炎上依頼

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

炎上依頼(えんじょういらい)とは、個人的に恨みのある相手を、他人の手を使って炎上させようとすること。ここでは恒心教徒を利用しようとする炎上依頼について述べる。

概要[編集]

2014年、恒心教徒のいたずらから始まった片平騒動嫌儲板などに飛び火、大騒動となる。その時、当時よく知られていなかった恒心教を「炎上屋」であるなどという言説が心ある方々などの一部で広まり、恒心と無関係な人物の炎上を依頼・誘導するような書き込みをするものたちが連日カラザイル掲示板などに襲来、嫌気がさした恒心教徒は閉鎖主義路線に向かうこととなる。

カラザイル閉鎖後は閉鎖主義やメインカラケー連続ポア、恒心不足による勢い低下により沈静化に向かったが、2015年にはTwitter第14回MMD杯などで大暴れしたこともあって再び恒心=炎上屋という認識が広まり、炎上依頼を目的に恒心教徒をやっている(としか思えない)臭芋の大量発生が起き、炎上依頼をしたということでその臭芋が炎上するという逆転現象も多発。また、炎上依頼から一歩進んで、恒心教を恒久的に炎上装置として利用しようという行為も見られるようになった。

度重なる炎上、特定騒動に疲弊した教徒の間で、この話題は炎上依頼行為であるか否か、布教になるからという理由で燃やしまくることは良いのか悪いのかなどということが議論となり、内部対立が深刻化。2016年は炎上依頼による余計な紛争を避けるため、ハセカラ両名を軸とした原理主義が広まった。また荒れそうな話題を外部のカラケーに隔離する、智津ることにより炎上依頼っぽい流れを押し流すなどの対処法が生み出された。

炎上依頼とされるもの・されないもの[編集]

  • 外伝主人公路線はハセカラ両名とあまり関係ないという意味で炎上依頼と近く、よく一緒に批判されることが多い[1]。炎上依頼と外伝の違いは、自分から恒心に関わってきたか否かである、とすることが多い。
  • 飴戦争第14回MMD杯なども炎上依頼に近いところがあるが、これらは創始期には対決を意図しておらず、(誘導があった可能性はあるが)路線開拓の中で飴民やMMD杯運営に対する対決の構図が形成されたのに対し、炎上依頼の場合は最初から対決ありきである点が異なるといえる。
  • カラッキング爆破予告は悪ふざけの傾向が強く、対象はガチ犯罪の被害者という扱いになるため馬鹿にされることはあってもヘイトが向かいにくく、炎上依頼とされることは少ない(炎上しない)。
  • 政治関係者への攻撃の提案は、私怨を晴らすためや自身の政治的正しさを示すために恒心教を利用しているとされ、内外に大きな敵を作る可能性もあることから問答無用で炎上依頼とされることが多い。

方法[編集]

何とは言わんがいずれも実際に起きた事例である。

  • 雑談スレなどに炎上対象を晒しあげ、話題にして炎上を誘導する。初期からあるスタイル。
  • ヘイトを稼げば布教になるという口実で、ニッセ路線などで恒心を盾にして炎上対象を煽りまくる。
    • 何かにつけて無理矢理恒心と関係あることにしたり、贔屓コンテンツや贔屓球団、政治、学歴のような対立煽り要素を含むと恒心教徒がひっかかりやすい。うまくいくと恒心教VS炎上対象という構図が形成され対立が恒常化する。
  • 釣り画像をつくって炎上対象が恒心を馬鹿にしたなどというデマを流す。

註釈[編集]

  1. 前述の原理主義化の過程で外伝主人公路線も批判された経緯がある

関連項目[編集]

  • ウツケー - ゆ虐絵師への炎上依頼が原因でアサケーからの移住が行われた。