平行線は必ず交わる

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

平行線は必ず交わる』は、文化放送青山二丁目劇場」で2009年2月23日に放送されたラジオドラマ長谷川亮太と言う名前の主人公が登場する

「青山二丁目劇場」の司会進行役は『デジモン』の八神太一役の声優(藤田淑子)であるため、(名前に過剰に拘る)が「八神太一」を名乗るきっかけになったのではないかと推測されている。

あらすじ[編集]

以下の記述は作品の詳細を開示しています。

社会人である主人公長谷川亮太は、勤めていた会社を解雇された日に同級生の笹塚麻里と出会う。久々の再開に喜ぶ二人は、「似た者同士」として過ごした高校時代の回想に耽る。二人は、かつて修学旅行で訪れた滝が近くにあることに気付く。そこは長谷川にとっては笹塚への想いを伝えられなかった未練のある場所であった。その時に笹塚にプレゼントされたお揃いのロケットのキーホルダーを、未だに鞄につけていることを思い返す。笹塚は出版系の会社に勤めていたものの、社内での関係が悪化したことで今日退社してきたという事実を告白する。

近況までが似通っていることにしばし笑いあい、二人は宿で別れる。長谷川は別れる直前に鞄を取り違えてしまったことに気付くが、取り違えた鞄の中から笹塚の書いた遺書を発見する。実は笹塚は自殺するために滝へと来ていたのだった。急いで滝へと向かう長谷川。そこには笹塚が佇んでいた。長谷川は笹塚を説得するが、笹塚もまた長谷川の鞄から遺書を発見し、長谷川の自殺を止めに来たのだという。そこで長谷川は、かつて学んだ平行線公理の記憶を蘇らせる。平行線は決して交わることのない直線だが、二人はこうして出会ってしまった。すると笹塚は、非ユークリッド幾何学の世界では平行線でも交わることがあるのだと言葉を返す。二人は滝壺に遺書を捨て、帰途につく。そこで長谷川は笹塚があのロケットのキーホルダーをつけている事に気づき、自分も同じようにキーホルダーを付けていること、そして笹塚への想いを告白し、笹塚と別れる。

数ヶ月が経ち、職場探しに奔走する長谷川。その耳に、聞き覚えのある声が聞こえてくるのだった。


  • 長谷川亮太 - CV.菅沼久義
  • 笹塚麻里 - CV.前田沙耶香
  • 教師 - CV.松本孝平

ニコニコ動画[編集]

外部リンク[編集]