現在当サイト「唐澤貴洋Wiki」へのアクセスの結果生じる経済的効果の規模について実証実験を行っております。閲覧者の方々にはご協力をお願い申し上げます。

krsw-wiki.orgドメインではログイン、編集ができません。編集内容を手元に控えてからsonshi.xyzドメインよりお試しください。

東急グループ

提供: 唐澤貴洋Wiki
Jump to navigation Jump to search
東急グループ
東急グループ
基本資料
名称 東急グループ
別名・通称 東急電鉄(中核企業)
田園都市株式会社(前身母体企業)
分類 大手私鉄・不動産グループ
代表者 野本弘文
設立年 1918年9月[1]
所在地 東京都渋谷区南平台町5番6号
騒動との関連 河野一三河野典男河野光次など
公式サイト 東急グループ
関係者
  • 渋沢栄一 - 創立者
  • 畑弥右衛門 - 尾崎行雄書生、渋沢栄一に荏原郡(現・世田谷区、大田区)開発を提案したことで田園都市株式会社設立のきっかけをつくる
  • 河野光次 - 畑弥右衛門の同僚
  • 河野一三 - 五島慶太と親しかったらしい
  • 五島慶太 - 会長、中興の祖
  • 河野典男 - 東急建設取締役社長、世紀東急工業会長

東急グループ(とうきゅうグループ)は、東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)を中核とする企業グループである。 本項目では東急グループおよびその母体企業である田園都市株式会社による田園調布目蒲線沿線(旧・荏原郡玉川調布、東急目黒~多摩川線沿線)地域開発史と唐澤貴洋の母方一族、河野家との関わりについて記載する。

年表[編集]

旧武蔵国荏原郡
  • 1903年8月 - 河野光次、畑弥右衛門と共に朝鮮・京城龍山地区(現・ソウル特別市龍山区)へ渡航。土地開発事業に携わる。
  • 未詳 - この頃、兄・光次に呼び寄せられる形で光次の弟・河野一三が朝鮮京城へ渡航(1915~1920年頃まで京城にいたことが確認されている)、平田百貨店京城店へ就職。このとき一三は当時朝鮮龍山水産取締役であった村井啓助の妹・房を娶り、長男・一英が誕生した。村井啓助の属していた三協商会店主、萩原六三郎は荏原郡の大地主であったとされる。
  • 1909年 - 河野光次、朝鮮での事業に失敗し日本へ帰国。東京府荏原郡馬込村1341(現・大田区馬込)に移住。
  • 1915年2月 - 畑弥右衛門が小林一三(阪急東宝グループ創業者)の都市郊外田園都市構想実現に感化・影響されたことから、尾崎行雄の紹介で渋沢栄一を訪問して郊外鉄道の計画及び同鉄道路線沿線郊外住宅地の分譲開発事業による荏原郡(現・世田谷区、大田区)開発を提案、渋沢は中野武営に相談し欧米の都市を念頭に置いて田園郊外住宅地開発とそれにともなう鉄道など諸般設備の整備を構想する
  • 1916年11月 - 渋沢栄一によって「田園都市株式会社」創立
  • 1919年8月25日~ - 渋沢の四男・渋沢秀雄が田園都市視察のため欧米11カ国訪問
  • 1918年頃~ - 河野光次、田園都市株式会社に関与[2]
  • 1920年 - 河野一三、当時生後1ヶ月の河野一英を連れて朝鮮京城(現・ソウル特別市)から東京府下荏原郡東調布町字下沼部(現・田園調布)に帰国・移住[3]
  • 1922-1923年 - 田園都市株式会社の子会社として目黒蒲田電鉄が設立し五島慶太が専務取締役に就任。翌年、目黒~蒲田間に目蒲線(現・東急目黒線~多摩川線)を開通させたのに合わせて、荏原郡玉川調布(現・田園調布)の田園都市・大規模分譲開発が開始。
  • 1929年 - 河野一三や当時の横浜・川崎市長らによって「大多摩川愛櫻会」発足。一三は同会の幹事として多摩川河川敷に桜の木を植樹する運動を主導した[4][5](五男に「櫻樹」と命名したことや墓碑に桜の紋章を入れたことから桜に思い入れがあったと思われる)。
  • 1930年 - 河野一三の大多摩川愛櫻会が旧中原街道切通し坂「沼部の大坂」の両側に桜の木を植樹し「桜坂(さくら坂)」と命名・創設[6]
  • 1933年 - 河野一三、東京実業学校の蒲田移転に関与。、同学出身の河野典男によると設立者にして校長を務めた上野清は河野一三の弟分であったらしい。
  • 1933年 - 五島慶太の目黒蒲田電鉄が池上電気鉄道(現・東急池上線)を買収・合併
  • 1935年 - 河野一三が建設を計画し、鉄道会社[7]に土地を寄付させて東京側から着工した丸子橋(東急東横線多摩川橋梁に隣接する橋)が完成する。
  • 1938年 - 五島慶太の目黒蒲田電鉄が玉川電気鉄道(東急新玉川線を経て現・東急田園都市線 渋谷~溝の口間)を買収・合併
  • 1938年 - 河野一英、東京府立第一商業学校(現・東京都立第一商業高等学校、渋谷区鉢山町)を卒業
  • 1939年10月 - 五島慶太の目黒蒲田電鉄が旧東京横浜電鉄(現・東急東横線)を合併し、目黒蒲田電鉄が名称を逆に「東京横浜電鉄」と改称、現在の東急電鉄の原型が完成する
  • 1939-1948年 - 私鉄統合政策(陸上交通事業調整法)による戦時中の「大東急」時代を経たのち財閥解体により五島の「東京横浜電鉄」が「東京急行電鉄(東急電鉄)」となる
  • 1953年 - 河野典男、父・河野一三が五島慶太と親しかった縁で東急電鉄に入社
  • 1966-1977年 - 五島自らが渋沢栄一の田園都市構想を継承して提唱した「多摩田園都市構想」に基づき、路面電車であった東急玉川線を高架・地下通勤電車線路に改軌し「東急新玉川線」として開通させた上で溝の口から中央林間に向けて延伸し「東急田園都市線」を建設
  • 1967年 - 東急建設が道路部門を分社し、東急道路(後に「世紀東急工業」と改称)を設立
  • 1968年11月23日 - 河野一三、死去(享年82)。この後、東光院に「大多摩川愛櫻会さくら坂創設者 河野一三家」墓が建立されたと見られる。
  • 1961年 - 河野典男、東急建設に出向
  • 1977年 - 河野典男、東急精機工業株式会社の社長に就任。「月間建設人」で典男の半生と父・一三に関することが紹介される。
  • 1978年 - 河野典男、東急建設の常務兼、東急道路の取締役に就任
  • 1991年6月 - 河野典男、世紀東急工業株式会社社長に就任
  • 1992年6月 - 田園調布サティアン建造
  • 1995年8月 - 唐澤厚史、地元の悪いもの達に恐喝され多摩川の河川敷で集団暴行に遭い自殺
  • 2003年~ - 唐澤洋東急建設の会計監査業務を執行
  • 2000年 - 河野一三の大多摩川愛櫻会が創設・命名に関わった「さくら坂」をテーマにした福山雅治の楽曲「桜坂」が200万枚以上を売り上げる大ヒットとなったことで一躍有名となる。唐澤貴洋が「好きなミュージシャン」として福山雅治を挙げていたのはこの為であると思われる。
  • 2011年7月4日 - 東急池上線の始発駅がある五反田アイオス五反田駅前)にて唐澤貴洋・唐澤洋によって恒心綜合法律事務所公認会計士唐澤洋事務所設立

田園調布[編集]

今日の世田谷区から大田区にかけての地名として存在する「田園調布」は東急田園調布駅周辺の田園都市株式会社が開発し分譲を行った地域と、この分譲に合わせて周辺の地主が土地区画整理組合を結成して宅地造成した地域に名付けられた地名である。

猪瀬直樹「土地の神話」[編集]

なぜ猪瀬直樹なのか? - 唐澤貴洋文学館
唐澤先生が港区虎ノ門に事務所を移されたそうですね。
そこで新しい試みとして、本日は文章自体の検討とはまた別の観点から文豪・唐澤貴洋先生の姿にアプローチしていきたいと思います。

先生は次のように述べられています。

“変わっているけどノンフィクションが好きな少年だった。立花隆、猪瀬直樹、沢木耕太郎、山際淳司の著作をを読んだことは血となり肉となっている。” 〔註:「著作をを」となっているが原文ママ〕
 ――Twitterのつぶやきより

これを読んで、皆様も一度は「なぜ猪瀬直樹なのか」と疑問を覚えたことがあるのではないでしょうか。
先生がここで述べているうち立花隆、沢木耕太郎、山際淳司については、恒心綜合法律事務所公式ホームページで「好きな本」として彼らの著作が挙げられ、さらにご自身のFacebookページでも「いいね!」がされていることから特に疑問はありません。(先生が「いいね!」された本は沢木耕太郎『一瞬の夏』、松原耕二『勝者もなく、敗者もなく』、山際淳司『スローカーブを、もう一球』、立花隆『青春漂流』『二十歳のころ』)
しかし、猪瀬直樹についてはそれがない。他の箇所で彼の具体的な著作を挙げるなどして言及されているわけでもありません。
ではなぜ、先生は猪瀬直樹をここで持ち出しているのでしょうか。なぜ、「血となり肉となっ」たという作家の著作を、他の三人については挙げているにもかかわらず、猪瀬直樹のものは挙げないのでしょうか。
猪瀬直樹といえば『ミカドの肖像』などに代表されるノンフィクション作家で、現在は政治家に転じ東京都知事も務める有名人です。
そんな彼と唐澤先生の間にいかなる繋がりがあるのか。例えば猪瀬直樹の近年の意欲旺盛な政治活動と結び付け、そこから先生が抱く政治的野心を読み取ろうとする方もおられるかもしれませんが、さすがに現時点でそう言い切ってしまうのは難しいでしょう。

では、「なぜ猪瀬直樹なのか?」

この謎を解く鍵は、やはり彼の著作にあります。
それが猪瀬直樹の代表作の一つ、『ミカドの肖像』の続編として書かれた『土地の神話』です。
この作品では、東急電鉄の創始者・五島慶太を中心にした「田園都市」開発の物語、すなわち現在の東京都田園調布の成り立ちが緻密な筆致で描かれています。

さて、勘の良い皆様ならここで「田園調布」というワードにピンときたのではないでしょうか。
田園調布は、先生の外祖父と目される河野一英氏、そしてご尊父洋氏の自宅がある、唐澤先生とは非常に関係が深い土地だからです。
先生は事務所公式ホームページで「世田谷区で幼少を過ごし」と述べておられますが、大田区田園調布は田園都市株式会社により世田谷区側とも一体になって開発が行われましたし、「田園都市」の名を冠する東急田園都市線はその世田谷区を通っています。そして何より、ご祖父の家が田園調布にある。
先生が「田園調布」「田園都市」という土地・言葉に強い愛着を持っておられることは大いにあり得るはずです。
ゆえに、唐澤先生と猪瀬直樹を結び付けるものは、この『土地の神話』と考えてほぼ間違いないものと思います。
先生がこの作品の主人公・五島慶太をFacebookの「尊敬する人」に登録していることからもそれは窺えます。

「なぜ猪瀬直樹なのか?」

そう、自らに縁のある田園調布草創期の歴史を描いた彼の著作『土地の神話』が唐澤先生を惹きつけたのです。
ここから読み取れること――それはおそらく先生の、田園調布に対する深い愛郷心ではないでしょうか。
目を閉じれば、自分の故郷を愛する暖かい心を持った優しいお方、人間・唐澤貴洋の姿が浮かんでくるようではありませんか。
また、唐澤先生がなぜ「好きな本」として猪瀬直樹の著作を直接挙げなかったのかという理由についても述べておけば、それは『土地の神話』、すなわち自己の出自に深く関わる本を挙げることについての気恥ずかしさからだったのではないかと思います。

それでは、先生の事務所移転という一大事に気が動転し、論の運びがかなり粗雑・強引になってしまいましたが、今回はこれで締めさせて頂きます。
皆様もこの機会に、先生オススメの本や映画にあたってみてはいかがでしょうか。

開示請求[編集]

尊師が第28回開示請求で開示したレスに「東急田園都市線通常運転中」がある。

[1]
88 :底名無し沼さん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN 
東急田園都市線通常運転中

セルリアンタワー[編集]

東京都渋谷区桜丘町26-1に存在する2001年に東京急行電鉄によって建設された高層ビルであり、東急ホテルやGMOインターネットグループが入居している。

唐澤貴洋の取得したドメインの一部が、セルリアンタワー11階を住所とするお名前.comを窓口にしていることが判明した。 名前のせいかへきへきの粘着していた某動物擬人化アニメの敵「セルリアン」と絡められたり、「唐澤貴洋 犯罪者 セルライト[8][9]」という以前からあるものがまたネタにされた。

2017年11月8日、セルリアンタワーの地下四階駐車場で自動車が炎上する火災が発生した[10]。唐澤貴洋やクロスHPの安否を案じる他、地下から煙、異臭というシチュエーションから地下鉄サリン事件 を連想するコメントも見られた。

資料[編集]

渋沢栄一書翰
同人ハ朝鮮ニ於て竜山と申土地ニ放資せしも、其事業ニハ終ニ失敗し否運ニ遭遇せし由ニ候も、性質勤勉且誠実之人にて、 
債権者ニ対し正直之行為を以て償還之義務を果し候 
畑氏之人物前陳之如く正誠忠実ニして頗る精力家ニも有之候 
衆議院議員之候補ニ相立候決心ニて、朝鮮ニ於る多数之助力者を得候より 
 
竜門雑誌 第四八一号・第二七七―二七八頁昭和三年一〇月
渋沢子爵に就て 服部金太郎
○上略 又余が関係したる事業にて、子爵の御尽力に依り成功せるものの中二つの土地会社がある、一は朝鮮興業会社、一は田園都市会社である。
朝鮮興業会社は無論子爵の御尽力に依りて設立されたもので、社長には尾高次郎氏が推され、余は子爵の指名でホンの名のみの監査役にあつたが、当時済々多士の同社は其業績著しく挙り、尾高氏病歿後は大橋新太郎氏其後を襲ひ、引続き其経営宜しきを得たる為、社運益隆昌に趣き、現に同会社株式の価格は払込額の二十四割強に昂騰せる実況である。
而して又田園都市会社の如きは最初より子爵の勧奨と後援とに依りて設立せられたものであつて、現今社長は矢野恒太氏其任に当つて居られるが、是亦朝鮮興業会社よりより以上の良績を得て居るので、其株式の価格は実に払込額三倍半といふ異常な業績で、社運は弥増隆盛である。
此等は子爵より見れば区々たる事業であらうけれども、共に斯の如き盛況を呈するに至つたのは、重役諸氏の経営宜しきを得たるは言ふ迄もないことであるが、其最大原因は、子爵が其の声望の隆と先見の明とを以て、之が勧奨後援をなされた多大の賜であるといふ事は争はれぬ事実である。
朝鮮興業(株) 
日露戦争直後の1904年(明37)9月、朝鮮半島の農業改良事業を目的に渋沢栄一ら実業家の提唱により韓国興業が設立。 
1909年(明42)韓国倉庫を合併し倉庫業に進出、1910年(明43)には同様の拓殖事業を行っていた韓国拓殖を合併し事業を拡張する。 
「東京高級住宅地探訪」を読んでみて
本書86~87ページ 
「こうした渋沢の構想をどこかで聞きつけたのか、一九一五年三月、東京府下荏原郡の地主有志数名が、王子飛鳥山の渋沢邸を訪ね、荏原郡一円の開発計画を説明して、その実施を渋沢に依頼したという。 
そういうこともあったので、渋沢としては田園都市の実現に当たって田園調布にも優先する形で洗足の開発を進めたのかも知れない。」 

最初の一文は「街づくり五十年」(東急不動産)からの引用とし、「こうした渋沢の構想」とは田園都市設立趣意書より以前のものを指す。 
ここには、なぜ荏原郡の地主が渋沢邸を訪れたのかが曖昧になっているが、実はここが最も重要なところで、畑弥右衛門という渋沢と荏原郡有志(皆、村長クラス)を結びつけた存在を忘れてはならない。 
この人物がなければ、おそらく田園都市がこのエリアに展開したかどうかすらはっきりしなかった。 
また、開発計画といっても具体性に乏しく、畑弥右衛門の青写真(大風呂敷)を文章で示したに過ぎない。 
とはいえ、これをきっかけに有力地主と結びついた意義は大きく、田園都市計画が具体化するに従って事業用地買収に多大な寄与をしたことは疑いのない事実である。 

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. 田園都市株式会社として
  2. 東京横浜電鉄沿革史」(1943年)
  3. 一英紳士録
  4. 桜樹燦爛
  5. 昔の多摩川
  6. この「さくら坂」は2000年、福山雅治の楽曲「桜坂」が200万枚以上を売り上げる大ヒットとなったことで一躍有名となり、また2008年放送のアニメ『CLANNAD』にも登場し同作品の聖地巡礼場所となった
  7. 典男によると「東急電鉄」とあるが目黒蒲田電鉄か東京横浜電鉄のいずれかは不明
  8. 唐澤貴洋 犯罪者 セルライト
  9. 唐澤貴洋 せるらいと 親のすねかじり系弁護士
  10. https://www.google.co.jp/amp/www.sankei.com/affairs/amp/171108/afr1711080036-a.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

唐澤洋
資料・関連項目 メディア - カテゴリ:唐澤洋 - 出龍 - 父洋スレ - AKB48握手会傷害事件 - プチエンジェル事件 - 暴れん坊会計士 - 暴れん坊会計士掲示板(デリュケー)
関連する事務所 公認会計士唐澤洋事務所 - 恒心綜合法律事務所 - 法律事務所クロス - 法律事務所Steadiness
親族 唐澤信一(曽祖父) - 唐澤弥太郎(大伯父) - 唐澤吉信(父) - 唐澤厚子(妻) - 唐澤貴洋(長男) - 唐澤厚史(次男) - 河野一英(義父) -唐澤家 - 河野家 - 親族その他・架空の人物山田カズコ
職場での同居人 唐澤貴洋 - 阿部通子 - 渡邊恵美 - 山岡裕明 - 山本祥平 (※斜字は元同居人)
関連する会計士 森公高森会長からのメッセージについて
関連団体・企業など 海原会宇治野壮歩) - ブルドックソース敵対的買収と防衛策) - ランド - 東芝 - 東急建設
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー) - 六本木高會堂ビル) - 三田(三田綱町デュープレックスR's) - 田園調布サティアン - 東光院