恒心教の歴史

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
恒心教 > 恒心教の歴史
恒心年表
騒動前(唐澤)
騒動前(長谷川)
2012年
2013年
2014年
2015年前半
2015年後半
2016年前半
2016年後半
2017年前半
2017年後半
2018年前半
2018年後半
将来の予定
小ネタ集

恒心教の歴史(こうしんきょうのれきし)では、各年ごとに恒心教の歴史について記述する。詳細な歴史については個別記事と恒心年表を参照。

前史[編集]

騒動の発端となった2chなんJ板は元々2009年に野球ch難民が過疎板を乗っ取り、野球実況を中心とした雑談板になったという過去からも分かるように、住民は野球観戦が趣味というその性質から他板の住人に比べ荒い気性を持っていた。また「巨人小笠原スレ」に代表されるネタ文化があり、実在の人物をネタにして遊ぶことに慣れており躊躇もなかった。この気質・文化がこの騒動を後にここまで大規模な物に昇華させた一因であるとも言われている。しかも多数の学校裏掲示板など避難所として乗っ取っていた関係で外部侵攻の経験も豊富であった。

当時のなんJは現在のようにまとめブログに寄生されておらず人口も今ほどは多くなく、内輪的なノリが強かった。これはコテハンにとって居心地のよい環境であり、なんJでは多くの糞コテが活動していた。その中でも、騒動の元凶となったなんJの糞コテ「八神太一」は3年間に渡り煽り投稿や自分語りスレの乱立を繰り返してたことから当時のなんJ民からは別格で嫌われていた。

八神特定の少し前である2012年1月に炎上した篠田健太郎はTwitterやGoogle+などの情報から特定されており[1]、この時点で現在でも主流であるネット上にあるパズルのピースを頼りに個人情報を特定する手法が確立されていた。

そして、プロ野球シーズン開幕が近づき住民が活気づき始めた状況で3月7日を迎えることとなる。

2012年[編集]

八神太一特定と無差別開示[編集]

すべての起点

3月7日、前日から一部なんJ民やなんJコテアワーなどから猛烈に煽られていた八神太一が大学の合格通知書をアップ。これをきっかけに進学先(国士舘大学)、母校(千葉経済)、mixiアカウントが明らかになり、ここから本名(長谷川亮太)等々が特定される。一切謝罪せず脅迫して鎮火しようとした挙句に自演に失敗するログ速疑惑住所等の個人情報が書かれたスレや元カノとの初体験記スレ等)で削除依頼を行う、なんJWikiを閉鎖に追い込んでなんJ民全体を激怒させるなど、あらゆる初期鎮火行動も悉く裏目に出たことで失敗し、ますます炎上は拡大していった(八神太一特定騒動)。

過去の自分語りから発掘された未成年飲酒疑惑による大学進学取り消しを恐れたのか[2]、長谷川亮太は当時アイオス五反田駅前にあった恒心綜合法律事務所の弁護士唐澤貴洋を雇い、誹謗中傷者のIPアドレス開示を行うことで再度炎上の鎮火を試みた。

そして3月28日に唐澤貴洋は長谷川亮太関係の誹謗中傷レスに対し開示請求を実行(平成24年(ヨ)第1035号)、このなんJ史上初めての事態にこれまで長谷川亮太をネタにしてきたものたちは驚愕した。

だが唐澤貴洋は当初こそ恐れられていたものの、カンマが統一できていない、というか全体的に日本語が変宣伝ブログを乱立する、パカ弁なのに2chでスレを立てる方法を知らない、なんJを監視していることがバレる(アイドル大量フォロー事件[3])、大昔のスレに開示請求して失敗するなどツッコミどころが多く次第に馬鹿にされるようになってしまい、なんJ民は唐澤貴洋に対しても誹謗中傷を行うようになってしまった[4]

これに対し唐澤貴洋は、長谷川亮太そっちのけで自身に対する中傷に対し5月から6月にかけて3回にわたるIP開示攻勢を開始(無差別開示)、少し唐澤貴洋に触れた程度のレスに対しても開示請求を行い始めた。

しかし3月のIP開示を経験し、実害がまるでない[5]ことを知ったなんJ民にとって、これは火に油を注いだだけに過ぎなかった。なんJは唐澤貴洋による開示を狙うものたちによる誹謗中傷やネタ投稿、サジェスト汚染で溢れ、騒ぎは鎮火どころかさらに燃え広がっていった。

この両者の炎上騒動は後にハセカラ騒動、チンパカ騒動などと名付けられ、今日まで燃え続けている。

前恒心時代の文化[編集]

長谷川亮太
唐澤貴洋

この無差別開示を経て唐澤貴洋ネタはなんJに定着、「弁護士スレ」「唐澤スレ」などと呼ばれる文化が興った。

唐澤貴洋は無差別開示が終わった6月以降、翌2013年7月までまったくといっていいほど動きを見せなくなり、当時のスレは二次創作で食いつなぐことになった。当時すでにロリコン、脱糞弟殺し用水路核兵器保有など今日につながる様々な二次創作・設定が誕生している。唐澤貴洋が顔写真のかわりにふざけたイラストを掲載していたことも唐澤貴洋の偶像化・神格化・非実在弁護士化に拍車をかけた。

また開示を拒否したヤーマンや、独特の誹謗中傷スタイルで有名となった島根君、初の殺害予告(神聖六文字)を投稿したdion君などのチキンレーサーも文化の形成に大きな影響を与えた。

4月、なんJで話題になったウェブサイト「遊戯王カードジェネレーター」に唐澤貴洋を馬鹿にした作品が多数投稿され、ここに最初の芸術路線が誕生した。これに対し唐澤貴洋は、遊戯王カードジェネレーターの管理人JEXに対して削除要求を行い(遊戯王カードジェネレーター騒動)、無差別開示と共に炎上を盛り上げた。JEXは、削除は実施しつつその裏でサジェスト汚染の技術を解説する[6]などしてなんJ民を支援した。

10月には自動作曲システム「Orpheus」がブームとなり、これを利用してパカソンと呼ばれる唐澤貴洋や長谷川亮太を誹謗中傷する曲が大量に作成されるようになった。Orpheus開発チームの嵯峨山茂樹教授は不穏すぎる楽曲は削除していたものの、一方で技術やセンスを認めた上で隔離しその中で作成を黙認する方針を取ったためパカソンは大量に作成され、誹謗中傷の域を越えたクオリティーに成長し芸術路線を支えた。パカソンは大犯罪者デグニキらによってニコニコ動画に転載され布教に効果をあげた。

事実追求路線も発展し、9月26日には住所でポン!により唐澤貴洋の父唐澤洋の家であり唐澤貴洋の実家とされる田園調布サティアンが、10月19日にはその唐澤洋の顔写真が特定された。長谷川亮太サイドでは3月15日になんJ民朝倉恭介によって長谷川亮太の顔写真が開示され、実家も自分語りをもとに千葉県松戸市六高台2-7-83(ちばけんま)と推定されたちばけんまは2013年4月7日に長谷川亮太の元同級生佐伯星香がtwitterで事実であることを証言したため確定した。

恒心教の成立[編集]

聖地ちばけんま

そしてこの文化にはコンテンツとしての新しい名前が与えられた。それが「恒心教」である。

恒心教の始まりは無差別開示と同時期に起きていたなんJでのオウムネタブームが関与している。当時、「NHKスペシャル 未解決事件 File.02 オウム真理教」(5月26日放送)をきっかけとしてなんJではオウム真理教麻原彰晃ネタが流行しており、当時は唐澤貴洋に対するサジェスト汚染が活発であったことから汚染ワードとして多く用いられた。これが唐澤貴洋ネタと融合し「尊師」が唐澤貴洋の愛称として定着、そして「尊師」の愛称と共に「恒心教」という単語も誕生したとみられる。

ただし、単語自体は7月には確認されているものの定着はそれよりも後と見られ判然としない。カラケーにおいては3代目カラケーの頃には定着しているがなんJではそれより遅く、完全な定着は翌2013年の300万騒動を待つと思われる。

2013年[編集]

カラケーの発展[編集]

2012年10月には既に2ch風掲示板大手のしたらば掲示板を利用して初の唐澤貴洋掲示板(カラケー)である初代カラケーが開設されていたが、当時はなんJで十分であったため人口は少なかった。2代目カラケーは2013年3月10日の唐澤貴洋の中学の卒アルが投稿され話題になったが管理人の対応の不手際で閉鎖するなど、カラケーの存在感はまだ薄かった。しかし2013年4月頃から始まったちばけんまを書き込んだだけで規制されるほどの2ch規制地獄化がきっかけとなり、なんJからの難民が3代目カラケーに殺到し人口が大幅に増加した。

3代目管理人は芸術路線を中心とした当時の恒心教の振興に務め、カラケーが恒心教の一拠点として認識され始めた。また一方でこれはなんJ民と教徒の分離の始まりでもあった。6月には第一次・第二次飴戦争が勃発し、外部侵攻の技術が磨かれた。長谷川亮太の親戚の蕎麦屋・越後屋が見事に特定されたのもこの頃である。

しかし、3代目管理人はニコニコ動画のアカウント(佐々木小魔神)が特定されたことをきっかけに、氏名や大まかな住所が判明し7月2日に掲示板を閉鎖。この際に「唐澤貴洋から抗議された」と真偽不明の発言を行い、これを閉鎖の理由とした。

3代目管理人の「唐澤貴洋から抗議された」という発言のため、教徒は日本からの手が及びにくい海外サーバーに掲示板を開設することを計画し、7月6日にハンガリーサーバーを利用した「ハンガリー要塞」を開設した。だが、管理人が海外移住の意味を理解せず日本警察のIP開示に応じてしまい、批判される中7月13日に閉鎖し初の海外要塞路線は短命に終わった。

第1次聖遷と300万騒動[編集]

dion君への脅迫文

7月1日、事務所をアイオス五反田駅前からピュア虎ノ門に移転した(聖遷)。そして7月31日、事務所のfacebookアカウント上でdion君など殺害予告民を告訴し300万を請求していることを突如報告、翌日の8月1日に教徒がこの書き込みを発見し300万騒動が勃発する。

もはや行動を起こすこともないと思われた唐澤貴洋のこの動きに対し、なんJ民・教徒は大きく動揺した。これまでの誹謗中傷に対する告訴の可能性が真剣に議論され、唐澤貴洋は「五反田の神」から一転し「虎ノ門の悪魔」として恐れられた。

さらに、なんJのライバル的存在である2ch嫌儲板の住民がこれに歓喜、唐澤貴洋に加勢してカラケーに侵入しメインカラケーが相次いで自主閉鎖するなど情勢は緊迫した。唐澤貴洋は嫌儲民を「心ある方々」と呼んで讃えた[7]

だがdion君以降告訴されたとの情報も無く、やがて口だけの脅しではないかとの見方が強まった。その後8月26日に2ちゃんねる個人情報流出事件が発生すると、自身のクレジットカード情報が流出したことにキレたのか唐澤貴洋の矛先は西村博之ら2ch運営に向かいはじめ、300万騒動の方は収束に向かった[8]

恒心を引き出す[編集]

初の尊師ール

300万騒動も終わり、教徒に落ち着きが戻った。一方の唐澤貴洋は嫌儲民に持ち上げられたためか調子にのってしまい、おかしな文章を投稿するようになっていた(尊師語録唐澤貴洋の発言一覧/Facebookを参照)。唐澤貴洋のfacebookは「faithbook」と呼ばれ崇拝対象となった。

教徒は連日の恒心(更新)に熱狂し、なんJや当時のメインカラケーであるカラザイル掲示板は大きく賑わった。やがて恒心を待ちきれない教徒たちの間で唐澤貴洋から恒心を引き出そうという動きが発生し、「唐澤貴洋が猥褻動画を見た」などというデマを流したところ本人が大激怒、10月16日のPlays Now騒動に結びついた。

また、2012年に教徒に誘導され唐澤貴洋に開示を依頼したうしじまいい肉の事例が応用され、重光由美が教徒に誘導されて唐澤貴洋に開示を依頼、唐澤貴洋の雑仕事の犠牲者となる形で恒心を引き出した。

12月1日には大分君の殉教により、騒動初となるテレビ報道が行われた。

他にも尊師ール路線が開拓され、名古屋教徒らによって各地にシールが貼られるなど地道な努力が行われた。

恒心不足と批判要望板[編集]

河野一英死亡デマの偽新聞記事

しかし、教徒の力で引き出すことにも限界があった。唐澤貴洋はエクシード大泉在住疑惑に対する恒心を行った11月23日をもってfaithbook恒心を停止しており、恒心中毒となっていた教徒は恒心不足にあえいでいた。また、これに乗じて2013年末から2014年初にかけ偽台帳事件や唐澤貴洋の祖父河野一英の死亡デマ偽車内広告事件といったコラ画像による釣りが相次いだ。

追い打ちをかけるように10月特定コミュニティを原因[9]としてOrpheusが一時休止を発表し、パカソンの新規作成が不可能となっていたため芸術路線も衰退しつつあった。

恒心不足に喘ぐ教徒は外部に活路を求めた。12月19日にパカ弁富田寛之が話題となると、パカ弁の開示要請スレの拠点となっていた批判要望板に教徒が遠征、立川土人(ドコモユーザー)をはじめとする批判要望板住民と共闘してパカ弁煽りがブームとなった。また、当時JEXが公開していたサジェスト汚染超兵器102chの実験台としてパカ弁や依頼人のサジェストが汚染された。

パカ弁には唐澤貴洋には及ばずとも濃いキャラの人物が多く、恒心不足をある程度補った。

2014年[編集]

片平騒動[編集]

教徒では布教の一環として、ちばけんまの住所などハセカラネタを仕込んだ画像を流通させまとめブログなどに転載させようとする工作を行っていた(統一画像路線)。しかしまとめブログ側も気付いていたようでなかなか成功していなかった。そのため、改良型である偽装gif画像[10]が作成され、ついに2月7日、「ポケモンまとめ速報」がこの画像にひっかかり転載してしまい話題となった。

布教の成功に喜ぶ教徒あったが、Whoisからポケモンまとめ速報の運営者片平亘が特定されたことで事態は一変する。これをきっかけとしてWhoisからまとめブログの運営者を特定できる可能性があることが発覚、その話は直ちになんJや嫌儲に伝わり、まとめブログ・アフィブログ潰しを目的とした大騒動に発展したのである(片平騒動)。

当初は片平亘を唐澤貴洋に謝罪させようなどといって楽しんでいた教徒であったが、ブログ潰しという意図せぬ目的が加わったことや、この騒動経由でカラケーにやってきた「お客さん」が増えたことで混乱が生じた。結局2月19日にJimによる2chクーデターが発生し話題が移ったため騒動は尻すぼみに終わった。

さらに問題となったのが、この騒動で恒心教の知名度が変にあがったことで「恒心教=炎上屋」との認識が広まったことである。これによって教徒を利用して自分の嫌いな相手を潰させようとする「炎上依頼」が多発し、従来からの教徒はお客さんや新参(新芋)の排除を唱えるようになっていった。

閉鎖主義[編集]

そして4月10日にカラザイルが強制閉鎖されると、閉鎖主義を徹底したカラケーである唐澤ちゃんねるへの移住が行われた。唐澤ちゃんねるはトップページを偽装したうえにブラクラを設置して2chブラウザ専用とし、さらにURLを広めることも忌避された。

閉鎖主義によって表立った活動が困難となったため、半分売名を目的としつつ教徒として活動していた人物である月永皓瑛が教徒に代わり「ラジコン」としてけんま配信などを行っていた。ピュア虎ノ門前で警察20人との大立ち回りを演じたことは有名だが、独断行動が多いため「壊れたラジコン」の異名も持った。

唐澤貴洋に殺害予告を行った福嶋誠也が逮捕され、第一次玉音放送が成されたのは閉鎖主義真っ盛りの5月8日のことであった。今日では殉教者として評価されている福嶋誠也も、閉鎖主義の当時においては恒心教を目立たせたとして悪いイメージで捉えられていた。

一方、口伝と新参排除が主流であった当時としては異例の試みとなる初代唐澤貴洋wikiが3月27日に設立された。

ウバケー乗っ取り[編集]

上が乗っ取り前、下が乗っ取り後

閉鎖主義路線を貫いてきた唐澤ちゃんねるであるが、トップページ偽装がいけなかったのかしたらば運営に目を付けられ再建してもすぐ強制閉鎖されてしまうようになり、7月1日に掲示板継続を断念。教徒はなんJなどに離散してしまった。

しかし事件は起きるのだ。その頃時を同じくして、京セラドーム破壊未遂事件をきっかけとする音楽グループ「UVERworld」の炎上騒動が発生しており、2ch邦楽グループ板のUVERworldスレがなんJ民に荒らされ、避難所である「UVERworld BBS」がしたらばに開設されていた。ここに教徒の「副副管理人」が荒らし対策のエキスパートを名乗って管理チームに侵入し、7月10日、無知な主管理人を騙しパスワードを騙し取って乗っ取りカラケーにすることに成功してしまう(ウバケー乗っ取り事件)。

なんJにこのことが伝わると教徒は再び集結し、メインカラケー問題は一応解決することができた。それと同時に、この騒動と一緒に掲示板のURLがなんJで広まったことや、副副管理人が閉鎖主義をとらないことを宣言したことによって、2月以降続いてきた閉鎖主義は退潮に向かった。

空は何色か[編集]

4月26日、2012年にアイドル大量フォローを指摘されてからずっと鍵がかけられていた恒心綜合法律事務所のtwitterアカウントの鍵が突如外され、「身が震える」などというツイートが投稿された。また5月24日には唐澤貴洋に対しても殺害予告を行ったPC遠隔操作事件の犯人片山祐輔に宛てた唐澤貴洋渾身のポエム「空は何色か」が投稿され教徒の爆笑を誘った。

6月4日には「世界の終わりも大好きです!」という意味不明なツイートのために、前述のUVERworldスレに先駆けて2ch邦楽グループ板のSEKAI NO OWARIスレが教徒に荒らされた。

だがその後唐澤貴洋がツイートを行うことはなかった。何故唐突にtwitterを恒心しようと思ったのか、そして何故止めたのか、その理由は一切不明である。

チンフェのターン[編集]

突如投下された成人式の長谷川亮太(ウンフェ)

唐澤貴洋は「世界の終わりも大好きです!」以降また活動が低下し、DIOジャパンなどの顧問弁護士に就任したことが発覚した程度で殆ど恒心が無くなる。

一方で長谷川亮太はキッズライク騒動でサークルが判明したり、自分語りマットマツドマッドマットマンに盗難される、けんまくんが話題になる、長谷川亮太アンチの動画ニキによる長谷川亮太批判動画が多数再生される、そして極めつけは11月7日のウンフェ画像の投下など比較的恵まれた。12月1日には長谷川亮太の炎上1000日を記念して千日祭が開催された。

カラッキング路線の開始[編集]

カランサムウェア

2013年頃から、Torが使用できたT-唐澤掲示板などの無法地帯系カラケー0chiakiに代表されるハッカーが屯すようになり、恒心教の犯罪性が強くなり始めていた。

1月に日本ダウン症協会広島支部ブログ改竄事件が起きたことを皮切りに次々と教徒によるクラッキングが行われ、これら教徒によるクラッキングは唐澤貴洋とかけて「カラッキング」と名付けられた。3月9日の@Wikiパスワード再発行ページ改竄事件や、12月の0chiakiによるカランサムウェア事件は恒心の外でも大きな話題となった。さらに0chiakiもカラケー(後の恒心教サイバー部掲示板)を開設しハッカーを呼び込んだ。

またカラッキングと言う程ではないが11月のモンストまとめ殺害予告事件は教徒にソーシャルゲーム(意味深)の楽しさを伝えた。

2015年[編集]

オウム事件20周年[編集]

2014年11月17日に副副管理人は氏名を特定され圧力かけられたとして突如ウバケーを閉鎖し、麻原彰晃掲示板(アサケー)への移住が行われた。そしてオウム真理教事件20周年となる2015年を迎え、2月の連続カラッキング法律事務所クロス設立と山岡裕明の登場など大きな出来事が相次いで発生するようになる。2015年の恒心教は、麻原彰晃とともに激動の中へ進みつつあった。

MMD路線と芸術路線の再建[編集]

1月、Altailが尊師の3DCGモデルを公開し尊師MMD路線が開拓され、Orpheusの閉鎖以来停滞気味であった芸術路線が活発化した。Altailはじめ教徒は工作の放置が問題となっていたニコニコ動画MMD杯第14回MMD杯)に参戦、工作員ダブルぬるぽを味方につけて大勝利を果たした。奇しくも尊師MMD勢の大勝利が確定した閉会式は3月7日に行われた。

これにより恒心教はニコニコ動画をはじめ広く知られるようになり、特に文化的に近い例のアレ民を取り込んで恒心教バブルが発生した。また、MMD杯の結果に不満をもち恒心教を攻撃したオメガこと小関直哉や涼子Pの名前でネカマをやっていた森園祐一などが特定され、彼らは外伝主人公という新しいジャンルを生み出した。小関直哉はyahooアカウントを乗っ取るという半分犯罪の大胆なやり方で、森園祐一は地道な検証で特定されいずれも教徒の特定技術を見せつけた。

だがこのような形での急激な知名度の上昇は再び「恒心教=炎上屋」という認識を広め、昨年の片平騒動の構図を蘇らせることにもなったのである。

twitter路線の急拡大[編集]

2012年には既に最初のtwitter路線ともいえる指原デマツイ騒動が発生し、長谷川亮太の高画質卒アル開示につながった。その後2013年にはニッセ路線が誕生、2014年にはAKB48握手会傷害事件の犯人が唐澤貴洋であるなどというデマを流すことに成功した。だが恒心教は匿名性を重視していたためSNS布教はかなり控えられており、閉鎖主義時代にはSNSでの布教を認めない方向に向かった[11]

しかし2015年に入ってから、動画ニキが「twitterで国士舘生に絡んで長谷川亮太を探す」というウンフェ軍団路線を提唱したことや、MMD杯で知名度があがったことで例のアレなど外部からの流入が増えたことにより、twitterの教徒は急増した。

twitter路線は法廷画風イラストデマ拡散など布教に大きな効果を見せた一方で、炎上依頼や自己顕示・承認欲求(→心のチンフェ)を目的とする臭芋と呼ばれるものたちが急増したことは路線自体に対する批判を招いた。また艦これワンドロ騒動同人作家連続炎上騒動‎は教徒側の勝利でおわったものの炎上依頼ではないかとの批判を呼び、「布教」という言葉が独り歩きしていることを浮き彫りにした。

googleマップ騒動[編集]

イオンモールと化したちばけんま

4月にgoogleマップの地名登録機能がほぼ無審査であることが発覚、これを利用して教徒はハセカラやオウム真理教関連の地名がちばけんまはじめ全世界各地に登録された。これが「皇居や警視庁にサティアンがある」などとして話題になり、これまた奇しくも長谷川亮太の誕生日である4月20日、些細ないたずらは大ニュースに発展し恒心教の名前と共にメディアで一斉報道された。恒心教に強いジャーナリストの三上洋は恒心教を解説して「いたずらのグループ」と呼んだ。

このいたずらに対し12月1日に3人(爆弾三勇士)が書類送検され、第三次玉音放送に繋がった。また、弁護士会の岡正晶から「弁護士制度に対する重大な挑戦」との声明が出された。

なんJとの対立[編集]

これまで恒心教は淫夢などと並びなんJ公認コンテンツといえるようなポジションにすらあったが、一方でそれを疎ましく思うものたちも存在していた。そしてその対立は前述のMMD杯以降の恒心教の急拡大やtwitter路線の問題によって顕在化し始めていた。

6月30日、対立は急速にエスカレートする。きっかけとなったのは、けんま民の陸自ニキが主催した「よるけんま実況」である。これはいわば「ちばけんまオフ」で、教徒が馴れ合いつつ長谷川家に尊師ールを貼るなどのいたずらをしていたことに対し批判意見が噴出、包皮民(恒心教アンチ)も「シール、ペタッ!w」などと便乗しスパム煽りを行い状況は混沌とした。

さらに、時を同じくして0chiakiが逮捕されたことが追い打ちをかけた。0chiakiはTwitterスパム乗っ取りによって大量の殺害予告を投稿させ3月17日に第二次玉音放送を引き出すなど積極的に活動していた。しかし6月に急に消息が途絶え、よるけんま実況の翌日となる7月1日に逮捕が報道された。0chiakiを殉教者として讃える教徒に対してなんJでは0chiaki叩きの動きが起き、対立は決定的なものとなった。以後、恒心はなんJからの独立を志向していくこととなる。

顔開示とけんまブーム[編集]

唐澤貴洋

これまでネット上のものが大半であったいたずらは、恒心教の勢いにのって現実世界にも向かい始めていた。

第14回MMD杯の閉会式が行われたのと同じ日の3月7日、唐澤貴洋のご尊顔開示事件が発生した。これにより長年の謎であった唐澤貴洋の顔が判明すると唐澤貴洋の撮影を目指す動きが発生、6月に唐澤貴洋と山岡裕明が虎ノ門路上で撮影される、7月には前述の陸自ニキが眼鏡尊師の撮影に成功するなど大いに盛り上がった。

そして2783の日=平成27年8月3日、恒心系アフィブログナリ速の管理人茂みがピュアけんま配信中に警察に捕まる事件が起きる。これがチキンレーサーの心に火をつけ、けんま配信をして職務質問されようとするものたち、スリルを味わいたいものたちが次々とけんまを行いはじめけんまブームが発生した。

2月のピュア虎ノ門にトラップが設置されたカッターナイフ表彰状事件や、7月の長谷川家の表札がいたずらされた表札、ペタッ!w事件をきっかけとして実害路線が定着しつつあったため、ピュア虎ノ門やちばけんま、長谷川家の親戚が所有するフェイヴァリットハウス1や、長谷川家の車(マンチ青シュヴィッツ)に対する過激ないたずらが日常茶飯事となった。

警備体制が厳しくなったことで、「ラジコン路線[12]」という一般人をラジコンのように誘導してけんまさせる路線も発展した。ラジコンとされたのは嘘に騙されやすい統合失調症患者(甘芋)や、性欲を満たす為ならばなんでもやる出会い厨などであった[13]。初の甘芋ラジコンとなった安達真はその「ゴリホーモ」などの言動の面白さから外伝主人公としてひとつのコンテンツを築いた。

けんま配信と安藤良太の登場[編集]

特にこのブームで人気となったのはツイキャスやニコニコ生放送を利用した「けんま配信」で、唐澤洋の撮影に成功したparanoidなど多くの配信主が登場した。

その中でも、配信者ださいたまの登場は大きな衝撃を与えた。ドローンとプリウスを操り神出鬼没、職務質問に食ってかかる、長谷川亮太の父長谷川満孝の車にGPSロガーを仕掛ける(愛寿物流事件)などその行動力は当初から驚かれた。

実はこの人物は、5月に自身の行った殺害予告を唐澤貴洋に開示請求されたことで既に話題になっていた安藤良太その人であった。彼は交通事故で両親失い、賠償金と資産運用で大量の資金を保有していたのである。そして翌年、彼は恒心教と社会にさらに大きな衝撃を与えることになる。

内紛の激化とアサケーの閉鎖[編集]

C88に出展した事務所一派

恒心教界隈は2015年後半も賑わいを見せ続けていたものの、それもやがて終わりを迎えようとしていた。

新路線の拡大と教徒の急増は、やがて負の側面が大きくなりつつあった。twitter路線での臭芋の狼藉をはじめ、MMD路線をきっかけとした芸術路線の諸問題[14]、けんま路線における過激ないたずら、加藤力などの自己顕示欲の強い教徒の出現、急増したけんま配信主同士での対立といった様々な問題が論争を生み、教徒間での内紛を招いていたのである。これら荒れやすい話題はウツケーへの隔離が推奨されていたものの、炎上の拡大によって隔離政策も限界を迎えていた。

2015年8月には、教徒間の馴れ合い集団と化していたコミケ路線の運営グループ事務所一派への批判をきっかけとした内紛事務所騒動が発生し、2016年まで続いた最大のものになった。安藤良太も事務所一派に協力したとの批判で炎上、一時評価が失墜した。

アサケーはこれら内部対立や荒らしの影響を受け荒廃し、それは住民の良心に期待して不介入主義をとっていた管理者サンラクシャカにとって手に余るものとなっていた。11月17日のメインカラケー就任1年という節目にサンラクシャカは閉鎖[15]を決定し、麻原彰晃の名の下に歩んだ2015年は終わりを迎えた。

2016年[編集]

爆破予告路線[編集]

安藤良太

昨年の炎上以降行動が少なくなっていた安藤良太であったが、2月に一世一代の勝負にうって出る。安藤良太は全国47以上の自治体に唐澤貴洋や長谷川亮太名義で爆破予告メールを送りつけ、47万人に影響が及ぶ大事件を引き起こしたのである(同時爆破予告事件)。

安藤良太は別件で逮捕されたが、Torを使えば足がつかない手軽さと影響力の大きさによって教徒以外にも模倣犯が大量に発生、全国的な社会問題となった。そして彼らのこの行動が10月にさらなる大恒心を引き寄せることを、この時はまだ誰も知らなかった。

事務所騒動終結[編集]

昨年来続いていた事務所騒動は、最終的に2015年12月のC89強行出展への批判、安藤良太による事務所一派首魁藤原太一の住所氏名リークが決定打となり、2016年1月~2月にかけて事務所一派が次々とネットから姿を消したことで概ねこの騒動は決着した。

事務所一派の壊滅に喜ぶ教徒であったが、一方で芸術路線期待の星であったけんまPが事務所一派の一員として糾弾されたこと、コミケ路線が全否定されたこと、ウツケーを中心として一部の芸術路線民に対するアンチ活動が勢い付いたことは芸術路線に動揺を与え、これ以降先細りを見せていく。

なお、事務所騒動と同時期に男性アイドルグループ「アルスマグナ」が前述のけんまP作曲のパカソンを無断使用したアルスマグナ騒動が起きていたが、けんまPがネットから消えたため有耶無耶に終わっている。

漫画「殺人鬼弁護士」や「漫画版高速バス脱糞」で知られる絵芋虐殺初心も事務所一派を擁護する自演行動が発覚し炎上、騒動の渦中に本垢が特定され消え去ることとなる。後年になると虐殺初心が2016年7月に突如活動を停止した恒心史管理人と同一人物である疑惑が浮上し、再び騒動となった。

また事務所一派にかわってコミケ路線を継続しようとした当時女子中学生のガバ隊長(小林和奏)が売春疑惑で炎上する騒動も起きている。

第2次聖遷[編集]

法律事務所クロスは2月1日にオランダヒルズ森タワーRoP(オラヒ、オラ森)に聖遷。3月7日には山本祥平が入所した。

オラヒは警備体制が厳重で侵入不可能の要塞かと思われたが、2月6日に教徒が侵入に成功、その後も続々と侵入成功報告があり、実はかなりガバガバでむしろピュア虎ノ門よりも唐澤貴洋に近づけるという有様であることが判明した。

原理主義[編集]

事務所騒動の終結、したらば運営によるメインカラケーの連続ポアで[16]、アサケーからの惰性で続いてきた恒心教バブルは終焉を迎えた。

外部への布教を拡大した結果混乱を招いた2015年の反省からか、2016年には長谷川亮太・唐澤貴洋が中心であることを強調する原理主義[17]の傾向を強めた。

特に5月31日のサヒケーへの移住は原理主義の流れを決定付けた。サヒケーはハンガリー要塞以来念願の海外要塞メインカラケーであり、危うい書き込みをしても開示されないためアングラ傾向の強い原理主義にはもってこいの場所だったのである。

原理主義においては事実追求路線が重視され多くの成果があり、唐澤貴洋・山岡裕明の誕生日開示、河野家の墓地開示による唐澤厚史の実在確認、唐澤貴洋の元同僚小西一郎失踪の追求などが成し遂げられた。また事実追求路線と合わせて実害も重視され、墓が汚損されたり、オラヒの事務所のドアに落書きするなど過激ないたずらが行われた。

一方、DDoS攻撃を受けたり、12月3日にサヒケーと唐澤貴洋wikiの両方を管理していた管理人であるメガ雷龍が特定され掲示板とwikiを閉鎖するなど、自前サーバーならではの問題も起きた。

長谷川亮太の失踪と対策[編集]

2016年、長谷川亮太路線は危機を迎えた。長谷川亮太は小学校時代の長谷川亮太まとめが開示されたりピンフェデンフェなどいくつか目撃例が報告されたりしたものの、ちばけんまやフェイバリットハウスなどおなじみの場所では確認されず行方不明となっていた。4月8日に長谷川亮太の卒業論文が発掘され国士舘大学卒業が判明しいよいよ捜索は困難となった。

このため、長谷川のターンと唐澤のターンの交代によって炎上を維持してきたターン制は危機を迎えた。長谷川のターンの代用として外伝主人公が投入され、昨年から引き続き登場の安達真、そして新たに発掘された出会い厨×知的障害という奇跡のラジコン鈴木康史や、統合失調症患者の岩間好一が期待された。だが安達真、鈴木康史は期待に沿う活躍をみせたもののしばらくして活動を停止、岩間好一は例のアレ界隈に輸出して8月に大人気とはなったものの恒心教のコンテンツにはならなかった[18]。また、外伝主人公重視は原理主義と相性が悪いものでもあった。

唐澤貴洋の活発化とお気持ち表明[編集]

唐澤貴洋といたずらされた墓。お気持ち表明より

対して、唐澤貴洋サイドは聖遷をはじめ活発な動きをみせ始めていた。5月のjpnumber編集合戦サイモントン療法協会訴訟記録開示で唐澤貴洋のカラケー・wiki監視疑惑が発覚、6月10日には唐澤貴洋との法廷オフが開催された[19]

そして10月、出所した0chiakiが玉音放送があることをリークする。いつものように音声だけだろうと思っていた教徒の予想は良い意味で裏切られ、10月21日、唐澤貴洋はNHK「ニュースウォッチ9」において初となる顔出し出演を行ったのであった。映像では、爆破予告路線と安藤良太をメインテーマとし7月の墓汚損にも触れられ、教徒の行動が結びついた瞬間となった。この映像は「お気持ち表明」と呼ばれ、勢い低下に悩んでいた教徒を奮起させた[20]

さらに11月は情報ネットワーク法学会山梨学院大学で講演するなど、表にでない弁護士というイメージに反する活躍を見せた。

2017年[編集]

空前のカラッキングブーム[編集]

Amazon Kindleへ出品されたGMOの流出情報(商品最下段)

長谷川亮太の特定から5周年を迎える2017年は、悪芋の連続カラッキングにより始まった。

1月1日のネルケプランニング公式サイト改竄事件をはじめとして、3月にはひと月に10件ものカラッキングが発生する異常事態となった。幾つかのサイトは声明を発表し新聞で取り上げられたほか、ヒップランド関連サイト改竄事件ではYahooリアルタイム検索で「カラッキング」や「唐澤貴洋」が上位に食い込む成果を上げている。2017年のカラッキングは量もさることながら、色々な意味で特徴的な面を持つ。デリヘルサイトへのカラッキングによるカラケー「ヤッバイおっぱい掲示板」の誕生(7/22)や、GMOカラッキング事件(8/30)では流出した顧客情報がAmazon Kindleで販売される事態が生じるなど、カラッキングを新たな路線開拓に利用しようとする動きが多々見られた。

怒涛のカラッキングはその勢いを失うことなく年末まで続き、12月31日の宮城信用保証協会サイトへのカラッキングを以て締め括りとなった。

坂根輝美の登場~鞠遊事件[編集]

坂根輝美

昨年末はメディア露出の活発化により教徒に過度な礼賛・神格化をさせた唐澤貴洋だが、3月20日、その神性を覆す大騒動が勃発する。非教徒の情報により唐澤貴洋が画家・坂根輝美の絵を購入していたことが発覚したのだ。

すぐさま事実追求が進み、坂根輝美はTwitter・Yahooアカウントの開示を経てFacebookも乗っ取られる。更には坂根輝美がメッセージ機能で唐澤貴洋と会話していたことも発覚。坂根輝美に対し下心丸出しで迫る様子など、唐澤貴洋のプライベートな一面が開示されたことで多くの教徒の身を震えさせ、当時停滞していた恒心界隈を大いに活気づける結果となった。

また、当初は「尊師に目をつけられた一般人」として同情されていた坂根輝美も「おセックス」に代表される数々の言説が開示されたことで、教徒のおもちゃにされてしまう。サジェスト汚染や住所特定などの憂き目に遭い、見事ハセカラファミリー入りを果たすこととなった。

クロスメンバーへの事実追求[編集]

鞠遊事件により唐澤貴洋の生態が明かされたが、一方で曾祖伯父の河野唯一河野光次らの存在が開示されるなど、以前から進められていた家系追求路線もこの年活発化していた。また、山岡裕明山本祥平についての事実追求も僅かながら進んでいた。

山岡裕明と山本祥平の疑惑アドレス開示をはじめ、2月には三田国際学園での講演(2016年7月)がリークされ、両名の御尊容と肉声が開示された。10月14日には通勤中の山岡裕明を盗撮した写真がカラケーに投下され、同性愛板で散々な評価を受けるなど大きな話題となる。また、山本祥平に関しては過去の敗訴記録や兄・大輔の存在が明らかとなった。

外部からのカラケーへの侵攻[編集]

2017年からメインカラケーとなっていた法律事務所クロス被害者の会掲示板(クヒケー)は、4月に唐澤貴洋本人からの抗議によって陥落する。これにより、教徒側はメインカラケー閉鎖という損害を被ったものの、唐澤自身がカラケーの監視を行っていたという事実、そして「evil imperial lawyer」という英訳文をネタとして獲得した。この件が元となって、次代のメインカラケーとして法律事務所クロス掲示板(エビケー)が設立される。

エビケーは外国サーバー上に建てられた防弾カラケーという事もあり、外部からの攻撃にも強く安定していたが、この場所に果敢に突撃してくる者たちがいた。元ハセカラキッズ速報管理人こと豆大福と、過去に唐澤貴洋へ仕事を依頼した高橋嘉之である。彼らの荒らしの手法は単純でワンパターンだった為、教徒は彼らの書き込みを容易に見破る事ができた。それでも彼らのカラケー荒らしに費やした手間と時間は常軌を逸したレベルであった。半年近くという期間にわたって定型文のコピペを貼り付け続け、ハセカラ騒動と全く関連性の無い第3者への執拗な誹謗中傷を続ける様に、多くの教徒は呆れながらも彼らの精神状態がみるみる悪化していく様子に戦慄した。

このような被害に遭いながらもエビケーはメインカラケーとして2017年末まで存続しており、翌2018年4月には麻原彰晃掲示板を超え歴代メインカラケーの最長寿記録を更新している。

メディア露出の活発化[編集]

news every.

昨年10月のお気持ち表明を皮切りに唐澤貴洋のメディア露出はますます活発化していき、新聞のネット特集では度々名前が挙がるまでになる。テレビでは、6月22日放送「所さん!大変ですよ」を端緒に顔出し出演を3回も果たすなど、「表に出ない弁護士」のイメージは完全に覆ることになった。

そして6月23日、小林麻央親戚成りすまし事件が発生。唐澤貴洋の名を騙り、小林麻央の訃報を伝えた悪質なニッセツイート。この成り済ましが大きな反響を呼んだ為に多数のメディアが問題を取り上げ、唐澤貴洋も6月23日放送の「news every.」において、三たびの顔出し出演を果たす。「所さん!大変ですよ」から連日の顔出し出演となり、教徒を歓喜させた。

その後もほぼ毎月メディアの取材を受けていた唐澤貴洋だったが、11月13日の「クローズアップ現代+」において遂にスタジオ生出演を果たす。「ネットリンチの被害者」という、少々頼りない肩書を引っ提げた唐澤貴洋は生出演の緊張からか、説明をトチり共演者に助け舟を出してもらうなどその無能ぶりを遺憾なく発揮し、全国放送で恥をさらす羽目になった。

唐澤貴洋のメディア進出は年末まで続く。12月19日~20日にかけて、一連の炎上騒動に対する自身の告白文を「現代ビジネス」上に寄稿したのだ。一連の炎上についてあまなく語ったこの告白文は、唐澤貴洋の内面に迫った貴重な文章であり、またこれまで放置されてきた幾つかの疑惑についてセルフ開示していたため、教徒の考察・批判の格好の餌食となってしまった。

チンフェサイドの停滞化[編集]

活発な動きを見せるパカデブサイドに対し、チンフェサイドは停滞を迎えていた。3月7日に特定5周年、8月27日には特定2000日を達成したものの、かつてのけんまブームが再燃することはなく、昨年から懸念されていたターン制消滅の危機が現実のものとなってきたのだ。それでも、チンフェの疑惑定期から勤務先を特定しようとする動きが起こったり、長谷川幸恵の肉声が開示されたりと、チンフェサイドの恒心を望み活動する教徒も少なくなかった。

3月24日に発生した松戸女児殺害事件では、ナリ速コメント欄の書き込みがきっかけとなり、「ちばけんま」の名前がマスコミにクローズアップされる事態が発生。また、事件の犯人をチンフェだと断定した告発文が届けられるなど、チンフェサイドを標的にした活動は未だ続いている事が伺える。

芸術路線の衰退[編集]

2016年より続く原理主義への回帰への風潮、そして2017年は唐澤自身がメディアに活発に露出したことに伴い、二次創作である芸術路線は益々衰退の一途を辿ることとなる。有能芸術教徒から芸術路線を隠れ蓑にしていた臭芋までの多くが消えていった。

パカソン路線においては、オリジナルのパカソンはほとんど投下されなくなり、替え歌路線のみが一部の教徒によって静かに盛り上がっている様相となった。そんな中、例のアレ界隈で活動しているゆゆうたが投下した「一般男性脱糞シリーズ」の弾き語りは恒心教徒以外のニコニコ動画視聴者からも好評を博し、派生作品も作られる等新たな可能性を見せた。

半年毎の恒例行事となっているMMD杯への侵攻も、芸術教徒によって投稿された動画を楽しむ事より、それまでの中立の姿勢から第16回MMD杯以降手のひらを返し恒心教への露骨なバッシングを開始したゴロゴロウを中心とする杯運営への直接攻撃が主流となっていった。その結果杯は荒廃し、参加者は減少、その原因を招いたゴロゴロウへの攻撃からさらに荒廃、といったスパイラルに陥っている。

そのような状況下でも尊師MMD作品は第18回MMD杯第19回MMD杯とともに準優勝を獲得するという成果を挙げている。

註釈[編集]

  1. 八神太一=長谷川亮太も特定活動に参加していた
  2. 後に現れた長谷川亮太を名乗る人物はアワーなどの入学式凸の抑止が目的であったと語っている
  3. 唐澤貴洋がなんJのスレでtwitterでのアイドル大量フォローを指摘された直後にtwitterアカウントに鍵をかけたため、なんJを監視していることが判明した事件
  4. もともとなんJは野球選手はじめ実在の人物をネタにすることを躊躇しない風潮が強く、たとえ弁護士であろうと同様であった。むしろ「弁護士は一般人ではないのでセーフ」という風潮もあった
  5. 電話番号だけ分かっても氏名は分からないのと同じで、唐澤貴洋がIPを開示しただけで後のこと(IPからの発信者の特定、その後の訴訟)を何もしなかったため。ちなみに自分のことに関しては後々になって特定→訴訟をしている(300万騒動)が、遅きに失した
  6. JEXが普及したことは事実であるが、なんJに伝えたわけではない。サジェスト汚染技術はすでになんJでも一部で知られており、そのたぐいの投稿は既に行われていた
  7. ただし、嫌儲民はfacebookのポエム連投や後の口だけ集団訴訟などで早々と愛想を尽かしている
  8. 2015年アサケーに現れた自称dion君によると実害は無かった模様
  9. 特定コミュニティには恒心以外にふたば二次裏などがあり、一時休止の原因が恒心だったかには議論がある
  10. 一見普通の画像だが、gifアニメーションを利用して時間が経つと殺害予告などが表示される
  11. 当時のSNSに対する反応としてはかぁ坊騒動が参考になる
  12. 「ラジコン」の名称は前述の月永皓瑛に由来する。ただし月永の場合自分からラジコンになっていた点が甘芋・出会い厨とは異なる
  13. 特に出会い厨は食いつきさえすれば操縦が非常に容易かつ情弱の傾向にあり恒心に関して無知であるため現在でも定番のラジコンとなっている。
  14. twitterでの芸術路線民(特に絵芋)の自己顕示欲問題や、ダーキニーちゃんやアニメネタといった萌えネタ許容の是非など
  15. 正確には休止
  16. ドリケーイスケーソムケーマオケーサモケーがポア、ケーケーケーケーが1日で自爆
  17. 原理主義の定義は曖昧であるが長谷川亮太・唐澤貴洋に関係ないことはあまり扱わない、萌えネタなどアフィっぽい文化は避けるなどの特徴がある。つまるところ2013年頃への回帰運動として見ると分かりやすい
  18. 淫夢民、爆サイ原住民が主体となっていたがけんまの方法論は恒心教のものをある程度受け継いでいる
  19. 2015年にも法廷オフが開かれるのではとの噂が流れた。平成27年(ワ)8441号を参照
  20. ただしこれ程の大恒心も一時的には勢いが伸びた程度に留まった。またこのような大恒心を得たことで、もはや目標を失ったとの悲観的な見方もある

関連項目[編集]