおかしな言葉遣い(通称「リダクル語」)で注目を集める。

準外伝主人公一覧

上記6人ほどではないが、独立したコンテンツ・豊富なネタを持っている人物たち。

寺井恵
甘芋の主婦。shinくんの逮捕後2番手として注目を集める。教徒による仄めかしの結果とらけんまを行わせることに成功した。
ネスカフェ
男性MMDer。MMD杯にて尊師MMDとかち合ってしまい、美少女じみた発言・なりすましの登場が原因で一部教徒に粘着される。ただし他の外伝主人公に比べると本人に非が無く、コンテンツの性質上芸術路線を快く思っていない教徒と衝突を起こしやすいことから彼を弄ることや外伝主人公扱いすることには若干賛否がある。
田中一哉
熱湯をかける弁護士。そのしつこさと沸点の低さは全弁護士中最強。今こそ掲示板とwikiが防弾鯖にあるためおおっぴらに語れるが長らく触れてはいけない存在であったためにネタの積み重ねがやや欠ける。
藤原太一
コミケサークル「亘心綜合音楽事務所」代表。半年以上にわたる馴れ合い・内ゲバ・恒心教の私的利用・挑発・脅迫などで元教徒の臭芋として史上最大級のヘイトを溜めた。 特定直後は外伝主人公入りが確実視されていたが、実家けんまが困難なことやコンテンツ化を試みる有志が現れなかったことから固定ファンがあまりつかず下火になっている。
岩間好一
甘芋のおっさん。shinくん逮捕後に注目が集まった人物の一つ。彼に関する動画が恒心外で大きく話題となり、非恒心教徒の凸者が多数訪れるようになったことで恒心からほぼ独立した存在になってしまった。
高橋嘉之
へきへき。無職のおっさん(甘芋説もあり)。色々あって彼個人が直接カラケー・wikiに現在進行形で攻撃を繰り返しており、外伝主人公並のコンテンツ力を保持しているが元々は尊師の依頼人だった為外伝ではない。

出典・註釈

  1. 【悲報】オメガくん、ニコニコ大百科の項目を削除を再度要請(アサケーのログ)
  2. 「外伝主人公」初出は上記スレの>>157(2015/8/19)


外伝主人公
小関直哉(オメガ) 小関直哉特定の軌跡 - 小関直哉の発言一覧 - オメガ文学 - ケッコンカッコカリ~初霜の場合~ - オメガ文学/pixiv - 小関直哉のイラスト - 白井カナチ - 兆海道 - 超クロスオーバー空想大戦 - 第14回MMD杯 - Wikipedia - ニコニコ大百科 - 艦これワンドロ騒動 - 豚小屋 - 伊藤勇気 - 同人ゴロ連続炎上騒動 - 松瀬裕太郎 - 小関直哉掲示板 - 第二次唐澤wiki閉鎖騒動
鈴木康史(リーダー・クルー) 鈴木康史/とらけんま - 鈴木康史の自撮り画像一覧 - リーダー・クルー - デリバリ作業 - 複写 - 松戸コリホーモ - 鈴木康弘 - 消えた自分
安達真(shin) 安達真/発言一覧 - ゴリホーモ - Tony with White Balloon - Pepper - 指短ニキ - 少年探偵団
涼子P(森園祐一) 涼子P/発言 - 藤本ヒカリ - ゴロゴロウ
藤田拓也(muyo) Wikipedia
黒田厚志 黒田厚志/発言 - 法廷画風イラスト
準外伝主人公 寺井恵 - ネスカフェ - 田中一哉‎‎ - 岩間好一 - 高橋嘉之高橋嘉之/発言
関連項目 甘芋一覧) - 包皮民