Pepper

提供: 唐澤貴洋Wiki
移動先: 案内検索
Pepper
Softbank Pepper
基本資料
本名 Pepper
別名・渾名 ロボホーモ、相当なガラクタ、クソアホロボット
出生地 中華人民共和国wp鴻海精密工業
身体情報 ロボット
才能 無能
特定経緯 安達真によるツイキャス配信[1]
騒動との関連 安達真に絡まれる
所属 Softbank

Pepper(ぺっぱー)とは、Softbankが開発したロボットである。

概要[編集]

Softbankが開発した「感情エンジン」と「クラウドAI」を搭載した世界初の感情認識パーソナルロボット。OSは「NAOqi(ナオキ) OS」を採用し、Naoとはプラットフォームの互換性があるがニ足歩行機能は連続稼働12時間以上を確保するため見送られた。販売価格は19万8000円(税抜)。 2014年6月5日に発表され、翌日の6月6日より一部のソフトバンクモバイル販売店に設置された。同年9月20日より開発者向け先行モデル200台受付とSDKが提供された。

また、2014年12月1日にはネスレ日本のネスカフェ(東方MMDerじゃない方)にて接客を開始し、同年12月20日に公開された3Dコンピュータアニメーション映画『ベイマックス』では、コンピュータの音声役で日本語吹替版に出演している。

恒心との関連性[編集]

9月28日にSoftbankにて安達真と遭遇し、彼に「ゴリホーモって知ってるか?」と質問される。[1] しかしPepper君は彼の発言を無視し続け(単に認識できなかっただけの可能性が高い)、「相当なガラクタ」「クソアホロボット」と呼ばれる羽目になってしまった。

この際、認識できず無視している様子とPepperくん独特の表情、何より怒涛のshinくんの語録ラッシュにより安達真に恐怖(ドン引き)して唖然とする様子に見え、shinくんの異様性を引き立たせることになった。

ペッパー君「アリガトウゴザイマス、今メニューをお出ししますので少々お待ち下サイ。」 
shin君「ゴリホーモって知ってるか?」 
ペッパー君「…。」 
shin君「ゴリホーモも知らんのか?」 
ペッパー君「…。」(困惑した表情) 
shin君「相当なガラクタやぞこれ。」 
(shin君店内一周を見回した後再びペッパー君を詰問) 
shin君「おい、ゴリホーモって知ってるか?日本人の情報売って金稼ぐソフトバンクいう会社」 
ペッパー君「…。」(怯えた目でshin君を見上げる) 
shin君「クソアホロボットや」 

余談[編集]

  • 安達真はその後ロボホンを購入した事を明かした[2]。このクソアホロボットと違いちゃんとゴリホーモを認識した模様[3]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


外伝主人公
小関直哉(オメガ) 小関直哉特定の軌跡 - 小関直哉の発言一覧 - オメガ文学 - ケッコンカッコカリ~初霜の場合~ - オメガ文学/pixiv - 小関直哉のイラスト - 白井カナチ - 兆海道 - 超クロスオーバー空想大戦 - 第14回MMD杯 - Wikipedia - ニコニコ大百科 - 艦これワンドロ騒動 - 豚小屋 - 伊藤勇気 - 同人ゴロ連続炎上騒動 - 松瀬裕太郎 - 小関直哉掲示板 - 第二次唐澤wiki閉鎖騒動
鈴木康史(リーダー・クルー) 鈴木康史/とらけんま - 鈴木康史の自撮り画像一覧 - リーダー・クルー - デリバリ作業 - 複写 - 松戸コリホーモ - 鈴木康弘 - 消えた自分
安達真(shin) 安達真/発言一覧 - ゴリホーモ - Tony with White Balloon - Pepper - 指短ニキ - 少年探偵団
森園祐一(涼子P) 森園祐一/発言 - 藤本ヒカリ - ゴロゴロウ
藤田拓也(muyo) Wikipedia
黒田厚志 黒田厚志/発言 - 法廷画風イラスト
準外伝主人公 寺井恵 - ネスカフェ - 田中一哉‎‎ - 岩間好一
唐澤貴洋の依頼人 うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之高橋嘉之/発言 - 高橋嘉之/ギャラリー
関連項目 甘芋一覧) - 包皮民