2016年2月15日 ライセンスがクリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 4.0 国際から表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際に移行しました(詳細)。

2016年12月3日 不穏な動きを察知したため、非公開のIPアドレスログをすべて削除しました。

犯行予告

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

犯行予告(はんこうよこく)ないし犯罪予告(はんざいよこく)とは、何らかの犯罪を予告することであり、日本国の刑法においては犯罪とされている。

ここでは恒心教と特に関連の深い殺害予告及び爆破予告を中心に解説する。

概要

いつ、どこで、誰を殺す、あるいはどこどこを爆破するといった内容の予告を行うと、日本国内では犯罪として刑法で裁かれる。 基本的に、

となる。いずれも恒心教にとって身近な事象であるため留意されたい。

このことから、基本的に犯行予告した場合、国営セコムによってIPを開示され、警察のお世話になるため絶対にしてはならない。 ただしTorを用いた犯行予告を行った場合、国営セコムも無力であり、仮に誰かわかったとしても別件逮捕せざるを得ない[1]

殺害予告

いわゆる神聖六文字を唱えることはまさしく殺害予告の例である。

基本的に、「不可能な方法で殺害を予告した」場合や「殺害予告ではないが意図的に誤読させる」場合でも罪に問われる。一方で、恒心教においては唐澤貴洋への殺害予告回数が多いことやその特定に手間がかかることによって予告しても捕まらないことも多いためにチキンレーサーが大量発生し、カラコロくじと揶揄されるまでになってしまっているのも事実である。

有名な殺害予告を行った人物として、

などが挙げられる。

爆破予告

殺害予告と異なり、仮に嘘であっても対応しなければならないためより布教に繋がるとして一部の教徒によって実行されている路線である。

安藤良太(ださいたま)によって行われた同時爆破予告事件はその後多数の模倣犯を生み出し[2]、非常に深刻となっている。

一方で影響の大きさゆえ、小さい場合でも必ず国営セコムがすっ飛んでくるため、「Tor」を使用していない爆破予告に関して、国営セコムが補導に訪れた例もある。

出典・註釈

  1. 例として、ださいたまはマスメディアの取材で自身が爆破予告を行ったことを供述しているが、「ピュア虎ノ門の住居表示板を盗んだ容疑」で逮捕されている。
  2. 当時から模倣犯がいた可能性も指摘されている。

関連項目