注意 所さん!大変ですよ」を視聴してこのページにアクセスした方へ


唐澤貴洋弁護士の炎上について簡単に知りたい方は、解説セクションをご覧ください。
また、恒心史では、なぜ唐澤弁護士がこれほどまでに炎上しているのかをストーリー形式でわかりやすく知ることができます。

注意 眉毛が原因で現在の事業者ではこれ以上のWikiの維持はできません。一時的に一部のページを削除しています。法律事務所クロスについて語る掲示板にて移転先の議論を実施しています(2017年9月22日)


恒心年表/2017年後半

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
恒心年表
騒動前(唐澤)
騒動前(長谷川)
2012年
2013年
2014年
2015年前半
2015年後半
2016年前半
2016年後半
2017年前半
2017年後半
将来の予定
小ネタ集

2017年7~12月に起こった、騒動に関する主な出来事。

出来事[編集]

7月[編集]

7/3 第一東京弁護士会会報6月号に「唐澤貴洋に対する誹謗中傷事件(カッターナイフ表彰状事件と思われる)に対してプロジェクトチームを立ち上げたが、犯人の特定には至っていない」という内容の記事が掲載される[1]
7/12 記事「名誉毀損にあたるYouTube動画の削除申請の手続き」について唐澤貴洋が取材を受ける[2]
ある教徒が夜中にちばけんまを敢行。長谷川幸恵の声が初開示される[3]
7/14 第19回MMD杯予選(~17日)。尊師MMD動画が最初から除外されている事が判明する
7/18 教徒によるなりすましでKindleに唐澤貴洋名義の本が出版される[4][5]
7/19 唐澤貴洋本人が「唐澤貴洋名義の本はなりすましである」として取材を受ける[6][7]
巨人・山口俊投手の暴行事件に対する誹謗中傷に対し山岡裕明のなりすましが18日に「当事務所に対策が依頼されている」とツイートした件について法律事務所クロスが東スポの取材を受ける。[8]
7/20 Kindle路線活発化、多くの成りすまし本が「出版」される[9]
7/22 デリヘルサイト「ヤッバイおっぱい奈良店」のパスが割られ[10]、一夜にしてなんでもありの無法地帯と化す。(ヤバケーも参照)[11][12][13][14][15]
7/24 ヤッバイおっぱいのサイトが繋がらなくなり、ヤバケーも閉鎖。
悪芋が高橋嘉之の自宅に薬の売人を誘導させ訪問させる。[16]
7/30 昨年10月以降、台湾の王欣儀議員に対して、Faithbookで唐澤貴洋を名乗って殺害予告を繰り返したとして、台湾教徒の黄西安が逮捕・起訴[17]

8月[編集]

8/4 朝日新聞の「ひと」欄にて唐澤貴洋のインタビュー記事が顔写真付きで掲載される[18]
8/6 唐澤貴洋が恒心総合法律事務所時代に送っていた内容証明郵便が開示される。
8/8 山本祥平が須藤法律事務所時代に日本宝石科学協会の裁判を担当するも実質敗訴していたことが判明する。[19]
08/13 4代目唐澤貴洋Wiki(クリアネット版)が一時閉鎖。エビケー管理人が5代目Wikiを仮設するも、その後不安定な時期が続く。
08/18 第19回MMD杯本選が開始されるも、予選と同じく恒心関連動画のほとんどがアナウンス無しのまま除外される。
08/21 河野家への事実追及が長らく続けられた結果、還暦時の1Aの御尊顔や様々なエピソードが開示される。
08/22 山岡裕明が一般社団法人ネットリテラシー検定機構理事であることが判明し、「ビジネス法務10月号」より連載記事を執筆することが明らかになる。[20]
08/25 ATSUSHIの命日。複数の教徒が墓参りに訪れた他、唐澤洋東光院付近で撮影される。[21][22]
08/27 長谷川亮太炎上2000日達成
金沢競馬場で「走る姿美しい、亮太君デビュー二千日杯」が開催される。[23]
ちばけんまのムーヴに初心者マークがつけられているのが開示される。[24]
08/29 藤原太一らしき人物が、12人のTwitter教徒を相手どり開示請求を行ったことが明らかになる。
08/31 5代目唐澤貴洋Wikiが正式に開設される。

9月[編集]

9/4 安藤良太の裁判が行われ、検察から懲役1年6か月の実刑が求刑される。[25]
9/10 第19回MMD杯閉会式が行われる。生放送へのリンクが公式ページに存在せず教徒を混乱させた。
以前より疑われていた恒心史管理人=虐殺初心説がリークにより確定した。
9/11 山本祥平の小・中学校時代の読書感想文コンクール入選記録が開示され、通っていた学校が判明する。[26]
9/13 安藤良太の判決が行われ、3年8ヶ月の実刑が確定する。[27]
9/15 唐澤洋母校海城高校文化祭パンフレットにて唐沢洋と表記ミス。
9/22 アイドルグループSMAPから独立した稲垣、草薙、香取を擁する芸能事務所が法律事務所クロスの隣の部屋(オラ森の706号室)に入居していたことが判明する。[28]
藤原太一による削除依頼が唐澤貴洋wikiの鯖管理会社に通り、移転が余儀なくされる状況に陥る。

註釈・出典[編集]