全身唐澤貴洋

提供: 唐澤貴洋Wiki
頭唐澤貴洋から転送)
移動先: 案内検索

全身唐澤貴洋(ぜんしんからさわたかひろ)とは、先天性の疾患群。特に、全身唐澤貴洋に伴う精神症状を指して頭唐澤貴洋とも呼ばれる。現在、有効な治療法は存在しない。

概要[編集]

有病率は約75億人に1人と考えられ、他の先天性疾患と比較しても非常に稀な疾患といえる。

その原因には不明な点が多いが、遺伝要因だけでなく環境要因の影響も半分ほどあるというのが有力説である。特に、本人の能力と生まれた家系に著しい乖離があった場合に出現しやすいとされる。

恒心教徒においては侮辱としての意味合いを持っているが、馬鹿や死ね等といった大抵の侮辱語より遥かに重く、「冗談でも言っていいことと悪いことがある」[1]、「アラブ人の前でコーラン燃やすくらいやってはいけないレベル」[2]、「相手を人間だと思ってたらそんなこと言えないはず」[3]等みだりに使うべき言葉ではないとされている。そのため、その言葉を言う事により非難を受ける事も覚悟しなければならない。
現在は、教徒が何か失敗をした際に「当職 無能 頭唐澤」などと書き込んで反省の意を示す際によく使われる。
類義語として、見間違いをした時に使われる「眼球麻原」、変換間違いをした時に使われる「変換能力高橋」、頭唐澤とは逆に有能である人物に使われる「頭嵯峨山」や「頭JEX」がある。

著名な人物[編集]

唐澤貴洋
弁護士[要出典]唐澤貴洋[誰?]は、自身の公式サイト上で全身唐澤貴洋であることを表明しており、現存する人類の中では唯一の全身唐澤貴洋であった。
藤原太一
人類第二の全身唐澤貴洋が確認された人物。

註釈[編集]

関連項目[編集]