2016年2月15日 ライセンスがクリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 4.0 国際から表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際に移行しました(詳細)。

2017年5月20日 メインケーは法律事務所クロスについて語る掲示板

DIOジャパン

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
DIOジャパン
DIOジャパン
ロゴマーク
基本資料
名称 DIOジャパン
設立年 2000年
所在地 東京都中央区銀座6-2-1daiwa銀座ビル8階
騒動との関連 倒産後の事後処理に唐澤貴洋が参画
関係者

DIOジャパン(でぃおじゃぱん)とは、コールセンターの受託運営・設置・人材育成を行う中堅のテレマーケティング会社である。唐澤貴洋山本祥平が倒産後の事後処理を担当した。"DIO"は「どこでも・いつでも・お電話ください」のローマ字の頭文字に由来する。

概要[編集]

唐澤貴洋の名が掲載された報告書[1]
尊師らしき男

東京都中央区銀座の本社のほか、松山、志摩に加え、東北をはじめ全国にコールセンターを設立・運営していた。

東日本大震災や、大企業のリストラに伴う国の雇用創出事業を活用して、被災地を中心にコールセンターを開設していたが、その後見通しの甘さから経営悪化に陥り、コールセンターを相次いで閉鎖したほか、従業員の雇い止めや、さらには給料の未払いが発覚した。2014年7月31日には、本社機能のある東京や、登記上の本社のある松山の事務所を閉鎖した。事後処理を弁護士に一任し、法的整理を含め検討を始めるとしていた。同年11月12日には、自主再建を断念。東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理されたと発表した。グループ全体の負債総額は10億円程度となる見通しである。

しかし同年12月19日、東京地裁は民事再生法の適用申請を棄却。財産の保全管理命令を出したことが明らかとなった。今後は2015年明けを目処に、職権による破産手続き開始決定へ移行する公算が大きいと報じられ、2015年1月5日、同地裁は破産手続きの開始を決定した。厚生労働省は、雇用確保のための国の基金から4億円を不正に使っていたとの調査結果を発表した。破産したため返還の見通しが立たないとのこと[2]

唐澤貴洋との関係[編集]

2014年7月31日に東日本大震災の被災地などでコールセンターを運営する株式会社DIOジャパンが突然業務を休止していることが各メディアで報じられた。

同社は東日本大震災等の雇用創出事業を活用して被災地を中心にコールセンターを開設しており、国や自治体の支援を受けたにも関わらず給与未払いや施設閉鎖が相次ぎ、また次々と設立した子会社を利用して助成金を不当に受け取っている疑惑が取り沙汰され、事態重く見た厚生労働省が各自治体に依頼した調査結果が公表された最中のことであった。その報告によると同社が受けた助成金の総額は42億8600万円にのぼっており(もちろん全て国民の税金である)、かたや給料未払い総額は7320万円に達していた。

業務を停止した同社はその事後処理を弁護士に一任したことを発表したのだが、その弁護士の中に唐澤貴洋の名前があった[3]

8月13日、DIO社は従業員に対し、<退職後は原則として1年間は、就業していた事業所の所在する県内において、同業他社への就職、役員の就任、ならびに同業の自営をしてはならない>との誓約書の提出を求めた。8月22日付の日刊ゲンダイは、こうした競業禁止規定は特殊な技術職などに設けられるもので、雇用創出事業であることを考えれば違和感を覚えるという、企業法務に詳しい弁護士のコメントを伝えているが、DIO社の代理人弁護士は「コールセンターでも研修を行っていて、特殊な技術職といえます。法的な問題はない」と説明している。

なんJ民の間では「人が人に優しい社会をつくりたい、と言いつつ悪徳企業の片棒を担ぐような真似をしてやっていることが正反対だ」などと弁護士としてのモラルを問う批判が噴出した。一方で「単に倒産後の債権整理等の事後処理に携わっただけに過ぎず、同企業の詐欺行為に加担した訳ではない」とする見方もある。

DIO尊師[編集]

DIOジャパン社長の本門のり子の隣に立っている顔にモザイクをかけられた男の写真が報道され、唐澤貴洋と同じ小太りであるため唐澤本人ではないかと言われているが、真相は不明である。

山本祥平のクロス入所[編集]

2016年3月11日、唐澤貴洋とともにDIO社の事後処理を担当した山本祥平が、唐澤貴洋と山岡裕明が共同で設立した法律事務所クロスに入所することが明らかになった。

破産管財人の澤野弁護士[編集]

DIO社の破産管財人である[4]澤野正明弁護士は第一東京弁護士会の副会長などを歴任[5]し、2016年には会長選挙に出馬して758票を得たものの、1425票を得た小田修司に敗れている[6]

脚注[編集]

  1. 唐澤貴洋弁護士、悪徳企業「DIOジャパン」の顧問弁護士だったことが判明 - ログ速
  2. DIOジャパン、国の基金4億円不正使用 国が調査 ……朝日新聞社
  3. 関係者様へのご報告 - DIOジャパン(魚拓)
  4. 大型倒産速報 帝国データバンク
  5. 弁護士等紹介 > 澤野 正明
  6. 第一東京弁護士会会長選挙結果

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー
法律事務所関連 坂本総合法律事務所小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス山岡裕明 - 山本祥平
親族(唐澤家) 唐澤吉信(祖父) - 唐澤菜子(祖母) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟)
親族(河野家) 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母)
親族その他・架空の人物 村井啓助 - 唐澤貴洋(エクシード大泉) - 山田カズコ - 唐澤洋一 - 唐澤千紘
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - ウィラー - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之‎ - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - サイモントン療法協会 - 伝創社 - ロイヤルネットワーク
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川崎美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫宣伝しか呟かない法律事務所というのも凄いなあ。) - 九州の同期 - 樋口收
その他関連人物 ニート君 - 丸の内OCN - ヤーマン - ぽんた - JEX - 嵯峨山茂樹 - 殺害予告民dion君 - 群馬君 - 大分君- 福嶋誠也) - 西村博之 - 片山祐輔 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美
発言 Twitter宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 玉音放送 - お気持ち表明 - 情報ネットワーク法学会 - 尊師語録
著作、記事 AERA - 月刊宝島 - 『ネットに「殺す」重い結末』(日経新聞) - 『憲法のいま 公布70年』(毎日新聞) - 『ネット中傷弁護士が山梨学院大で講義』(山梨日日新聞) - 『若手会員が知っておくべき弁護士業務妨害対策』 - 『インターネットを利用した業務妨害の現状』 - 『インターネット上の誹謗中傷と業務妨害』(ICHIBEN Bulletin) - 『「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー』(弁護士ドットコム) - 『座談会 インターネット上における権利侵害の問題』(Law&Practice) - 『死ぬほど怖い噂100の真相2016
関連する場所 五反田アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 恒居(田園調布サティアン - コアシティ東大島) - 東光院
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師ご尊容開示 - 眼鏡尊師) - NHK尊師
行動 騒動前 - 長谷川開示 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - twitter連続恒心 - Jpnumber - 法廷オフ - 山梨学院大講義
用語 当職マシンガン当職) - 弊職 - 貴職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - キリスト教 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪
風評被害 佐野哲史 - Karasawa Takahiro - 与沢翼 - 唐澤貴 - 唐澤貴夫 - 唐泽贵 - 赤澤貴洋 - 宇治野壮歩 - カラカラ帝
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞絶叫脱糞 - 高速バス脱糞 - 武龍) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 弟殺し - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD