松戸病

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

松戸病(まつどびょう)とは、自己顕示欲が強く過度な自分語りをする者、虚言癖のある者を揶揄する用語である。

語源[編集]

なんJでおよそ3年に渡り多数の自分語り煽りを繰り返してきた長谷川亮太嘘の論文を発表し1年近くも世間にネタを提供し続けてきた小保方晴子在任中に浮気相手にこっぱずかしいメールを送った阪神タイガース元監督和田豊など、千葉県松戸市出身の人物に自分語りや虚言の好きな人が多数いることから、「松戸市には自己顕示欲が強くなる風土病が蔓延っているのではないか」と言われるようになり、転じてその様な行為を総称して「松戸病」、またそれらの行為をする人を「松戸病患者」と呼ぶようになった。

また、東京KittyBE新座ニートなど、松戸出身及び縁のある人物に2ちゃんねるの凶悪荒らしが多い。さらに松戸市外にも、嫌儲荒廃の戦犯のアイスナインことK5(佐倉市在住)や恒心初期の臭芋松田正則(千葉市)、VIPでチンフェ並みの煽りを繰り返してヘイトをためていたスノービッツ(八千代市)など千葉県在住の2ch大型荒らしは多い。また世間を震撼させたの犯人が多いことなどもこのネタをさらに裏付けている。

脚注[編集]


関連項目[編集]