niconico

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

niconico(にこにこ)とは、株式会社ニワンゴ[1]が提供するサービスの総称。主なサービスに「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」「ニコニコ静画」などがある。
この記事では恒心教徒のniconicoでの活動を年代ごとに解説する。

2012年[編集]

5月31日にニコニコ大百科唐澤貴洋の記事が作成され、この出来事によりニコニコ動画への進出が開始されるも2012年前半はさほど積極的ではなく、「世界大量殺人ランキング」といった不穏な動画や「ジュニアアイドル」「核兵器」といった尊師に関係のあるネタの動画に「唐澤貴洋」のタグを付ける程度の活動であったが、わずかながら動画投稿はなされていた。

一方、長谷川亮太照井優一郎などのクソコテに関しては元々なんJで知名度が広まっていた為か、デジモンや恋愛サーキュレーションなどの動画で風評被害的なコメントとして全面で出ていた為、尊師に比べるとそれなりに認知度はあった。

10月にOrpheusの存在がなんJ民に知られると大量のパカソンが製作されるようになり、それらはニコニコ動画にも投稿されるようになる。

後に多くのパカソンアルバムやMMD動画を製作することとなる大犯罪者デグニキによって「ついにOrpheusからベストアルバムが発売される模様」が投稿され、淫夢ソングが混ざっていたこともあり布教にも効果をあげ、黎明期を支えた。

2013年[編集]

パカソン全盛期となった2013年前半は大犯罪者デグニキ唐澤貴洋掲示板(3代目)の管理人佐々木小魔神によってアルバム動画が投稿されるようになる。

年末に行われた「ニコニコ生放送【2013年】ボカロ曲100時間だいたい1000曲ぶっ通し生放送【ボカニコPresents】」でパカソンアルバムがランクインし流された、また、シュワッチパカッと参上!カラーマンセルフアレンジや悪芋Pなどによってパカソンアレンジの投稿が行われている。

パカソン関連以外では長谷川亮太特定以降の長谷川亮太・唐澤貴洋関連の出来事を追ったドキュメンタリー作品3.7ドキュメント 八神太一特定の軌跡の動画版が投稿された。また、月永皓瑛の行った配信を録画した動画がある程度の伸びを見せていた。

2014年[編集]

昨年末のOrpheus長期閉鎖と閉鎖主義化(→カラザイル唐澤ちゃんねるを参照)の影響をを受け、数字としては不作の年となる。 この年は埋もれている曲をピックアップしたOrpheusアルバムやパカソンアレンジが中心で、年末に唐澤タカヒロイドが開発されるとこれを利用した動画がいくつか投稿された。

他には動画ニキによるハセ学・チンフェ糾弾動画が多数投稿され注目された。5月には第一次玉音放送があり、早速転載された。

2015年[編集]

この年は恒心教のニコニコ路線における一大転換点となった。

1月、Altailにより尊師のMMDモデルが投稿されると、Orpheus閉鎖以降芸術路線に飢えていた教徒達は早速第14回MMD杯に向けMMDに挑戦し、ダブルぬるぽを始めとした工作員の奮闘もあって賞を総ナメするという快挙を成し遂げた。

3月には恒心教ニコニコ支部が設立され、月間VOCALOIDランキング COUNTDOWN 100で偶然パカソンアルバムが流れたことがきっかけにランキング工作路線が開始、毎月多数のパカソンが流れることになったが、6月の中止宣告以降は再開されていない。

8月になるとださいたまparanoidによるニコ生でのけんま実況配信の人気により、ニコニコ支部のメンバー数が急激に増加した。また恒心と同じく例のアレカテゴリである「真夏の夜の淫夢」は元々なんJと繋がりがあった為、恒心側に人数が流れ込む効果を生み出した。

MMD路線は急成長し、今年に始めたばかりとは思えないほどの高クオリティな作品や教徒製モデルが発表されるようになる。よって第15回MMD杯は順位を気にせず純粋に楽しめば良いとの意見もあったが、最終的に工作員が介入、やっぱり尊師がナンバーワンとなった。 また副産物としてMMD杯がきっかけで「オメガ(第14回)」「涼子P(第15回)」を特定して新たなネタを獲得、その膨大な油田は外伝主人公として分けられる程となっている。

MMDによるパカソンPV路線への期待もありパカソンアレンジも昨年より多く投稿された他、けんまPによってOrpheus作曲ではない新作パカソンが投稿され、パカソン路線の新しい形が提示された。

KO-SHIN Disco」に代表される音MAD路線も開拓された。昨年の第一次玉音放送に続き第二次玉音放送が行われ、さらにGoogleマップ事件で恒心教が、練馬区役所爆破予告事件などで麻原彰晃掲示板がテレビ初進出を果たしたことにより音声素材が集まったこともこれを後押しした。

ニコニコ路線の成功に伴う芸術路線の盛況は、そのまま事務所一派の増長に繋がり、後に恒心教を大きく衰退させる内部対立「事務所騒動」の発端となった。

なんJ民や保守派からは、恒心教がなんJの風土から離れていくことへの危惧もあってかダーキニーちゃんをはじめとした萌え系作品との共演や設定の追加・流入、ニコニコ動画民を取り入れることや「アングラ感」が薄れること、馴れ合いの増加などへの批判の声も出始め、恒心となんJの関係が悪化する一因ともなった。

2016年[編集]

恒心教は例のアレカテゴリーの1つとして定着し始め、ニコニコオールスターのような動画に尊師が登場するようになった。

同時爆破予告事件関係のニュース映像やお気持ち表明なども転載され、多数再生された。

特筆すべきは以前から教徒が目をつけていた甘芋岩間好一である。その異常性はニコニコに転載されていた彼の動画によってごく一部には知られていたが、凸者と繰り広げるにらみ合いの動画が夏に投稿され始め、後に恒心から独立したコンテンツに発展した。

2017年[編集]

恒心教そのものがネットミームとして拡散しきったことに加えて、相次ぐ芸術教徒の脱恒も重なってニコニコ内での恒心教の注目度は薄れていった。

それでも話題性が完全になくなったわけではなく、新たな玉音放送の転載や事の顛末を改めて解説した動画、さらにはゆゆうたによる一般男性脱糞シリーズの弾き語りの合唱アレンジがシリーズ化して大きな注目を集めた。

MMD杯では運営が尊師MMDの排除に乗り出したことで全面戦争に突入。杯を機能不全に追い込んだ。

2018年[編集]

事務所一派の中心人物である藤原太一をネタにした動画が去年の暮れあたりから投稿され始めていたが、それらに対して開示請求が行われた。

既に半壊状態だったMMD杯は第20回をもって無事死亡した。その一方でビームマンPが新イベント・MMD杯ZEROを開催し、MMD路線の再興に望みを繋いだ。

10月にはAbemaPrimeで尊師と西村博之の対談が実現。かつてニコニコ動画を運営していた株式会社ニワンゴの元取締役だったこともあって、ニコニコ内でも騒然となった。

12月には現niconicoを運営する株式会社ドワンゴの創業社長である川上量生が裁判の弁護人を唐澤貴洋に依頼したことを発表し、またしても騒然となった。

註釈[編集]

  1. 2015年10月1日にドワンゴと合併(ドワンゴが存続)しニワンゴは解散した。

関連項目[編集]

路線
布教路線 niconico路線 - 飴路線 - 統一画像路線 - Wikipedia路線 - Twitter路線プロモツイート路線) - Googleマップ路線- コラボキャス路線 - ポケモンゴ路線 - pixiv路線 - 海外布教路線 - フリー素材路線 - 協賛レース路線
ニッセ路線 投書路線 - フェイクニュース路線
事実追求路線 けんま路線配信 - ドローン) - ライブラ路線 - 法廷オフ路線
芸術路線 遊戯王ジェネレーター路線 - パカソン路線Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 替え歌路線) - シール路線 - カラコイン路線 - Tシャツ路線 - MMD路線 - コミケ路線 - ガイドライン路線 - ゲーム路線
贈り物路線 年賀状路線
悪芋路線 サジェスト汚染路線 - 犯行予告路線殺害予告 - 爆破予告) - 緑化路線 - カラッキング路線カランサムウェア) - ラジコン路線 - 甘芋路線 - お問い合わせ路線 - Kindle路線
玩具路線 遊戯王ジェネレーター - もんじろう - Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 日本共産党 カクサン部!3 - 妖怪惑星クラリス - 惑星メッツ最強決戦武道会路線
その他 新路線開拓省 - 愛鳥家路線 - 仮想通貨路線