Orpheus

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索

Orpheus(オルフェウス)とは、東京大学工学部計数工学科システム情報第一研究室が開発した自動作曲システム、およびサービスである。名前の由来は、ギリシア神話に登場する竪琴の名手、オルペウスより[1]

概要[編集]

東京大学の嵯峨山茂樹教授の理論を元に製作された自動作曲システムで、現在ver3.9が公開されている(た)。歌詞を入力し、構成やリズム、和声(コード)進行などの設定を行うとコンピューターが自動で歌詞に合った曲をつけてくれる。

ボタン一つで作曲できる手軽さ、できた曲を実際に聴くことができるだけでなくmp3やMIDIや楽譜をダウンロードできる便利さ、また設定次第で様々な雰囲気・クオリティの曲を作ることができる奥深さが特徴で、なんJに存在が知られて以来一世を風靡するおもちゃとなった。

原理は簡単に言うと「入力された単語の韻律(音階やリズム、アクセントなど)を分析し、確率的にもっとも自然に聞こえるメロディーを計算して作られているらしい。詳しくは東大に入って勉強すればいいんじゃない?(適当)

パカソン[編集]

2012年10月、なんJにこのシステムを利用して尊師のツイートを元に曲を作ったという趣旨のスレが立つ。大沢たかおさんや遊戯王カードギャラリーなど様々なおもちゃを私物化してきたなんJ民はさっそく大量の不穏ソングを作るが、嵯峨山教授は曲のクオリティを重視し、わざわざ「特定コミュニティ」という隔離所枠を作り保護するというまさかの対応に出た。

結果さまざまな曲が作られ、その数は被りや替え歌を除いても200曲以上にのぼり[2]、中にはお経のような曲やロック調の曲、さらに前衛音楽までもが作曲されるにいたった。その他「アルバム」と称した動画が作られたりMIDIや楽譜を元にリメイクするアレンジ路線が誕生したりとバットを持った蛮族を文化的に成長させるまでに至ったのであった。

末期[編集]

しかし度が過ぎた一部の住民により一般カテゴリにまで侵入する輩が出現。さらに公開掲示板で嵯峨山教授に暴言を吐く人物が出現するなど混沌と化し、ついに2013年10月20日、一時閉鎖(正確には"休止")となった[3]

閉鎖の原因については公式には「定年退職により研究という大義名分がなくなった今、大人の理論を理解できない幼稚なユーザーに構っていられなくなった」というような内容[4]が発表されているが、その裏には「掲示板での暴言に耐え切れなくなった」「誹謗中傷ソングを残したことで教授会や研究員から非難を受けた」「弁護士からの圧力」などがあったのではないかとと推測されている。

復活[編集]

2014年3月上旬より、突然Orpheusのディレクトリが開示される、ver3.8と書かれたファイルが見つかるなどの異変が発生。「ついに復活か」と声がささやかれる中、4月についに作品公開を再開、また「東大にメールを送ったら4月8日に再開すると言われた」との情報(真偽不明)が投下、一気に復活への機運が高まった。

そして4月15日、登録されたユーザーのみという条件付きで作曲機能が復活。ユーザー登録には開発チームの承認が必要であり、承認を得るには自動作曲実験の実験意図に沿って積極的な協力をし、決して不適切な使用はしないことを誓うメールを送る必要がある。[5]

その後は上記の出来事を反省し審査も厳しい事から教徒らは出来るだけパカソン要素を薄めた一般曲に近いものを作曲していた。[6]

しかし2015年6月22日、以下のメッセージと共に新生Orpheusも一時停止となる。

多数の方々の試験ユーザ申し込みと、自動作曲実験協力をありがとうございました。 一部のユーザが問題を引き起こしているため、本実験サイトを休止します。 再開の時期は決まっておりませんが、状況の推移を見守る予定です。
Orpheus 開発チームOrpheus Ver.3.9より

詳細は不明だが、「カンナバーロ」という違反を繰り返して問題視されていたユーザーがほぼ同じ時期に姿を消しており、多くの教徒はそれが原因であると見ている。

そして7月上旬、ボーカル機能を一部ユーザーに限定してサイトを再開している。

現在のOrpheusに対する姿勢[編集]

現在は度重なる閉鎖騒動の反省から、いかなる手段を以ってしてもOrpheusでパカソンを作ることは良しとしない意見が強い。せいぜい聞く人が聞けばわかる程度の、当たり障りのない暗喩に留めている。

もし審査を通さずOrpheusで制作したパカソンを無断で公開すれば、臭芋として教徒から大きな非難を浴びる。事実、前述した「カンナバーロ」の一件以降にも無断でパカソンを公開したユーザーが現れたが、例外なく袋叩きに遭っている。

新しいパカソンを制作したいのであれば、Orpheusではなく自身の手で作曲し公開する必要があることに留意されたい。

出典・註釈[編集]

  1. Orpheus (オルフェウス): 自動作曲システム マニュアル
  2. ちなみにこれはオウム真理教が制作した全曲数より多い。
  3. ちなみにそれ以前にも一度閉鎖しかけたことがある。
  4. Orpheus作曲ページの文章(魚拓)より
  5. Orpheus Ver. 3.8 ■ 自動作曲システム オルフェウス - ユーザ登録
  6. 当初は「パカソンはOrpheus公式では公開せず、別の場所を作って公開する。」と言う案があったが試しに直球的なパカソンを試作した教徒らが「例え公式(作品展 )に公開するつもりでなくても違反する歌詞自体の作曲そのものが禁止」と注意され断念した。

外部リンク[編集]

英訳路線
Translation Line
English Version


パカソン
関係者・製作者 嵯峨山茂樹 - 風の民 - シュワッチ
関連項目 Orpheus - 芸術路線 - あきらめ - 核ドラム - かなちゃん - 替え歌路線 - ボカロネット - ラッパのエール - niconico尊師MMD - MMD杯) - パカソンの一覧
保管庫 Thamyris.tk - Akirame.net魚拓) - Archeus魚拓
あ行 あなたの側にいる弁護士がいます - 暴れん坊会計士 - いつガチ - イントロクイズ - おい、唐澤! - おぞましい世界 - 愚かなヤキウの民へ
か行 開示家 - 開示戦隊パカレンジャーのうた - カイジッコステーション - 開示ポップ - 帰ってきたカラトラマン - 核の七日間 - 哀しみのチンフェ - Karailight ~優しい世界~ - カラクリ工場の黒幕 - 唐澤賛歌 - 唐澤心経 - カラサワ・タカヒロズ・応援歌 - 唐澤貴洋に対する考察 - 唐澤!尊師! - KRSWの森 - KRSWラップ - カラシニコフがテトリスやりつつコサックダンス踊った - カラムンベース - クルミを車のタイヤが通るとこに置いてた - 決戦のシンガポール
在校生に贈る言葉 - 繧オ繧繧ウ繝代せ縺縫ョ豌玲戟縺 - 懺悔の詩 - さんびゃくまん - 自分語りが大好きなあの人へ - 出五反田記 恒心教徒の離散 - 神核 - 人民の敵 - 素直な気持ち - 迫り来るKRSW・去り行くKRSW - 尊師応援歌 - 尊師の詩 - 尊師の核実験場 - 尊師へ - 讃えよ - だれとはいわんが - チキンレーサー - チンフェくん2011年お正月の書き込み
な・は行 ネオクラシカル礼賛 - ハイスピード唐澤チューン - パカソン現行ランキング(1/27時点) - パカッと参上!カラーマン - はっきり言って異常だ - ヒストリー・オブ・弟殺し・イン・ザ・ワールド - 人との出会いにカンシャ - 弁護士音頭 - 弁護士の唐澤です
ま~わ行 みんなのうた - 妄想弁護人 - もうネルソン - 優しい世界 - ヤサシーセカイョナル - 歪んだPDF - 幼少期の歌
英数字・記号 my heart - 40298~弁護士の唄~
アルバム 大犯罪者デグニキ1st - 2nd - 3rd - 4th - パカソン三昧 - 5th - 6th - 7th - 8th - ゴールデン☆ベスト

佐々木小魔神ニューアルバム - FOREVER - 復活
唐澤貴洋神話大系 - パカソンアルバム 「KRSW」

オリジナル 空は何色か - 悪芋P--disability - Heavy Fog
けんまP UNCO - DIGITAL-TATTOO - おるすばんけんま! - Alias - アルスマグナ - 藤村芳美
MAD・替え歌他 この地球で必要な花 - がっかりして メソメソして 国士舘大♪ - KO-SHIN Disco - Karakoro Spirits - 脳漿炸裂ガール - 日和下駄