恒心年表/2019年前半

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
恒心年表
騒動前(唐澤)
騒動前(長谷川)
2012年
2013年
2014年
2015年前半
2015年後半
2016年前半
2016年後半
2017年前半
2017年後半
2018年前半
2018年後半
2019年前半
将来の予定
小ネタ集

2019年1~6月に起こった、騒動に関する主な出来事。

出来事[編集]

1月[編集]

1/1 SEXSOCO尊師40298が削除されているのが確認される[1]
1/2 ちばけんま初詣が報告される[2]
1/4 唐澤貴洋、41歳の誕生日を迎える。
1/9 八雲法律事務所の公式サイトが恒心され、未完成だったSERVICEやCONTACTのページを見ることが可能になる。
1/16 唐澤貴洋の母校である慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)が唐澤貴洋へ「日本研究概論」という分野の授業依頼を行い、唐澤が「是非来たい」と言っていたことが教徒により開示される[3]
1/18 何者かによって新潟県警のサーバーを不正に操作してエビケー雑談スレに「神奈川県警爆破する」との書き込み[4]が行われる。同時に新潟県警公式サイトの一部にアクセスするとSEXSOCO尊師のイラストが表示されるようになるカラッキング[5]が発生。
1/19 山岡裕明がNPO法人ゲーミング法制協議会の監事を務めていたことが判明する[6]
なんJのNGT事件関連スレにて何者かが新潟県警のアドレスをセルフ開示しながら「うんち ぶりゅりゅ!」と連投しウメタテ行為を行う[7]
1/20 1月18日のカラッキングがマスコミ各社に報道される[8]。新潟県警によるとメールフォームの脆弱性をついた攻撃であるらしく問題の機能の運用を一時停止すると発表した[9]
1/21 山岡裕明が日本経済新聞のコラム「私見卓見」に寄稿、著作権法の改正による著作権侵害事例の拡大について述べた[10]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

註釈・出典[編集]