腐ったピラフ

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
バラいろダンディ(20181202) 唐澤貴洋 ポストにピラフ.jpg

腐ったピラフ(くさったぴらふ)とは、法律事務所クロスのポストにぶちこまれたものである。

概要[編集]

平成28年 刑(わ)第1359号」裁判で明らかにされた事実の一つ。安藤良太ピュア虎ノ門入居時代の法律事務所クロスけんました際(2015年)に、法律事務所クロスのポストに腐ったピラフを投入したという出来事を開示した。

唐澤貴洋は、この「ポストにピラフを入れられた」を自身が受けた被害の持ちネタとしており、テレビ等に出演した際、自身が受けた被害例「ポストに生ごみを入れられた」としてこの話題を出している。(AbemaPrimeバラいろダンディ等)

初出[編集]

平成28年 刑(わ)第1359号の2016年9月23日公判で、この出来事が初開示された。ただ、この時はまだそのピラフが「腐った物であった事」等は明かされていなかった。

後に(2018年12月)、少年院に服役中の安藤良太と文通を行っていた教徒が面会に行った際、この話について聞いた所、

(AbemaPrimeで)「唐澤は生ごみを入れられたと言っていたけど」

安藤良太「あれは、腐ったのを入れたので生ごみで合っている」

と証言した。

関連項目[編集]