弟殺し

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

弟殺し(おとうとごろし)とは、自分の弟にあたる存在を殺す行為、その行為を行った人物のこと。恒心教においては唐澤貴洋を指す事が多い。

概要[編集]

恒心綜合法律事務所のホームページに、唐澤貴洋が青春時代にを失ったエピソードが書かれているのを発見したなんJ民が、唐澤貴洋が弟を殺したと決め付けネタにしたのが始まり。

唐澤貴洋本人はこの事を否定しており、Faithbookで怒りを露わにした。

弟殺しの歴史[編集]

旧約聖書によるとカインが弟アベルを殺害したことが人類最初の殺人とされている。

  • 人類誕生直後 - カインが弟・アベルを殺害
  • 前750年頃 - ロムルスが弟・レムスを殺害
  • 前401年 - アルタクセルクセス2世が弟・小キュロスを殺害
  • 前47年 - クレオパトラ7世が弟・プトレマイオス13世を殺害
  • 211年 - カラカラ帝が弟・ゲタを殺害
  • 626年 - 太宗(唐)が弟・元吉を殺害
  • 785年 - 桓武天皇が弟・早良親王を殺害
  • 1189年 - 源頼朝が弟・義経を殺害 [1]
  • 1352年 - 足利尊氏[2]が弟・直義を殺害
  • 1389年 - バヤズィト1世が弟・ヤクブらを殺害[3]
  • 1497年 - チェーザレ・ボルジアが弟・フアンを殺害
  • 1557年 - 織田信長が弟・信行を殺害[4]
  • 1590年 - 伊達政宗が弟・政道を殺害
  • 1634年 - 徳川家光が弟・忠長を殺害

弟殺しに関するもの[編集]

出典・註釈[編集]

  1. 実際に義経を殺したのは藤原泰衡の配下だが、泰衡は頼朝により義経の引渡しを求められていた。
  2. ”尊氏”と検索すると”尊氏 なんj”とサジェスト汚染され唐澤貴洋の弟殺しネタととして使われいる。
  3. その後、オスマン帝国では兄弟殺しが後継者争いを防ぐため仕方ない行為として慣行化し、16世紀にはこれが法制化されるにまで至っている。
  4. 手を下したのは配下の者とも、自害とも言われる。

関連項目[編集]