河野光次

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
河野光次
河野光次
河野光次
基本資料
本名 河野光次
住所 東京府荏原郡馬込村1341→大田区南馬込4-35-16付近
出生地 広島県沼田郡緑井村wp
墓所 多磨霊園?
身体情報 故人
才能 有能
特定経緯 『週刊新潮掲示板』、人事興信録により発覚
騒動との関連 尊師の曾祖伯父
最終学歴 早稲田大学
関係者
親族

河野 光次(こうの みつじ、Kono Mitsuji、1882年-1973年頃)とは、唐澤貴洋の曽祖伯父で河野一英の伯父である。「憲政の神様」、東京市長として知られる尾崎行雄の義理の娘婿である。

経歴[編集]

  • 1882年 - 広島県沼田郡緑井村にて河野唯助の次男として生まれる[1]
  • 1902年頃 - 早稲田大学入学。尾崎行雄の秘書になる。
  • 1904年8月 - 畑弥右衛門と共に朝鮮へ渡航。土地開発に携わる。
  • 1909年 - 日本へ帰国。
  • 1910年 - 尾崎の養女多満と結婚。
  • 1912年 - 尾崎行雄が東京市長としてワシントン・ポトマック河畔に桜の樹を贈呈・植樹。
  • 1918年頃 - 田園都市株式会社に関与。
  • 1919年9月 - アメリカへ渡航。ニューヨーク、ワシントンなどを視察する。
  • 1926年3月 - 友人葛原猪平葛原冷蔵が倒産し、東洋冷蔵と改称した際に臨時株主総会の詮衡委員として名前を連ねる[2]
  • 1930年5月 - 阪谷芳郎宛に畑弥右衛門と合同で「日本観光株式会社設立趣 意書及目論見書」の書簡を送る[3]
  • 1953年4月 - 尾崎行雄、第26回衆議院議員総選挙での落選を契機に政界を引退。
  • 1953年9月 - 堤康次郎宛に「尾崎咢堂うまれ地記念館(尾崎咢堂記念館、神奈川県相模原市)」、「尾崎哭堂生まれ地由来記」の設立趣意書を送る[4]
  • 1954年10月 - 尾崎行雄死去。
  • 1956年 - 堤康次郎宛に軽井沢莫哀山荘(尾崎行雄の別荘)・近藤邸の売却に関する書簡を送る[5]

考察、唐澤貴洋への影響[編集]

広島県沼田郡(後に安佐郡)緑井村(現・広島市安佐南区緑井)に河野唯助の次男(兄・唯一?、弟・一三?)として生まれる。
近衛篤麿らの「アジア主義[注釈 1]」に感銘しアジア各地を日本の勢力下に置きつつ現地の産業を開発・発展(殖産興業)させることで欧米列強の干渉を防ごうと決意したことからか上京(緑井村の河野家三兄弟のうち最初に上京した人物と思われる)し早稲田大学に入学、尾崎行雄の書生となる。
その後、アジア主義の理想を実現するための第一段階として同じく尾崎の秘書である光次の同僚にして生涯を通じての同志であった畑弥右衛門と共に1904年8月、朝鮮・京城龍山地区(現・ソウル特別市龍山区)に渡り土地開発事業を始めるも失敗して1909年に帰国。このとき唐澤貴洋の曾祖父にあたる光次の弟・一三が平田百貨店京城店に就職したのも兄・光次に呼び寄せられたためであると思われ、一三は当時朝鮮龍山水産取締役であった村井啓助の妹・房を娶り、一英が誕生した。

畑弥右衛門は小林一三(阪急東宝グループ創業者)[注釈 2]の都市郊外田園都市構想実現に感化・影響されたことから1915年3月、荏原郡(現・世田谷区、大田区)地主有志らと共に渋沢栄一へ郊外鉄道及び同鉄道路線沿線郊外住宅地の分譲開発事業による荏原郡開発を提案・依頼し、後の東急グループの母体企業となった「田園都市株式会社」起業のきっかけを作った人物であり、弟・一三の妻である房の兄・村井啓助の属していた三協商会の店主・萩原六三郎は荏原郡の大地主であったことからこの件に関わったと見られ、光次も弟・一三と共に田園都市株式会社(東急グループ)に関った[6][7]。一三が「大多摩川愛櫻会」を創立し多摩川河川敷に桜の木を植樹する運動を主導したのは兄・光次の師にしてワシントン・ポトマック河畔に桜の樹を贈呈・植樹したことで知られる尾崎行雄の影響であると思われ、また一三の曾孫にあたる唐澤貴洋が好きな作家の一人として挙げているノンフィクション作家・猪瀬直樹はこの経緯を『土地の神話』という本の題材としており、自身の一族の事を書いているからということで読んだのではないかとする考察がなされている[8]

朝鮮での土地開発事業が失敗に終わった後も、朝鮮半島の農業改良・拓殖事業を目的に田園都市株式会社と同じく渋沢栄一ら実業家の提唱によって設立された「朝鮮興業会社」との関わりからか、アジア主義への熱意は失っていなかったようであり、アメリカ視察において現地の近代的な大規模機械化農業、とりわけ愛知県出身のアメリカ・カリフォルニア移民で現地で株式会社形式による日系移民合同稲作会社を設立し、日本の早稲種種籾を輸入栽培[注釈 3]して今日「カリフォルニア米」として知られる品種を開発・定着させたひとり[9]であり、カリフォルニア米の大規模機械化商業的稲作農業で大成功を収めた生田見壽[10]に影響・感化されたことから朝鮮から満州、北支(華北)にかけての地域にアメリカ式の大規模機械化農業を導入し、現地の農業産業を近代化しつつ大規模農業地帯を開墾・開発する構想を抱いていたほか、旅客鉄道船舶・ホテル宿泊・団体パッケージツアー企画を統括した国内観光旅行代理店事業を展開させる構想を抱いて再び畑弥右衛門と共に「日本観光株式会社」を起業した。

戦後、民主主義の復活と世界平和の確立のために尽力していた尾崎行雄が第26回衆議院議員総選挙(所謂「バカヤロー解散総選挙」)での落選を機に政界を引退すると、「尾崎咢堂うまれ地記念事業委員会」の一員として尾崎行雄生誕地(神奈川県相模原市緑区又野)に彼の顕彰記念館(尾崎咢堂記念館)を設立する運動に関わったと見られ、尾崎の死後にはこの運動に参加していたと見られる西武グループ総帥・堤康次郎への尾崎行雄軽井沢別荘・莫哀山荘売却の仲介を行っていたのが確認されている。

資料・ギャラリー[編集]

『神道我觀』

FfEHtSM.jpg

近衛篤麿宛の書簡

1u9kzzc.jpg
S8ccVo8.jpg

「北支機械農場」-『皇道世界』

RKVFeyX.jpg
Ht9fApg.jpg

咢堂翁との半日

KgEagAs.jpg
VCgxYOm.jpg
9hJMzgz.jpg

「ツーリスト」1930年6月号・1929年12月号

1930年6月号
NyC5Fvj.jpg
JPZl5Uo.jpg
Y1PRROD.jpg
R1LsKGz.jpg
1929年12月号
O8Hn6t1.jpg
W6ocV6l.jpg
GmnBaBN.jpg
KY7a44X.jpg
51GSpnR.jpg
KLZpPcg.jpg
GobATym.jpg
OlrpaNr.jpg
HqeGw84.jpg

尾崎咢堂全集 河野光次宛

6DjV8R7.jpg
9Q5Ko7E.jpg
SZDZWRb.jpg

尾崎咢堂全集

S05BPCf.jpg
VKBqmf7.jpg
AsksH10.jpg
国防論(大阪毎日新聞、1914年)
KETViBq.jpg
9LVOIjj.jpg

週刊新潮, 第46~49 号 週刊新潮掲示板
私の伯父河野光次は、二十年ほど前に没しておりますが、大正の終り頃、尾崎行雄先生の秘書をしておりました。
記憶によりますと、先生のお供でヨーロッパやアメリカを回っていたその頃です。
私を含め、家族の者も伯父に関しての資料を集めておりますので、参考になるものがあると思います。(平塚市河野三郎)
近代名士家系大観 尾崎行雄
養子・たま
明治22、東京、浅見萬吉三女
広島、河野唯助二男、光次に嫁す
尾崎行雄の「莫哀山荘」
尾崎行雄(咢堂)は民主主義確立のために奔走し、軍国主義が一世を支配したときも、平和を唱え、「憲政の父」と言われた人物。
明治2年、日本初の総選挙で衆議院議員になり、明治31年の大隈内閣では39歳の若さで文部大臣を務めている。

夫人のテオドラは日英の混血で、明治20年に来日。明治23年、英国公使夫妻と共に軽井沢へ訪れた。
尾崎夫妻はA.C.ショーとも親交があり、大正3年、英国公使別荘近くに別荘を建て「莫哀山荘」と名づけた。
莫哀とは「哀しみのない」という意味。
軽井沢では、いつも馬に乗って楽しむ家族の姿が見られたという。 
軽井沢と皇室
20年8月20日 貞明皇太后疎開のため大宮御所(二手橋上近藤別荘)に行啓(12月5日御還啓)
片山広子 エッセイ集 二
皇太后様がこの夏終戦ちょっと前から、峠道の近藤邸に御滞在になっていらした。
戦争中は知事さんなぞがお見舞いに出るだけで、まことに静かにしていらしたが、秋になってからは宮内大臣とか東京の貴婦人なぞが御機嫌伺いに見えて、...
369 :無名弁護士:2017/08/29(火) 05:24:58.42 ID:iZBE5A0O0
遅くなりましたを 
まず当職は土地台帳を見るのは初めてなので、わかりづらかったら申し訳ありません。 
閉鎖されていたり閲覧しかできなかったもの、 
区画整理のため閲覧できなかったものもありますのでソースは茶髪ということで許してください。 

http://imgur.com/HGDeaOO.jpg 

①河野光次の旧居 東京府荏原郡馬込村一、三四一番地 
まず河野光次の旧居ですが、大正4年時点では臼田粂五郎なる人の所有であり、その前は畑だったようです。 
大正7年2月に北村金蔵なる人がそこの土地を買い家を建てたようです。 
その後昭和5年8月北村庄太郎(息子と思われる)に相続され、昭和39年からは別の人の所有になっておりました。 
ブルーマップも見せていただきましたが、今は誰も住んでいないようでした。 
隙自になりますがその近くのページに平岡公威(三島由紀夫の本名)もあり、大変興味深かったです。 

②河野一三の旧居 東京府荏原郡田園調布一ノ一 
こちらはどこを指すのかわかりませんでした。一応田園調布1の地名が載っている土地台帳を見せていただきましたが、ファミリーの苗字は無し。 
ただ宝蔵院の所有というのが何ページかにわたってありましたので沼部近辺なことは(間)明白。もっと地名を調べてくればよかったと後悔しています。 

370 :無名弁護士:2017/08/29(火) 05:26:13.80 ID:iZBE5A0O0
③河野一三の旧居 東京府荏原郡入新井新井宿一〇一九 二八八 
ここは閉鎖されていてもう見ることはできないとのことでした。 
今の大森北1丁目でアーケードの中のモスバーガーがあるあたりなんですよね… 

④田園調布サティアン 東京都大田区田園調布本町36-13 
imgurを見ていただきたいのですが、違う個所を取り寄せてしまったような…本当に申し訳ない。もっと詳細な情報を得てからの方がよかったでふね。 

⑤1Aが英代に譲った 東京都大田区南千束1-76-6 
ここが一番パズルのピースが埋まる感じで楽しかったです(小並感) 
スチルチヨコなる人は何者ですかね…妹か何かでしょうか 
印刷したものはないのですが、南千束の土地は木造スレート葺2階建てで床面積は1階65.10㎡ 2階43.58㎡  
昭和58年9月28日新築で昭和58年11月4日登記 抵当権設定は昭和58年12月2日受付 565万円  
住宅金融公庫から貸し付けていますが 昭和60年3月20日弁済済みです。 
藤田波子がこの土地を買ったのは58歳くらいだと思いますが、 
それまではどこにいたんですかね…海外という可能性もありそうです。

著書[編集]

  • 北米行脚便り』自費出版 1920年
  • 『春秋四十年』自費出版 - 猪瀬直樹著『土地の神話』の参照著作

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. 「汎アジア主義」とも呼ばれた日本と他のアジア諸邦の関係や、アジアの在り方についての思想ないし運動の総称であり、頭山満・玄洋社によるアジア各地との平和協調・現地独立運動支援路線から後の「大東亜共栄圏」に発展した日本の優位を前提にアジアの革命勢力を支援して日本を盟主としたアジアの新秩序構築(アジア・モンロー主義あるいは大アジア主義)までの路線が存在した
  2. 後に田園都市株式会社の経営を依頼されている
  3. 従来のサクラメント下流地帯の稲は丈や葉のみが伸びて米が実り難かった

外部リンク[編集]

出典[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - メディア・資料
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤葉子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯助(高祖父) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク - 20代女性 - 米川伸生
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川﨑美奈 - 宇都宮健児 - 原田學植 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 樋口收- 九州の同期
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 矢尾渉 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美 - 三宅令 - スマイリーキクチ‎‎ - 蓬田治都 - 菅野完
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - ネットに「殺す」重い結末日経新聞) - 憲法のいま 公布70年毎日新聞) - ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義山梨日日新聞) - ひと朝日新聞) - 少年と罪中日新聞) - 現代ビジネス
若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策 - インターネットを利用した業務妨害の現状 - インターネット上の誹謗中傷と業務妨害ICHIBEN Bulletin
「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー弁護士ドットコム) - 座談会 インターネット上における権利侵害の問題Law&Practice
玉音放送 グッドモーニングテレビ朝日・第一次) - スーパーニュースフジテレビ・第二次) - TBSニュースバード/NEWS ZEROTBS/日本テレビ・第三次) - ニュースウォッチ9「“爆破予告” 自治体に137件 誰が?」NHK・お気持ち表明)- 所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」NHK) - news every.日本テレビ・第六次) - クローズアップ現代+「突然あなたも被害者に!? “ネットリンチ”の恐怖」NHK
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 六本木高會堂ビル - 麻布警察署 - Singles Bar GREEN)- 恒居(インペリアル東白楽 - 田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院 - トーキョースイーツマフィア
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - NHK尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義 - 小林麻央親戚成りすまし事件
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス
風評被害 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD