注意 所さん!大変ですよ」を視聴してこのページにアクセスした方へ


唐澤貴洋弁護士の炎上について簡単に知りたい方は、解説セクションをご覧ください。
また、恒心史では、なぜ唐澤弁護士がこれほどまでに炎上しているのかをストーリー形式でわかりやすく知ることができます。


DEGITAL-TATOO

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

DEGITAL-TATOO(デジタルタトゥー)とは、唐澤貴洋がかつて取得したドメイン名である。

概要

2015年3月8日の夜中、唐澤貴洋は3つのJPドメイン名を取得した[1]

  • いじめ撲滅.JP
  • DEGITAL-TATOO.JP
  • デジタルタトゥー.JP

DIGITALのスペルを間違えていることがよく指摘されるがTATTOOのスペルも誤っている。 また、正しいスペルのJPドメイン名は当時取得されておらず、なぜ誤ったスペルのドメイン名だけ取得したのかは不明である。

失効

ドメイン登録日から1年を過ぎた2016年4月1日、DEGITAL-TATOO.JPだけが有効期限の恒心がされずにSuspended(停止)の状態となっていることが確認される。1ヶ月後の5月1日にはWhoisデータベースからも削除され、誰でもそのドメイン名を再取得することが可能となった。

なお、唐澤貴洋名義で登録されているJPドメイン名は2016年3月時点で19個存在していたが、ドメイン名の失効が確認されたケースは今回が初である。

本来の意味

デジタルタトゥー(digital tattoo)とは、インターネット上で公開された情報を消すことが難しいことを刺青(タトゥー)に喩えた言葉である。

脚注

  1. Whois JPRSの登録者名検索から確認できる。

関連項目