ケレセウェチェケヒル

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

ケレセウェチェケヒル(けれせうぇちぇけひる)とは、唐澤貴洋のあだ名である。

概要[編集]

唐澤貴洋を英語風に読んだもの。 小馬鹿にした感じもする。

コピペ[編集]

前13世紀頃  ドーリア人を率いギリシャに侵入 暗黒時代を招く
0年前後     キリストに自らの不死の秘密を教え復活に貢献 キリスト教成立の影の立役者
4世紀      ゲルマン人を率いローマ帝国領を圧迫 結果西ローマ帝国滅亡の遠因を作る
7世紀頃     ムハンマドと邂逅。ジュニアアイドル崇拝を否定されて激怒し以降、反イスラムの道を志す
11世紀頃    ウルバヌス2世をそそのかし十字軍を組織させイスラム圏侵略を試みる。以後の十字軍は全てケレセウェの主導。
13世紀頃    フビライ=ハンに取り入り元寇を計画。さらに東アジアからイスラム国家への攻勢を強める。
18世紀頃    ルイ16世に取り入り酒池肉林の限りを尽くす。フランス革命時には逃亡し、以後日本へ渡る。
現在       五反田で通名を名乗り弁護士を営む傍ら、イスラム圏への復讐を企て核を集める。

ケレセウェ=チェケヒルについては3000年以上にわたり各国の歴史上に記述があり、今も学者たちの論議の的である。
その一貫した不死性・反イスラムの思想から一種の神格化を受けた存在なのではないかという所見が大勢を占めている。 

関連項目[編集]