矢尾渉

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
矢尾渉
尊顔未開示
基本資料
本名 矢尾渉
別名・渾名 リアルヤーマン
生年月日・年齢 58歳、1960年9月16日生まれ
出生地 東京都wp
才能 有能
騒動との関連 唐澤貴洋の発信者情報開示請求を複数回棄却
職業 裁判官
最終学歴 東京大学
関係者

矢尾 渉(やお わたる、Yao Wataru、1960年9月16日[1] - )とは、日本の裁判官である。福岡高等裁判所部総括判事、元東京地方裁判所判事。

パカ弁の天敵であり、東京地裁判事時代に唐澤貴洋を代理人とする発信者情報開示請求を複数回棄却している。

経歴[編集]

  • 東京都出身、東京大学卒業[2]
  • 司法修習37期
  • 東京地裁、横浜地裁、名古屋地裁、札幌地裁、最高裁(調査官)、東京高裁等で勤務
  • 2007年 - 東京地裁部総括判事
  • 2009年 - 大阪地裁部総括判事
  • 2012年 - 東京地裁部総括判事
  • 2015年 - 那覇家裁所長
  • 2017年 - 那覇地裁所長[3]
  • 2018年 - 福岡高裁部総括判事[4]

過去に関わった事件[編集]

通常、発信者情報開示請求事件は原告が勝って当たり前の裁判である(それ故、素人が本人訴訟でプロバイダに完全勝利という判例も多数存在する。)。唐澤貴洋もこの手の裁判は連戦連勝(のはず)である。しかし、矢尾裁判官はプロバイダ責任制限法の趣旨を重視する立場からパカ弁達の安易な請求に対して都度慎重な判断を行い、唐澤に対しても少なくとも2回、敗訴を言い渡している。

東京地裁民事第25部平成27年4月21日判決[編集]

平成26年(ワ)第30135号(LEX/DB25525703)。原告である東芝元社員ことZ1が「〔Z1は〕ブラック企業の手先」「ブラックを暴露してる人をZ1が会社に通報する」「Z1がここで他のブラック被害者」[5]などと掲示板に書かれたことが原告が違法な企業によって利用されていると誤信させ、投稿によって原告の権利(名誉権)が侵害されたとして、不法行為に基づく損害賠償請求を行うために発信者情報の開示を求めた裁判。唐澤は原田學植を復代理人として訴訟を委任した。

矢尾裁判官はプロバイダ責任法の趣旨を次のとおり示した。

「プロバイダ責任法は,4条1項において,特定電気通信による情報の流通によって自己の権利を侵害されたとする者は,侵害情報の流通によって自己の権利が侵害されたことが明らかであるなど同項各号所定の要件のいずれにも該当するときに限り,特定電気通信役務提供者に対し,その発信者情報の開示を請求することができる旨を規定しているところ,これは,発信者情報が,発信者のプライバシー,表現の自由,通信の秘密にかかわる情報であり,正当な理由がない限り第三者に開示されるべきものではなく,また,これがいったん開示されると開示前の状態への回復は不可能となることから,発信者情報の開示請求につき,侵害情報の流通による開示請求者の権利侵害が明白であることなどの厳格な要件を定めたものと解される。

これを別の観点から説明すると,プロバイダ責任法4条1項1号が「侵害情報の流通によって当該開示の請求をする者の権利が侵害されたとき。」と定めずに「侵害情報の流通によって当該開示の請求をする者の権利が侵害されたことが明らかであるとき。」と定めているのは,特定電気通信役務提供者は,情報の発信者とは異なり,情報の真の意味内容,発信者の意図や情報発信に至る背景・経緯などを知らないのが通常であることから,侵害情報が開示請求者の権利を侵害しないことについての主張立証を情報の発信者と同程度に行う能力を有しないこと,したがって,開示請求者に通常よりも高度の立証責任を負わせるのでなければ,プライバシーなどの情報の発信者の正当な利益を保護することができないことを考慮し,社会的評価の低下などの権利侵害の発生の要件事実について通常よりも高度の確実性を有する立証の負担(単なる証拠の優越では足りない。)を開示請求者に課するとともに,違法性阻却事由が存在する可能性が乏しいことの証明も開示請求者に課する趣旨であると解される。」

そして本件について下記の通り判示し、原告の訴えを退けた。

「仮に本件各投稿が原告に関するものであるとしても,一般の閲覧者の通常の注意と読み方を基準とした場合,本件各投稿の内容は,そもそもその趣旨が不明である上,投稿内容中の「ブラック企業」ないし「ブラック」の文言は,それが特定の会社や企業を指して批判ないし誹謗するものと解することはできず,単なる揶揄ないし罵詈雑言の類にすぎないというべきであって,それが違法な行為を行っている会社や企業を意味するものと解することはできない。」

「本件各投稿は,原告が「ブラック企業」に利用されていることについて,何ら具体的な事情や根拠の記載がないから,原告が違法な行為を行っている企業によって利用されているとの印象を与えるものであることが明らかであるとはいえない。」

「本件各投稿は,原告の社会的評価を低下させることが明らかであるとはいえず,それによって原告の権利が侵害されたことが明らかであるとはいえない」

東京地裁民事第25部平成27年6月30日判決[編集]

平成27年(ワ)第1872号(WestlawJapan2015WLJPCA06308020)。原告は山形県酒田市のクリーニング業を営む法人。原告について、2ちゃんねる掲示板に何者かにより「ブラック企業大賞実行委員会にノミネートお願いしようよ」との記載が投稿されたため、原告はこの投稿によって名誉権が侵害されたとして、不法行為に基づく損害賠償請求を行うために発信者情報の開示を求めて提訴した。

矢尾裁判官は本件も法の趣旨と事実関係に基づき原告の請求を一蹴した。法の趣旨については平成26年(ワ)第30135号と一言一句同じ(コピペ)。判示は下記の通り(上のコピペっぽいけど)。

「仮に本件投稿が原告に関するものであるとしても,一般の閲覧者の通常の注意と読み方を基準とした場合,本件投稿の内容は,そもそもその趣旨が不明である上,投稿内容中の「ブラック企業」の文言は,原告について原告主張のような事実を摘示するものと解することはできず,単なる揶揄ないし罵詈雑言の類にすぎないというべきである。」

「本件投稿は,原告の社会的評価を低下させることが明らかであるとはいえず,それによって原告の権利が侵害されたことが明らかであるとはいえない」

その他[編集]

  • 東京地方裁判所平成27年4月7日判決(LEX/DB25525699)では、西川口の風俗店(個室付浴場と思われる)の元従業員である原告の源氏名による誹謗中傷について「投稿に原告の氏名が記載されていない」「源氏名に該当する者が原告以外にいないと閲覧者が理解するとは限らない」として発信者情報の開示請求をすべて棄却。
  • 東京地方裁判所平成27年5月26日判決(LEX/DB25530223)では、風俗店の元従業員である原告の勤務先上場企業等と思われる固有名詞を摘示した投稿について「原告を対象とするものであると理解することが明らかであるとはいえない」として発信者情報の開示請求を退ける一方で、風俗店のサービスに礼を述べる体裁で原告の本名を摘示した投稿についてはプライバシーの侵害を認めて開示請求を認容した。
  • 現在、Google検索で「矢尾渉裁判官」と検索すると当ページが上位表示される。Yahoo!も同様である。矢尾渉裁判官で検索した結果である。

注釈[編集]

  1. 裁判所|那覇家庭裁判所長(魚拓)
  2. 『全裁判官経歴総覧 第4版』公人社。
  3. 記事魚拓
  4. 新日本法規出版株式会社 4月17日付最高裁人事(魚拓)
  5. これらのスレッドとレスの詳細な内容は判決書の別紙情報目録に記載されているが、DBではその記載が省略されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - メディア・資料
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平) - 法律事務所Steadiness
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤葉子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯助(高祖父) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク - 20代女性 - 米川伸生
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川﨑美奈 - 宇都宮健児 - 原田學植 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 樋口收 - 九州の同期
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 矢尾渉 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美 - 三宅令 - スマイリーキクチ‎‎ - 4Kガイジ - 菅野完
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - ネットに「殺す」重い結末日経新聞) - 憲法のいま 公布70年毎日新聞) - ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義山梨日日新聞) - ひと朝日新聞) - 少年と罪中日新聞) - 現代ビジネス
若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策 - インターネットを利用した業務妨害の現状 - インターネット上の誹謗中傷と業務妨害ICHIBEN Bulletin
「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー弁護士ドットコム) - 座談会 インターネット上における権利侵害の問題Law&Practice) - 炎上弁護士
玉音放送 グッドモーニングテレビ朝日・第一次) - スーパーニュースフジテレビ・第二次) - TBSニュースバード/NEWS ZEROTBS/日本テレビ・第三次) - ニュースウォッチ9「“爆破予告” 自治体に137件 誰が?」NHK・第四次・お気持ち表明)- 所さん!大変ですよ「○○で自宅バレ!?アイドルを襲った恐怖」NHK・第五次) - news every.日本テレビ・第六次) - クローズアップ現代+「突然あなたも被害者に!? “ネットリンチ”の恐怖」NHK・第七次)- 唐澤貴洋深夜のツイキャス登場事件 (第八次) - news every. (日本テレビ・第九次) - ひろゆきvs唐澤弁護士! 壮絶な誹謗中傷は2ちゃんが生んだ脅威? (第十次) - バラいろダンディ 殺害予告世界2位!?唐澤弁護士登場!武井壮&倉田真由美&勝間! (TOKYO MX・第十一次)
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 六本木高會堂ビル - 麻布警察署 - Singles Bar GREEN) - 三田綱町デュープレックスR's - 恒居(インペリアル東白楽 - 田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院 - トーキョースイーツマフィア
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 7年前開示 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義 - カラケー攻撃 -小林麻央親戚成りすまし事件
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス
風評被害 佐野哲史 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD