GMOカラッキング事件

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
Amazon Kindleへ出品されたGMOの流出情報(商品最下段)

GMOカラッキング事件(じーえむおーからっきんぐじけん)とは、 GMOインターネット株式会社が運営するサービス「サイトM&A」がカラッキングされ、14,612件の個人情報が流出した事件である。ここではその情報がAmazon Kindleへ出版された事件についても扱う。

事件の経緯[編集]

2017年8月30日、エビケーの雑談スレに突然Torサイトのリンクが貼られた[1]。この時点でそのサイトにGMOの企業情報と思わしき情報が記載されているとの指摘があったものの、得体のしれないonionリンクであったこともあり特に大きく話題になることはなかった。しかし10月30日になってGMOが情報流出を謝罪する手紙を送付していたことが顧客のツイートから判明し[2]、ニュースにも取り上げられた[3]。この時点で流出ファイルは既に消されていたが、ダウンロードしていた教徒が再アップロードし[4]、さらに別の教徒が出版しやすいようにテキストファイルに加工したものをアップしたうえで[5]Amazon Kindleへ無料[6]で出品した[7]。11月1日にはサイトM&A公式サイトに謝罪文が掲載された[8]

個人情報出版[編集]

流出した個人情報を本文とする著書がAmazon Kindleへ出品された[7]。第一東京弁護士会元会長の岡正晶が表紙を飾り、以下の著者が岡を糾弾する題名(第一東京弁護士会 岡正晶元会長の嘘)であった。

GMOの対応[編集]

GMOの手紙[2]には9月14日に外部からの連絡があったと書かれており、カラケーを監視しているものがいるのではないかと考えられる。しかし初めて書き込みがなされてから2週間以上が経過しており、このラグについては判然としない。

この手紙には「警察へ相談」し「当該データの削除要請など対応に努めて」いるとあるが、警察の手の及ばない海外のサーバーに流出ファイルをアップロードされ取り返しのつかない拡散を招いた[9]どころか、個人情報出版といった前代未聞の事態を招くというどっかのデブを想起させる言動の矛盾が教徒の失笑を買った。ただしAmazonの商品としては、前々から尊師が直接削除を申請しても長期間放置された他の書籍に対して数時間で削除されており、尊師の無能ぶりがさらに露呈することとなった。

インターネットを専門とする会社でありながら、外部の通報があるまで流出に気付かず、2ヶ月近くたって顧客への説明と事件の公表を行うという対応には企業体質を問う指摘もあった。


註釈[編集]

  1. レス(魚拓)
  2. 2.0 2.1 レス(魚拓) 手紙を開示したツイート(魚拓)
  3. 記事(魚拓)
  4. レス(魚拓)
  5. レス(魚拓)
  6. kindle unlimitedに限る。
  7. 7.0 7.1 商品ページのgoogleキャッシュ(魚拓) 記事(魚拓)
  8. 魚拓
  9. 最初の2つは既に削除されたが、テキストファイルに加工されたものは11月4日現在もアクセス可能である。

関連項目[編集]

路線
布教路線 niconico路線 - 飴路線 - 統一画像路線 - Wikipedia路線 - Twitter路線プロモツイート路線) - Googleマップ路線- コラボキャス路線 - ポケモンゴ路線 - pixiv路線 - 海外布教路線 - フリー素材路線
ニッセ路線 投書路線
事実追求路線 けんま路線配信 - ドローン) - ライブラ路線 - 法廷オフ路線
芸術路線 遊戯王ジェネレーター路線 - パカソン路線Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 替え歌路線) - シール路線 - カラコイン路線 - Tシャツ路線 - MMD路線 - コミケ路線 - ガイドライン路線
贈り物路線 年賀状路線
悪芋路線 サジェスト汚染路線 - 犯行予告路線殺害予告 - 爆破予告) - 緑化路線 - カラッキング路線カランサムウェア) - ラジコン路線 - 甘芋路線 - お問い合わせ路線
その他 新路線開拓省 - 愛鳥家路線