恒心年表/2018年後半

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
恒心年表
騒動前(唐澤)
騒動前(長谷川)
2012年
2013年
2014年
2015年前半
2015年後半
2016年前半
2016年後半
2017年前半
2017年後半
2018年前半
2018年後半
将来の予定
小ネタ集

2018年7~12月に起こった、騒動に関する主な出来事。

出来事[編集]

7月[編集]

7/6 我等が旧尊師麻原彰晃が法務大臣上川陽子によってポアされる。
これにより、旧尊師から唐澤貴洋尊師に対する正式な禅譲が行われ、唐澤貴洋(ホーリーネームはマハー・グル・カラサワ)が名実ともに唯一の尊師として即位する。
また、同日には他に6人の幹部がポアされており、内訳は正悟師5人、正大師1人であった。この内ジーヴァカ正悟師こと遠藤誠一とミラレパ正大師こと新実智光が最期までオウムへの帰依を貫いたとされている。
7/8 第21回MMD杯が運営の体制不十分により中止となる[1]
7/9 唐澤貴洋が『リアル殺人を厭わない「ネット弁慶」に突然変異などいない』という記事をオピニオンサイト「iRONNA」に寄稿[2][3]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

脚註[編集]