村井啓助

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
村井啓助
村井啓助
村井啓助
基本資料
本名 村井啓助
出生地 三重県亀山町wp
才能 有能
騒動との関連 尊師の親戚
関係者
  • 村井林七 - 父
    • 村井房(河野房) - 妹
    • 河野一三 - 義理の弟
    • 村井雄次郎 - 弟
    • 村井修 - 妹
      • 村井進 - 長男
      • 村井春子 - 長女
      • 村井満子 - 二女
      • 村井啓三郎 - 二男
      • 村井泰子 - 三女
      • 村井潤三 - 三男
      • 村井達子 - 四女
      • 村井千恵子 - 五女
      • 村井豊(山崎豊) - 四男

村井啓助(むらいけいすけ、Murai Keisuke、1875年 - )とは唐澤貴洋の曾祖伯父、河野一英の叔父(母の兄)である。

経歴[編集]

唐澤貴洋との関連[編集]

資料[編集]

サヤ取りと日歩稼ぎで大成の村井啓助氏  鍋島高明・市場経済研究所代表 - 日本経済新聞2012/2/18付

相場の盛んな三重県出身で、兜町暮らしが20年に及ぶが、投機、思惑はいっさいやらないという村井啓助。
東京株式取引所の一般取引員の看板を取って話題を呼ぶ。昭和9年のことだ。当時の有力経済誌「実業之日本」は村井を取り上げた。

「投機万能、売った、買ったの兜町で、これはまた珍しくも投機、思惑は絶対にやらぬというモットーの取引員がいる。
村井啓助君である。この20年間にわたる兜町生活を通じて、彼はほとんど相場を張ったことがないという。
彼はどこまでも、サヤ取り、ないし日歩稼ぎ一点張りである。
従ってその利益は、1銭、2銭という少額に過ぎないが、その代わり、ドカンと損をして後退することはない」

相場の高騰、一転してのガラに一喜一憂している連中を尻目に、平然と利ザヤ稼ぎを貫徹する。
そして、「ちりも積もれば山となる」のことわざ通り、100万円の資産をこしらえた。
村井は浮沈の激しい証券業を銀行経営と同様、「理屈のあるものにしたい」とし、こう語る。

「一般の人がややもすれば、われわれ同業者を“株屋”といって、飲み食いにぜいたくして金銭を乱費する階級のごとく理解しているようですが、私は株式取引なるものは合理的経営であり、堅実な意義深い職業であることを知らしめたい念願で、事業を経営してきました」

村井啓助は三重県亀山町の旧家に生まれ、少年時代は“おんば日傘”でなに不自由なく育てられた。
28歳のとき、当時銀行を経営していた旧亀山藩の重臣たちに見込まれ、タイに渡り、バンコクでチーク材を輸入するため事前調査に当たる。
ところが、銀行がつぶれてしまったため、村井は一転朝鮮を目指す。明治38年、31歳のことだ。
当時、すでに開発熱が高かったにもかかわらず、地価はまだ安かった。「この時まず人より先に開発しようとしたのが彼だ。
まことに少壮、覇気と独創に富む彼の面目がここにもよく現れている」(同)。

朝鮮に渡り7年、20町歩を越す農業地と1万坪強の住宅地を経営するに至る。社会的地位も上がり、京城民団議員など公職にも就いた。
ところが大正3年、父の訃報で帰郷、家督を相続する。そのころ、朝鮮の開発も一段落していたし、小作人の待遇問題もやかましくなっていたこともあって内地に残ることにする。
将来性ある仕事ということでいろいろ思案のあげ句、転身したのが証券業者であった。

そして、昭和12年7月14日、日中間の風雲告げるや、陸軍省に杉山元陸相を訪ね「今は非常時です。お国のために使っていただきたい」とポンと2万円差し出した。村井は語る。
「私は国家非常時の際、軍民一致の必要はもちろん、一朝事ある場合は全財産を投げ出して国家に奉公するだけの覚悟がなければならぬと常に感じているが、刻下国防献金は最も有意義なりと確信してその手続きをとった。少額ではあるが、過去20年間、まじめに事業を経営して得た浄財である。
私の行為が多少でも国民に好影響を与え、国家のお役に立つことができれば幸甚の至りであります」
村井啓助の名は「東京株式取引所五十年史」には出てこないから、売買高はそれほど多くはなかったとみられる。
村井が独立する前、属していた三協商会は店主が萩原六三郎といい、府下荏原郡の大地主で資金力は相当のものだったという。
村井は当時の兜町では孤高の人だったかもしれないが、地元の伊勢新聞は応援のエールを送る。

「二十余年前に上京、帝都株式界に乗り出し、孜々(しし)として努力し、脇目もふらず、株式取引業に精通した結果、業績は日を追うて上がり、兜町における多くの同業者の範として絶大の信用を得ている」

=敬称略

信条
・株式取引は合理的経営であり、堅実な意義深い職業であることを世間に知らしめたい
・生来まじめで胆斗の如き度量と不撓(ふとう)不屈の気に満ちている快男児(伊勢新聞社)
・苦労人だけに顧客に対する親切はいうまでもなく、店員に対しても親切で、待遇もいい(実業之日本)

(むらい けいすけ 1875~没年不詳)
明治8年三重県鈴鹿郡亀山町(現亀山市)で村井林七の長男に生まれ、亀山高等小学校を卒業後、宇治山田市(現伊勢市)の拓殖塾で漢学を学ぶ。
同42年朝鮮龍山水産取締役に就任。大正4年上京し、東京株式取引所の取引員・中島卯三郎の経営に参画、中島没後に三協商会を興し、東株現物組合員となる。
昭和2年三協商会は萩原六三郎名義で東株一般取引員の免許を得、同9年、三協商会から独立し、村井啓助商店を立ち上げ東株短期取引員となり、その後、東株一般取引員となる。
(写真は「伊勢年鑑」より)
村井啓助 ーライブスター証券の創業者一族ー魚拓)
・村井啓助
明治8、三重、村井林七長男
大正4、家督相続
大正10、前名、甚七を改める
村井証券、啓和製作所各社長、更栄証券会長

妻・サヨ
明治14、福岡、高木益弥姉

妻・民枝

長女・春子
明治43
兵庫、中治武二弟、謙に嫁す

二女・満子
明治45
京都、中野初次郎三男、儀三郎に嫁す

三女・泰子
大正6
東京、小幡豊治の三男、秀哉に嫁す

長男・進(後述)

二男・啓三郎(後述)

三男・潤三
大正7
立教大卒
更栄証券会長
婦・俊子
加藤弥七の女

四女・達子
大正10
東京家政専門卒
興国ゴム工業勤務・市原譲に嫁す

五女・智恵子
大正12
同校卒
第一信託勤務・船津一男に嫁す

四男・豊
大正13
慶大経済卒
山崎金属産業社長・山崎惣吉の養子となる

妹・房
明治28
広島、河野唯一弟、河野一三に嫁す

弟・雄次郎
明治31
三重、中川恭治の養子となる

妹・修
明治33

・村井進
明治42、村井啓助長男
神奈川県庁勤務を経て、日本建築センター常務

妻・慶子
大正5、東京士族・石光真俊長女
参照・石光真俊
http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-11792993238.html

男・昭夫
昭和14
三井物産勤務を経て、インヴィジョンジャパン取締役副社長

女・邦子
日本金属工業勤務・石井寅三郎に嫁す

・村井啓三郎
大正3、村井啓助二男
慶大法科卒
法学博士
三恵証券会長

妻・章子
大正6、浜口吉兵衛の長女
東京高女卒
参照・浜口吉兵衛
http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-12082201014.html

長男・恒雄
日東証券勤務
同妻・京子
昭和19
青山学院大英米文学科出身
第一生命保険社長・塚本亮一二女
参照・塚本亮一
http://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-11832260915.html

註釈[編集]


関連項目[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - メディア・資料
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤葉子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯助(高祖父) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク - 20代女性
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川崎美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 九州の同期 - 樋口收
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美- 三宅令 - スマイリーキクチ‎‎
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - ネットに「殺す」重い結末日経新聞) - 憲法のいま 公布70年毎日新聞) - ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義山梨日日新聞) - ひと朝日新聞) - 少年と罪中日新聞
若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策 - インターネットを利用した業務妨害の現状 - インターネット上の誹謗中傷と業務妨害ICHIBEN Bulletin
「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー弁護士ドットコム) - 座談会 インターネット上における権利侵害の問題Law&Practice
玉音放送 グッドモーニングテレビ朝日・第一次) - スーパーニュースフジテレビ・第二次) - TBSニュースバード/NEWS ZEROTBS/日本テレビ・第三次) - ニュースウォッチ9「“爆破予告” 自治体に137件 誰が?」NHK・お気持ち表明)- 所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」NHK) - news every.日本テレビ・第六次) - クローズアップ現代+「突然あなたも被害者に!? “ネットリンチ”の恐怖」NHK
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 恒居(田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - NHK尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義 - 小林麻央親戚成りすまし事件
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス
風評被害 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD