第17回MMD杯

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

第17回MMD杯(だいじゅうななかいえむえむでぃーはい)とは、ニコニコ動画で2016年7月から9月にかけて行われる、フリーソフト「MikuMikuDance」(およびその派生ソフト)を使用した動画のマイリスト登録数を競う大会である。複数のテーマ内から参加者が好きなものを1つ選び、それに基づいて作った動画を予選(予告版)と 本選(完成版)の2回のラウンドで所定期間内に一斉に公開し合い、マイリスト登録数により算出する獲得ポイントを競い合うルールにより行われる。

概要[編集]

もはや案の定であったが、ルール変更や工作対策は一切行われないままでの開催となった。

大会の流れ[編集]

  • 日程
予選 7/15(金)21:00~7/18(月)21:00
予選投票 7/15(金)21:00~7/25(月)21:00
本選 8/12(金)21:00~8/15(月)21:00
本選投票 8/12(金)21:00~8/29(月)21:00
閉会式 9/4(日)21:00~
  • 規模
予選動画数(前回比) 363(-23)
うち尊師MMD 21(-5,前回から除外・遅刻除くと+1)
本選動画数 569(-23)
うち尊師MMD 32(正式には26)(±0,正式には-2)
受賞尊師MMD数 2(-1)

予選[編集]

予選ではひまわり学級が前回予選に投稿するも本選に間に合わなかった「やさしいせかい」のリベンジ版や、なんJのやきう民・原住民ネタが多くの再生数を得た。特に予選動画の派生「お茶」はゴロゴロウやTea-Cupを痛烈に皮肉っており、20万再生を突破した。

杯全体では再生回数の勢いが前回と比較して大きく勢いを落とした他、投稿数についても363本と、大幅減少した前回(386本)をさらに下回った。これは第7回(352本)と同程度の水準であり、ピークであった尊師参戦前の600本前後(第11回の648本が最多)からは目も当てられない惨状である。8年の歴史を持ち右肩上がりの勢いだった大会が、この1年で4年半前の規模に逆戻りしてしまった。

予選 参加動画[編集]

【theme:定理】

【theme:NOT】

【theme:俳句】

【theme:星】

【theme:壁】

【theme:も】

【theme:フラグ】

その他

本選[編集]

Pioneerによるゴロゴロウ罵倒動画連投

予選動画で、他のテーマが60本前後あるのに対し「俳句」テーマが16本しかなかったため、テーマなんて二の次である無敵の尊師MMDが俳句テーマに大量に動画を投入してきた。結果、全俳句テーマ36作品中7本が尊師という占有率となった。前回過去最低だった動画投稿数はさらに減少し、ゴロゴロウ叩きも苛烈になった。

渦中のゴロゴロウも動画を投稿するが、教徒によりコメント・タグ・ニコニコ市場を焼け野原にされたうえ、動画で自演コメントをしている疑惑も浮上[1]。さらに教徒から自身の投稿動画にマイリス工作を行われる始末であった[2]

尊師MMD全体としては、同時期に流行していた替え歌路線パカソンPVなどが多く見られた。予選で注目を特に集めた「やさしいせかい」などは最終日の投稿期間終了間際まで現れなかったものの、「ラジオ・アクティビティ」など予選にはなかった作品のセンスの高さが話題となった。ゴロゴロウ叩き作品も直球で決まるものが多く、ビームマンPのエフェクトも相変わらず大活躍であった。最終日の「80's」の卓越したセンス、「東方のかわいい」のタイムリー性、そして満を持して公開された「やさしいせかい」のクオリティーなど、通算4回目を迎える尊師MMDの技術力の高さがうかがい知れる。

また、投稿期限を過ぎるのを待ってからゴロゴロウ森園祐一を揶揄した動画を投稿する動きも複数見られた。これは、投稿期限に遅れた作品を全て「遅刻組」と称してMMD杯の閉会式で公開するという慣習を逆手に取った、意図的なものである。特にPioneerゴロゴロウを名指しで罵倒した短編動画を量産し、投稿締め切り直後に十数本同時に公開するという過激な攻撃を行ったが、その荒らしスレスレの手法から、投稿時には一時、ごく一部の教徒から批判を受けた。また彼の「これらの動画だけを除外すると批判封じとゴロゴロウが責められるのでどっちにしろ効果がある」という読みに対しては「流石にそんなに上手くはいかない」「そうなったとしてもヘイトは教徒に集まる」と反論された[3][4]。しかし運営はPioneerの読み通り、一部の教徒の予想を上回る、後述の対応をとってしまうこととなる。

本選動画[編集]

【theme:定理】

【theme:NOT】

【theme:俳句】

【theme:星】

【theme:壁】

【theme:も】

【theme:フラグ】

本選結果[編集]

  • テーマ「壁」 竹(テーマ別2位)「恐怖賞」 やさしいせかい(ひまわり学級
  • テーマ「定理」 竹(テーマ別2位)「懐かし賞」 Acceptable In The 80's(法廷脱糞ニキ)

上記2作品が受賞した。

やさしいせかいは期間途中まで全体2位を独走していたものの、終盤でマイリストの逆工作が行われ順位が急降下することとなった。しかし、工作によるマイリストのすべてを失ってもなおテーマ2位にとどまる結果となった。また、運営によって与えられた賞の名前は例によって明らかに手抜きなものだった。

更なる杯の衰退[編集]

ニコニコ生放送で毎回行われている閉会式ではこのようなデータが出ている。

大会 閉会式来場者数 閉会式コメント数
14 19147 27376
15 6629 20811
16 3539 3419
17 1406 3708

投稿数以上に急速な落ち込み具合であり、17回に至ってはミラー放送が組まれなかったほどである。

ところで閉会式での遅刻組作品の放送であるが、ゴロゴロウら運営は遅刻組の放送自体を一切行わないという手段に出た。教徒による批判動画は勿論、非教徒による悪意の無い作品も放送されなかったため、突然の巻き添えとなってしまった。事前の教徒による懸念・反発とは裏腹に、各地のMMD杯の非教徒スレではこの事態に対し運営叩きに大荒れとなる。

特に大会終了後にMMD杯運営の内部情報を集める動きが恒心内にあり、閉会式での遅刻組への対応は杯運営が出したヒットマークであると、この動画連投は評価された。しかしあくまでも一般投稿者には罪はないうえ、その判断すら運営がつけられない危険が露呈したために、今後の遅刻組などの別枠を突いた路線には慎重論が予想される。

選考委員の尊師MMD評価[編集]

本戦投票期間中である8月22日に選考委員の一人である大田区議員おぎの稔氏がTwitterで名差しではないがやさしいせかいを評価していたことを教徒が発見[5]、15回の飯田和敏氏以来の尊師MMDに対する選考委員の評価に教徒は絶賛した。

この事を受け、閉会式でも尊師MMDを表彰するのでは言われたが残念ながら実際に表彰したのは尊師MMDではなく[6]、コメントでも特に取り上げることは無かった。

尊師MMDアンチ特定騒動[編集]

またこのおぎの氏の絶賛ツイートのきっかけはある尊師MMDアンチが直接おぎの氏に尊師MMDへのネガキャンリプライした事がきっかけがある[7]、だが彼は政治家ある為、特定ジャンル批判する(出来る)訳がなく逆に上記のように評価ツイートを書いた模様、更にそのアンチは以前から尊師MMDや教徒らに対して強烈なアンチ発言していた事や先手打ってTwitter教徒をブロック[8]し挑発発言もした[9]為、特定活動も始まるほどであった。

しかし自分語りが少なかったため特定は出来ず、他にあまり香ばしい要素も無かった事から早くから下火となって難は逃れた。

余談であるが彼は教徒に対して人権侵害と批判しているのにも関わらず、人権侵害やらかした団体に参加しているというブーメラン行為もしリプライしたおぎの氏には皮肉まで言われた模様。

小物綜合スレ

63 名前::がん患者さん[] 投稿日:2016/08/22(月) 15:31:29.52 ID:QHgjmXKV0 [3/3]
     面白いネタ見つけたわ
     本人のツイッタープロフィール( https://twitter.com/huzukimaru5050 )によると
     文月丸は「AFEE エンターテイメント表現の自由の会」なる団体に参加しているわけやな
     表現の自由を謳う団体に所属しながら気に入らんジャンルを排斥しとるってだけで倫理観ガバガバやけど
     実はこのAFEE、実在の人物への人権侵害問題を起こしとるっぽい
     誰とは言わんが声優のAV出演疑惑をネタにしたみたいや、しかもかなりエグいやり方で

     https://twitter.com/YuukiNijino/status/765867388281589760
     https://twitter.com/ogino_otaku/status/767031293997703168
     https://twitter.com/ogino_otaku/status/767035634892451840

     これを踏まえると、おぎの稔の下記発言
     「不謹慎ではありますが普段から人権、権利擁護を語っている方々がやらかしてしまうのとはまた違うお話ですね。」
     はこのAFEEの問題に言及しとることがわかる
     つまり実在人物への人権侵害問題を起こした団体に所属しときながら
     特定人物への揶揄を理由に尊師MMD排斥を企む誰かへの皮肉ってわけやな

関連項目[編集]

出典・註釈[編集]

  1. 証拠ツイート 魚拓
  2. 杯運営メンバーは杯運営特別賞の受賞資格を失うが、マイリスト数によって決定される賞は受賞出来る
  3. Twitter 魚拓
  4. Twitter 魚拓
  5. http://archive.is/kwMuW
  6. 一応「やさしいせかいは既に評価したので表彰はしないだろう」とは予測はされていたが
  7. http://archive.is/g6Ubk
  8. http://archive.is/blgST、http://archive.is/LeX8s
  9. http://archive.is/iB8uE

外部リンク[編集]

MMD杯
MMD杯 第14回MMD杯 - 第15回MMD杯 - 第16回MMD杯 - 第17回MMD杯 - 第18回MMD杯 - 第19回MMD杯 - 第20回以降のMMD杯
運営 ゴロゴロウ - ワルプルギスの小夜 - ビームマンP - Jupiter - 三河屋工房 - まかろん
参加者・関係者 涼子P(杯支援者) - Altail - すっしーP - ネスカフェ - 大犯罪者デグニキ - おまんこが壊れるわ - けんまP - くど芋 - ネス力フェ(チカラフェ)
外野・関連項目 尊師MMDカテゴリ:MikuMikuDance - BowlRoll) - ダブルぬるぽ - 小関直哉(オメガ) - niconico - ニコニコ大百科 - 例のアレ - 原住民一覧
参加尊師MMD作品 一般男性脱糞シリーズ - 声なき声に力を。 - 悪魔 - ME!ME!ME! - 生まれる - 殺人鬼弁護士 - やさしいせかい - 暴れん坊会計士